ストレイテナー 1/19(土)幕張イベントホールワンマンライブ開催 20周年を締めくくる記念ライブに秦 基博ゲスト出演 2年越しの初コラボライブ

昨年、バンド結成20周年、メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーを迎えたロックバンド、ストレイテナー。
1月19日(土)に幕張イベントホールにてアニバーサリーイヤーを締めくくるワンマンライブを開催した。

Photo by Viola Kam (V’z Twinkle)


昨年10月17日(水)にリリースした2枚のベストアルバムにも収録されたストレイテナーの歴史を刻む楽曲の数々全28曲を惜しむことなく披露。
ライブ冒頭で、ボーカル・ギターのホリエが「もうずっと前から今日のことを考えて準備してきました。今日が今日で終わってしまうのが信じられないぐらいです。今日、全部出し切って今日が最後でも良いって気持ちでやります!」
と語り、会場を沸かせた。

Photo by Viola Kam (V’z Twinkle)


ライブ中盤には、360°ファンに囲まれた中央ステージに移動し立て続けにアップなナンバーを披露。
そして待ちに待った共演がこの記念すべきライブで実現した。
2017年にリリースしたシングル「灯り」(ストレイテナー×秦 基博)で初コラボを実現した秦 基博との共演だ。
メンバーと並んで登場した秦が「楽しんでますかー?」と呼びかけると会場は拍手に包まれた。
MCでホリエは「一昨年、一緒に「灯り」という曲を作りました。結構な時を経て、冬の名曲入りしてますよ。初披露します!」と楽曲制作から今に至るエピソードを語った。
これまで両アーティストが揃って楽曲をパフォーマンスしたことはなく、約2年の時を経て、初めて同じステージで「灯り」のパフォーマンスが実現した。

Photo by Viola Kam (V’z Twinkle)


「 こうやって4人が出会って音を鳴らす、出会ったからにはストレイテナーはこれまでも、この先もこの4人でやっていきます」とホリエのMCに会場の歓喜はなおも熱を帯び、ライブは全3時間、約8000人の大観衆の前で熱いパフォーマンスを披露した。
アンコールでは「あなたたちの心のどこかでまた僕たちの音楽が鳴り続けるように、僕たちは音楽をやり続けます。今日のために新曲を作ってきました」と新曲を披露し、ラストは「ROCKSTEADY」でライブは幕を閉じた。

Photo by Viola Kam (V’z Twinkle)


そして、ライブ終了後には嬉しいサプライズが待っていた。
このライブの模様が映像商品となって、2019年4月10日(水)にリリースされることが発表されたのだ。
ストレイテナーの20周年を締めくくる記念ライブは、訪れたファンの周年を祝福する大歓声に包まれ大団円をむかえた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

1

2 3