伊藤ふみお(KEMURI)インタビュー

伊藤ふみお(KEMURI)インタビュー

伊藤ふみおが6年半ぶりのアルバム『FRIENDSHIP』をリリースした。
作曲陣に、斉藤和義、難波章浩(Hi-STANDARD/NAMBA69)、マイク・パーク(Skankin’ Pickle/The Bruce Lee Band/The Chinkees)、津田紀昭(KEMURI/ THE REDEMPTION)という盟友が名を連ね、レコーディングには高田 漣、K5(NAMBA69)、tatsu(LÄ-PPISCH)、山口美代子(BimBamBoom)、岡愛子(BimBamBoom)、田中‘T’幸彦(KEMURI)、コバヤシケン(KEMURI)が参加という、KEMURIファンのみならずSKAファン必聴の作品となった。
『FRIENDSHIP』に込められた想い、そして伊藤ふみおとしての今を語ってもらった。

本当に最高の1枚ができた

伊藤ふみお

- 3月27日を迎えられて、率直な気持ちを教えてください。

めちゃめちゃ嬉しいし、またすごい頑張れそう。このアルバムをこうやって作り終えて、また次に向かえるぞっていう気持ちです。

- それは作り終えた直後と世に放たれたこのタイミングと、アルバムに対して同じ気持ちですか?

今のところはあんまり変わってないですね。これから色んな声が聞こえてくると思うんですけど、それを受けて自分がどう変わっていくかが逆に楽しみな感じかな。すごく自分的に確信できてるのは「本当に最高の1枚ができた」っていうこと。懐古主義でもなく気負い過ぎてもいなくて、本当に歌が真ん中にあって、自分が作りたいグルーヴを作れた曲も多い。そういった意味ですごく釈然とした、ベストを尽くしたアルバムなので。

- 今のふみおさん自身をちゃんと出し切って、好きなものを投影できていると。一方で、KEMURIの『Ko-Ou-Doku-Mai』を聴いても、すごくKEMURIらしさを尽きてめられている気もしていたので、その上でふみおさんにとってこのアルバムの立ち位置みたいなものとは?

それはですね、昔も今も変わらず好きなものが、このソロアルバムに詰まっているんですけど、それは必ずしもKEMURIと全てリンクするわけじゃないんです。KEMURIであんまり曲を書いてないのもありますけど、KEMURIにはKEMURIのグルーヴがあって、もうちょっと伊藤ふみおとしてやってみたい、別のグルーヴを今回は本当にやりたかった。あとは、伊藤ふみおの好きな音と録り方で音楽を全て作りたいっていうのが、このアルバムを作った経緯ですね。

- それは別にバンドへのジレンマとかではなく、純粋な音楽への欲求の場所としてソロという場所を選んでいったんですか?

そうね。特に復活してからのKEMURIの活動は、肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいなくらい頑張ってたら、あっという間に月日が経ってて。充実はしているけど、良い意味でも悪い意味でもバンドはバンドだから、メンバー全員がそれぞれ個人がやりたいことを全てやる場じゃないですよね。そういった意味でKEMURIだからやれることと、KEMURIではやりたくないことが明確になったことが、ソロという場所に繋がっていきました。

- 例えばサッカーで言えば、ふみおさんはKEMURIという名の下でフィールド上のFW的な位置にいるとして、ソロではそこに加えて監督の要素に近い俯瞰的な目線も生まれたりするんですか?

それはあるかもしれない。もちろんKEMURIだと、気心知れたメンバーたちとだけど、ソロは自分で多くの曲を書いたし、特にバンドで録った曲は4人のうちの2人は初めてだったから、そういう視点は心掛けました。初めてのドラムの美代ちゃん(山口美代子)やギターの愛ちゃん(岡愛子)が、どういう音が出したくて得意な要素はどこでとかをすごく考えたからね。

- 当然、ふみおさんが中心にいる上で、今回のレコーディングメンバーとの化学反応を起こしたわけですが、何よりふみおさん自身の幹がしっかりしていたからこそ、その視点の中で楽曲の枝葉に成り得ていったと思うんですよね。それには、先ほど仰ったKEMURIとソロの明確化という部分が、より必要不可欠だったのかなと。

