THE YELLOW MONKEY、20万人動員の全国アリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」スタート、異なるセットリストで魅了した平成最後の初日・静岡2Daysレポート

THE YELLOW MONKEYが19年ぶりのアルバム『9999』を引っ提げた、全27公演のツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL」の初日を静岡エコパアリーナからスタートした。

ツアータイトルに掲げる“THE YELLOW MONKEY SUPER”とは、2016年の再集結時にイエローモンキーの新たなバンド名の候補として挙がっていた名前だ。そこから3年間にわたり、精力的なライブ&リリースを重ね、初のロサンゼルス・レコーディングを決行したうえで、最新アルバム『9999』を完成させたイエローモンキー。

彼らが満を持して“20世紀のイエローモンキーを越えるスーパーなイエローモンキー”を冠したライブは、この場所からバンドの現在地をさらに更新していくという熱い覚悟を見せるものだった。

以下のテキストでは、ツアー幕開けを飾った静岡・エコパアリーナ2日間の模様を、セットリスト掲載なしのレポートでお届けする。

4月27日

大きな期待感を抱いたお客さんが埋め尽くす満員の会場に、吉井和哉(Vo/Gt)、菊地英昭(Gt)、廣瀬洋一(Ba)、菊地英二(Dr)の4人が登場。大歓声に包まれるなか、最新アルバム『9999』の楽曲たちが次々に披露されていった。

序盤、腕を高く突き上げて、「静岡―!」と叫んだ吉井。自身が育った街でツアー初日を迎えられたことに「運命のいたずらを感じる」と感慨を口にする。

色気と少年性を湛えた吉井和哉(Vo/Gt)のボーカル、これぞギターヒーローと呼ぶべきアクションで繰り出されるエマのギター、妖艶に蠢くヒーセのベース、繊細かつ大胆なアニーのドラム。再び同じステージに集った4人が鳴らす唯一無二のグルーヴが、アルバムにパッケージされた音源以上の熱量をもってアリーナを震撼させた。

MCでは「長年お待たせしてしまいました、ようやく19年ぶりのニューアルバムが完成して。3年かかりました。エマがよく言ってるけど、名刺代わりのような、“2枚目のデビュー・アルバム”のような感じです。僕たちはこのメンバーで平成元年に誕生して、信じられないぐらい、いろいろなことが起きて。またこうやって静岡で初日を迎えることができました。本当にこれがスタートだと思っています」と吉井。

「この先、俺たちは絶対にものすごい作品を作るから」と、バンドの未来について熱い言葉で伝えると、会場はひときわ大きな喝采で包まれた。さらに、この日は過去の名曲たちも惜しげもなく披露。バンドの「これまで」と「いま」とが地続きのものとして、アリーナに響きわたる光景は感動的だった。

4月27日

終盤、「俺たちは熱いものを蘇らせられたんじゃないかと思いますけど、どうですか?」という吉井の問いかけに会場からは肯定を意味する大きな拍手が送られた。そして、「明日、次の北海道へと、どんどんスケールアップして、最高のツアーにしていきたいと思います」とツアーへの意気込みを伝えて、終演。

スクリーン映像や色鮮やかなライティングなど、アリーナ会場ならではの演出も見どころのライブだったが、それ以上に、その瞬間ごとに会場で生まれる熱狂を味方にしながら、どんどん熱を帯びていく4人のマンパワーに強く魅せられるライブだった。演奏を終えたあと、最後までステージに残ったアニーが「初日ばっちし!ありがとう!」と伝えて、静岡公演1日目は幕を閉じた。


4月28日

1

2