Paul McCartney、来年のGlastonbury Festivalへの出演について語る

Paul McCartney

ポール・マッカートニーは来年、グラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める可能性について言及し、非常に前向きに捉えている。

ポール・マッカートニーは2020年に50周年を迎えるグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めるのではないかと噂されている。ブックメーカーによれば、ポール・マッカートニーはフリートウッド・マック、フォールズ、エルトン・ジョンと共に有力候補となっている。

BBCラジオ2のゾー・ボールが司会を務めるブレックファスト・ショウに出演したポール・マッカートニーはグラストンベリー・フェスティバルのピラミッド・ステージへの出演は今後あるのかと訊かれて、噂について肯定も否定もしていない。

「まあ、僕がやったら素晴らしいんじゃないかとみんなが言ってくれててさ。だから、できるのか、素晴らしいものになるのか考え始めたところなんだ。僕の子どもたちも『父さん、グラストンベリーについて話をしないと』と言っててね。彼らが何を言おうとしているのかは分かっているつもりだよ」

「だって、最近は多くの人と同じように、僕の子どもたちも毎年行っているんだ。素晴らしいフェスティバルで、僕らも随分前に出させてもらったけど、そろそろ戻る頃なんだろうね。分からないけどさ。ちょっと準備もしなきゃいけないし、それでなんとかやってみる感じだからね。でも、わずかながらの可能性にはなり始めているんだ。まだ何も決まってないというのは言っておくけど、みんなが話を始めているんだ」

ポール・マッカートニーは2005年にグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めており、先日、主催者のマイケル・イーヴィスはもう一度出演する可能性について情報を漏らしていた。

「ポールは今のところいい状況でね」とマイケル・イーヴィスはBBCサマセットに語っている。「50年目だから、ぜひと思うよね。あんまり大事にしないでほしいんだけどさ」

2017年の時点でエミリー・イーヴィスは2020年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーが2組決定していると語っていた。来年の出演が噂されているアーティストは他にマドンナ、アークティック・モンキーズ、ザ・1975、フリートウッド・マックなどがいるものの、ピンク・フロイドではないことは明らかにしている。

一方、ザ・1975のマット・ヒーリーは来年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める「準備ができている」と語っている。

関連NEWS

  1. ポール・マッカートニー、ビートルズ時代のレコーディングの心境について振り返る

  2. ロラパルーザ、2018年のラインナップを発表

  3. MUSIC CIRCUS’18、超早割チケットの販売が開始

  4. ポール・マッカートニー、いかにジョージの強気な態度がビートルズを助けてくれていたかを語る

  5. ベニカシム・フェスティバル、2019年のヘッドライナーが発表に

  6. Beatles

    The Beatles、失くなったとされていた「トップ・オブ・ザ・ポップス」の映像が発見される

  7. MUSIC CIRCUS FUKUOKA、第2弾出演アーティストが発表に

  8. Greenroom19

    GREENROOM FESTIVAL’19、開催が決定

  9. レディング&リーズ・フェスティバル、2018年の第1弾ラインナップを発表

  10. Beatles

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、邦題&日本公開日が決定

  11. 東京ジャズ・フェスティバル、第2弾ラインナップが発表に

  12. Paul McCartney

    Paul McCartney、“Nothing for Free”のリミックス音源が公開

  13. ポール・マッカートニー、ニューヨークで行うスペシャル・ライヴがYouTubeで生中継されることが決定

  14. 長野で開催の野外パーティー「rural 2018」、第2弾アーティストを発表

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作『エジプト・ステーション』に収録曲を追加したデラックス盤のリリースが決定