Taylor Swift、Scooter Brownの手に渡った過去の楽曲を新録すると語る

Taylor Swift

テイラー・スウィフトはアリアナ・グランデやジャスティン・ビーバー、カーリー・レイ・ジェプセンらのマネージャーを務めていることで知られるスクーター・ブラウンに自身の過去のマスター音源を購入されたことを受け、過去の楽曲を再レコーディングする考えを示している。

先日、スクーター・ブラウンはテイラー・スウィフトがかつて所属していたビッグ・マシーン・レーベル・グループを3億ドル(約319億円)で買収している。ビッグ・マシーン・レーベル・グループはテイラー・スウィフトのデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』から2017年発表の『レピュテーション』までの権利を保有している。

テイラー・スウィフトはスクーター・ブラウンの買収が発表された当時、彼からは「巧みに操られた執拗ないじめ」を長年受けてきたとして彼を批判している。一方、ジャスティン・ビーバーは自身のマネージャーを擁護して、テイラー・スウィフトに対して「ソーシャル・メディアでこのことに言及して、人々にスクーターのことを憎ませようとしているのは不公平」だと反論している。

今回、テイラー・スウィフトはCBSのインタヴューに応じて、マスター音源がスクーター・ブラウンの手に渡った楽曲を再レコーディングすることを考えているかという質問に対し、「当然」計画していると答えている。

今年6月にはケリー・クラークソンもテイラー・スウィフトに同様の提言をしており、ケリー・クラークソンは「マスター音源を所有していない曲を再レコーディングする」ようにテイラー・スウィフトに促している。

ケリー・クラークソンはまたそれぞれのアルバムに新たなアートワークといった「新たな購入動機」を準備すればファンは昔のバージョンを買わないだろうと述べている。

スクーター・ブラウンとの確執が続くなか、テイラー・スウィフトは先月、アマゾンの「プライム・デー・コンサート」で行ったパフォーマンスの中で自身の歌詞を使ってスクーター・ブラウンを批判している。テイラー・スウィフトは最後に披露した『1989』収録の楽曲“Shake It Off”のパフォーマンスの中で、「“the liars and dirty, dirty cheats of the world”(世の中にいる嘘つきや汚い裏切り者)」という歌詞を強調して歌っていた。

関連NEWS

  1. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、政治的なスタンスを表明したことで視野が広がったと語る

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、ACMの授賞式で使用したギターをオークションに出品

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、レーシック手術後に母親が撮影した映像が米TV番組でオンエア

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、女性史月間を記念して女性アーティストだけによるプレイリストを公開

  6. テイラー・スウィフトとケイティ・ペリー、長年の不和を経てついに和解か

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、LGBTQへの支持を今後も続けていくことを宣言

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、かつてマイクロソフトを訴えようとしていた逸話が明らかに

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、新曲“You Need to Calm Down”の音源が公開

  10. Taylor Swift

    Taylor Swift、幸運なファンを自宅での新作のリスニング・パーティーに招待

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、Scooter Brownらに自身のパフォーマンスを阻止されたと激白

  12. テイラー・スウィフト、自身について「男性のことばかり歌っている」と言ったヘイリー・キヨコを擁護

  13. チャーリーXCX、テイラー・スウィフトのツアー初日となる公演で新曲を披露

  14. Taylor Swift

    Taylor Swift、自身の歌詞を使ってScooter Brownを批判か

  15. Taylor Swift

    Taylor Swift、『City of Lover Concert』より“Cornelia Street”の映像が公開