思ってたより、それはやりながら感じたね。監督的なこと…プロデュース的なこととも言っていいのかな。今の自分がソロで出したい明確なものがあって、その上でこんなことも考えるんだなっていうのは、ここにきてすごくありましたね。

- こういった形で自身の作品との関わり方は初めてですか。

初めてですね。ここ何作かはベースのたっちゃん(tatsu)にプロデュースの方はほとんど任せてあったし、今回の方がより口を出しました(笑)。

1つのライフワークとしてずっとやっていきたい

伊藤ふみお

- (笑)。実際に聴くと、楽曲のバリエーションが豊富です。そこで敢えて伺いますが、この『FRIENDSHIP』はアコースティック形式とバンド形式のものに分けられるとも思ったのですが、これはそういうコンセプトで最初から構想さていたんですか?

その通りで、実は第1期と第2期で分かれた制作だったんです。その第1期に当たる時代は、バンド形式ではなくアコースティックのミニ・アルバムにしたいと思ってて。斉藤和義くんとか難ちゃん(難波章浩)、津田(津田紀昭)くん、Mike Parkには”アコースティックで”っていうオーダーをして、アルバムの最後に収録した『HOME』の5曲をその時代に作ったんです。やっぱり、踊れることや盛り上がってダイブとか、お客さんを煽ってすごい汗だくの激しいライヴも良いんだけど、それは既にKEMURIでやっている。そんな経験をしているからこそ、例えば5~6人の前で歌を歌うような景色の中に、いつか自分がいれたらいいなと思ったことがあって、もう少し歌をしっかり歌いたいっていうのがあったんです。

- そう伺うと、アコースティック形式の必然性や、ソロとしての在り方にも納得出来ますが、その後の2期目でもその流れを引き継ぐこともできたと思うのですが、敢えてバンド・サウンドを求めていったんですね。

それが不思議でね(笑)。ソロの制作期間をちょっと停止してた間に、クラッシュやボブ・マーリーとか、昔の音楽をすごく聴いてて。もちろん、KEMURIでバンドはやってるし管楽器が隙間なく入っている良さを知っているんだけど、少人数編成でスカやロックステディ、レゲエの括りで音が作れないかなって思い始めたんです。

- ある種、回帰的な部分もありそうですね。

そうなんですよ。自分の中では、結構ツートン回帰みたいなところが大きくて。スペシャルズやセレクター、マッドネス辺りは聴きまくったんですよね。今のPro Toolsとかのデジタル録音に関して全然否定はしないんだけど、もうちょっとラフなだけどエネルギーがるものに惹かれ担ですよね。

- それって、KEMURIの始まりもそれに近しいものだったんじゃないですか?

そうね。当時はそこまで考えてはできてなかったんだけど、そういう時代ですよね。例えば今回の録音って、Pro Toolsを使ってるんですけど、バンドの時はガイドのクリックを出してないんですよ。全部、1フロアをでパーテーションで区切って録音したから、音が被りまくりなんだけどライヴ録音なんです。

- それはチャレンジですね!あってもカウントくらいとか?

カウントもなしなの。だから『Rusty Nail』なんかは、「せーの、ドンドン!」って始まるんだけど、そのコンセプトで作ったんです。エンジニアもメンバーも「面白いからやってみましょう」って、快く言ってくれたからできたんだけどね。

- ある意味、ミュージシャンシップというか。ガチガチのクリックに合わせても良いけど、その場の雰囲気で拍子に対して多少の揺れみたいなものが、最高のグルーヴになっていく醍醐味みたいな?

そこなんですよね。その場にいた人しかわからない感覚なのかも知れないけど、その時に感じた”正しいと思えるもの”を求めていたいっていう。まだこのバンドでライヴをやってないからどうなるか分かんないんだけどさ、1つのライフワークとしてずっとやっていきたいと思ってる第1作目が、この『FRIENDSHIP』なんです。

- 当然、各個人のセンスも問われるし、その現場の緊張感もすごそうですね。

1

2