The 1975、すべてのソーシャル・メディアのアカウントを削除

The 1975

ザ・1975はソーシャル・メディアのアカウントをすべて一旦削除したことを受けて、新曲がまもなく公開されるのではないかという憶測を呼んでいる。

ザ・1975は昨年『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリースしており、同作はNMEが選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤーに選出されている。次回作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』からの新曲がまもなくリリースされると予告されていた。

今回、セカンド・アルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』や『ネット上の人間関係についての簡単な調査』の時と同様にバンドはフェイスブック、インスタグラム、ツイッターのアカウントを一旦削除している。

バンドのレーベルであるダーティ・ヒットは昨日、『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』の「WAKE UP!」という言葉の書かれたアートワークを公開していた。

ザ・1975は少なくともレディング&リーズ・フェスティバルの前にはニュー・シングルをリリースするものと見られている。

マット・ヒーリーは『NME』に対して次のように語っている。「すごく家庭的なアルバムなんだ。多くがそういうことについてなんだよ。メンタルヘルスや家族生活についてが主なテーマになっていてね。僕たちは次のアルバムで歌われているような家庭的な環境で『ネット上の~』を制作したんだ。まだ“Love It If We Made It”みたいな曲はないよ。そういう曲は1曲もないんだ」

「『ネット上の人間関係についての簡単な調査』を作っていた時は、何か特定のものを作ろうとしていたわけではなかったからね。もちろん、(マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの)『ラヴレス』のようなアルバムを作りたいと思ったこともあったし、(レディオヘッドの)『OKコンピューター』のようなアルバムを作りたいと思うこともあった。そういうあらゆるアルバムについて言えることだけどさ。(ジョン・コルトレーンの)『ブルー・トレイン』とかね」

「新作では、僕に(ブルース・スプリングスティーンの最も簡素なアルバムである)『ネブラスカ』を目指していた時期やジョン・ホプキンスの『イミュニティ』を目指していた時期があったことを感じ取ってもらえるはずだよ。『ネブラスカ』のような一つの瞬間を収めたようなアルバムを作りたいと思っているんだ」

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975、別プロジェクトのDrive Like I Doのウェブサイトが公開

  2. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、アラバマ州のフェスで中絶禁止法案について言及

  3. The 1975、最新作を携えたツアー初日のセットリストが明らかに

  4. Matt Healy

    The 1975のMatt Healy、俳優のShia LaBeoufを訴えたFKA Twigsに賛辞を寄せる

  5. mercurys

    Mercurys、2019年の候補作が発表に

  6. The1975Pale Waves

    The 1975、Pale Wavesらが出演するカヴァー企画を配信

  7. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの各時代を演奏する連続公演を行いたいと語る

  8. The 1975

    The 1975のMatt Healy、My Chemical Romanceへの思いを語る

  9. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新型コロナウイルスは大きなリセットだと語る

  10. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、バンドのヴィジュアル・イメージの変遷について語る

  11. The 1975

    The 1975、ロンドンのフィンズベリー・パーク公演が延期される可能性が浮上

  12. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、アイヴァー・ノヴェロ賞の受賞について畏れ多いと語る

  13. The 1975

    The 1975ら、Summer Sessions Edinburgh 2020でヘッドライナーを務めることが決定

  14. Beabadoobee

    Beabadoobee、The 1975とのコラボによる新曲が今週リリースされることに

  15. The 1975

    The 1975、レディング&リーズについて2007年のナイン・インチ・ネイルズのようなステージにしたいと語る