Freddie Mercury、“Time Waits For No One”の未発表パフォーマンス映像が公開

Freddie Mercury

フレディ・マーキュリーは“Time Waits For No One”の未発表パフォーマンス映像が公開されている。

“Time Waits For No One”は、元々フレディ・マーキュリーが1986年のミュージカル『タイム』のためにレコーディングした楽曲“Time”の未発表バージョンとなる。

プロデュースを手掛けたのは、フレディの長年の友人であり、世界的に成功を収めているミュージシャン/シンガーソングライター兼プロデューサーのデイヴ・クラークで、40年余の月日を越えて、“Time Waits For No One”として6月20日に全世界同時デジタル・リリースされている。

同楽曲のパフォーマンス映像はドミニオン劇場で4台のカメラによって3時間をかけて撮影されたもので、撮影された映像のネガと、2014年にデイヴ・クラークのドキュメンタリー番組『グラッド・オール・オーヴァー:ザ・デイヴ・クラーク・ファイヴ&ビヨンド』が制作された際に戻ってきた未現像フィルムを使って今回の映像は制作されている。

このトラックのレコーディングについてデイヴ・クラークは次のように語っている。「僕らはものすごくウマが合ったんだ……何か気に入らないことがあれば、僕はハッキリそう言ったし、彼も同じだった……お互い、目指すところが同じだったんだよ。つまり、何か特別なものを作るってことだね」

今回のバージョンはフレディ・マーキュリーの1トラック・ヴォーカルのみが入った音源を取り出し、そこにオリジナルのキーボード奏者マイク・モーランが新たにピアノ・トラックをレコーディングしたものとなっている。

関連NEWS

  1. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドのシーンの撮影を出演者が振り返る

  2. クイーンのロジャー・テイラー、映画からサシャ・バロン・コーエンが降板した理由を語る

  3. Adam Lambert、Queen

    Adam Lambert、Queenのフレディ・マーキュリーに孤独の面で共感できたと語る

  4. Queen

    Queen、初の公式モバイル・ゲーム『Queen:ロックツアー』がリリース

  5. クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラー、映画公開を記念してロンドンのイルミネーション点灯式に出席

  6. Adam Lambert

    Adam Lambert、アメリカン・アイドルのシーズン最終回でQueenの“Bohemian Rhapsody”を披露

  7. Rami Malek

    Rami Malek、映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかに

  8. Brian May

    QueenのBrian May、Adam Lambertと新曲を制作しようとしたことを明かす

  9. QueenのBrain May

    QueenのBrain May、豪森林火災のチャリティ公演をLIVE AID以来の感覚と語る

  10. Queen

    アルゼンチンのQueen・トリビュートバンド、4度目となる来日公演が2020年4月に決定

  11. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラのアナログ盤が2枚組で発売されることに

  12. Brian May

    QueenのBrian May、二度とツアーをできない可能性について言及

  13. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、全世界での興行収入が1000億円を突破したことが明らかに

  14. Brian May

    QueenのBrian May、心臓発作を受けて寄せられた多くの人の声に感謝を表明

  15. Queen+Adam Lambert

    Queen+Adam Lambert、豪慈善公演で披露したライヴ・エイドと同じセットがYouTubeで配信