The Cheserasera、満員御礼でリクエストツアー完結! 7月に渋谷WWWワンマン決定

去る1月12日、東京・新代田FEVERにてThe Cheseraseraによる「 2018 冬の煌星 ワンマンツアー」のファイナル公演が行われた。昨年11月の東京・新宿SAMURAI公演を皮切りに開催されたこのツアーは、Twitterで募ったリクエストを元にセットリストを決定。ファンにとっては願ってもない企画となり、東京公演は初日とファイナルの両公演がソールドアウトとなった。

撮影:釘野孝宏

朝の陽射しを彷彿とさせる柔らかなアンサンブルの「good morning」でスタート。続く「ファンファーレ」では照明がパッと明るくなり、颯爽としたメロディーが会場を駆け抜ける。曲に負けじと晴やかな表情を浮かべるメンバーに、観客たちも満面の笑みでステージへと手を伸ばす。そしてバンド初期のレア曲「Night and Day」が披露されると、驚きと喜びの歓声が会場のあちこちから聴こえてきた。こういった曲が聴けるのが、リクエストツアーならではの醍醐味だろう。

撮影:釘野孝宏

宍戸自慢のリフが炸裂した「LOVERS」ではバンドの持つダークサイドが顔を覗かせる。鋭さとザラつきを併せ持ったギターに、西田のどろりとしたベースが濃厚に絡みつき、真っ赤な照明も相俟って、得も言われぬ色気を醸し出していた。そしてリズム隊の織り成す抜群のグルーヴで魅せたのは「退屈」。ドラムとベース、各々が衝突することなく緻密なリズムを刻んでいる。その上を時に毒を吐きながらも悠々と宍戸の歌が滑ってゆくのが、なんとも絶妙な塩梅だ。

撮影:釘野孝宏

そして緊張感のあるターンから一転、真冬の空気のように凛とした響きで会場を満たしたのは美代作詞の「白雪」。一瞬で消えてしまった東京の初雪に代わって、会場を切なくも美しい雪景色に変えた。その後もコーラスワークで魅了する「You Say No」など、切なさと焦燥感に溢れた楽曲が続き、3人の演奏の美しさや年々伸びやかになる宍戸の歌を心行くまで堪能することができた。

撮影:釘野孝宏

セットリストも折り返し地点を過ぎ、佳境へと差し掛かった頃「ここになかったらどこにあるんだろう」と宍戸が前置いて始めたのは「最後の恋」。終わってしまった恋を振り返りながらも〈後悔なんて一つもないよ〉と言い切るこの曲は、彼らのバンド活動そのもののように思えた。後悔と過去に雁字搦めになっていた時代を経て、自らの意志でバンドを動かすことを覚え、一歩ずつ前へと進んできた彼ら。そのスピードは決して速いものではないが、二の足を踏むことも後ずさりすることもなく、意地でも前に進んできた。

撮影:釘野孝宏

2018年のリリース作品はこの「最後の恋」が収録された5曲入りのe.pのみ。それもライヴ会場限定での発売という、メジャーも経験したバンドにしてはあまりにも泥臭い活動だ。でも事務所と二人三脚で再出発をした今だからこそ、バンドとして原点に立ち返ることが必要だったのだろう。いや、それが去年の彼らにとっては一番自然な形だったに過ぎないのかもしれない。
「最後の恋」の直後のMCで、宍戸は「息が詰まるような歌ばかり、たくさん作ってきたんです」と真情を吐露し始めた。彼はずっと、嘘偽りのない等身大の自分を歌にしてきたソングライターだ。
だからThe Cheseraseraの曲には、分かりやすい応援歌も踊るためだけのダンスナンバーもない。希望と憂鬱の間で揺れ動いたり、忘れたいはずの思い出まで大事にしまい込んでしまったり、いつだってどっちつかず。だけど、それが宍戸本人にとってもファンにとっても、何物にも替え難いリアルな感情なのだ。だからこそ宍戸はそんな自分の歌を聴いて共感してくれた人たちを「心の友達」と呼び、そんなかけがえのない仲間に恵まれてFEVERのステージをソールドアウトできたことに、心からの感謝を述べたのだった。

1

2