明るい未来を示した 森重樹一 休養前のZIGGYライヴ

4月5日から札幌を皮切りに始まったZIGGYの全国ツアー『ROCK SHOW season2』。

昨年秋のツアー『ROCK SHOW』の第2章にあたり、当初は11公演の予定だったが東京と仙台の2本の追加公演も発表されるなど、ファンからの反響は上々!

そんな中、5月24日、ファイナル公演を迎えた。

会場は ZeppDiverCityTokyo。

このライヴの後、森重樹一はポリープの手術を行ない、8月24日に東京オリンパスホール八王子での復帰ライヴまで休養となるということもあってか、本ツアーでの東京公演としては3本目ながら会場となった1,200人のファンが駆けつけた。

うれしいサプライズの発表もあったこのライヴ。

その内容も含めて、ライヴ・レポートをお届けしよう。

場内に流れていたSEがフェイドアウトし照明が暗転、そして7色の照明とディスコ・ナンバーが流れ始めると、大きな歓声が上がる。

その歓声に迎えられるように、森重を支えるカトウタロウ(g)、Toshi(b)、CHARGEEEEEE…(ds)、佐藤達哉(kb)が登場し、CHARGEEEEET…がひとあおり。さらに佐藤もステージ中央でフロアを盛り上げていく。

そして、森重が現われ、さらに歓声は大きなものに!いよいよ ROCK SHOW の開幕だ!!

1曲目を飾ったのは最新シングルの「ヒカリノアメ」(future disco ver.)。4つ打ちのディスコ・ビートが会場をダンス・ホールに変えていく……いや、変わらない。
どんなサウンドやスタイルであれ、響き渡るのは森重を中心としたZIGGYのロックン・ロール。

1

2