真心ブラザーズ弾き語りツアーファイナルにてデビュー30周年の豪華記念アルバム 「トランタン」詳細発表

2019年6月16日(日)、ヒューリックホール東京にて、真心ブラザーズのツアー『真心道中歌栗毛2019』が行われた。

『真心道中歌栗毛』は、YO-KINGと桜井秀俊のふたりだけ行う弾き語りツアーで、これで3回目。今回は4月6日(土)の大阪・ABCホールを皮切りに全国を回り、13本目のこの東京公演でファイナルを迎えた。

金屏風を背に、満員のオーディエンスの前に現れると、YO-KINGが軽くギターを鳴らしてキーを確かめてから「GREAT ADVENTURE FAMILY」を歌い始める、というスタート。

ふたりでアコースティック・ギターを弾く曲、YO-KINGがギターを置いてハンドマイクになる曲、ハープを吹く曲、というバリエーションで、アンコールを含め全21曲を披露していく。

「素晴らしきこの世界」や「サマーヌード」といった代表曲、「のり弁女」「いい天気」といった初期の曲、「おぼろげな春」や「風を浴びて君を想う」といったライブで歌われることがめずらしいレアな曲に加え、後半ではそれぞれが歌う新曲も2曲公開される。

桜井がこのツアーと並行してウルフルズのサポート・ギターを務めている、真心の楽屋でもウルフルズの曲の同じフレーズを練習しまくっている、という話をYO-KINGがしたり、Siriなどの音声認識アプリが恥ずかしくて使えないという点でふたりが同意したりと、ゆるくも楽しいMCが合間に何度かはさまれる。会場のヒューリックホールについて、「前は日劇だった場所だよね? 俺ここで『スターウォーズ』観たんじゃなかったっけ」と、YO-KING。

「おぼろげな春」は、サード・アルバム収録の曲でシングルではないのに、昔「どか~ん」しかカラオケに入っていなかった頃も、なぜかこの曲だけは入っていた、というエピソードも明かされた。YO-KING、「見えない力が働いているのかもしれない。」桜井、「カラオケ会社のお偉いさんが、歌いたいとか?」。

11、12曲目は、ステージにひとりになって歌うブロック。桜井が「Baby」、YO-KINGが「その後の世界」を歌ったあと、前述の新曲公開へ。
桜井がボーカルととる「アイアンホース」では、間奏でギターソロを決めたYO-KINGに、「最終日はもう一丁!」と、さらにもう一周ソロを弾かせた。曲を終えてYO-KING、「指が痛い! ソロ二回やれって、パワハラだからね!」。

本編を「素晴らしきこの世界」「サマーヌード」「きみとぼく」の名曲3曲で締めくくり、ヒューリックホールを感動で満たしたあと、アンコールを求めるハンドクラップに応えて出てきたYO-KING、「アコギで2時間くらいやると、身体に余分な力が入ってるんですかね? 30年やっても……『いらぬ力は込めぬがよい』って言葉、いい言葉だよね」。

今後のリリースやライブのことを告知し、「30年前の6月にこの曲を作って、9月にデビューしました」と、デビューシングル「うみ」を歌う。ここ数年、この曲を歌う時YO-KINGは「君は僕の腕をつかんで」のところを「君は僕の前を歩いて」と変えて歌っていたが、今日は「腕をつかんで」に戻して歌った。
そしてラストは「空にまいあがれ」。サビだけでなく、歌い出しの「喋りながら走ってた」から、締めの「空にまいあがれ どこまでも高く 風の中で君が僕を見た気がしたよ」まで、オーディエンスのシンガロングがヒューリックホールを包んだ。

MCでも紹介されていた真心の次のリリースは、デビュー30周年を記念してファンからのリクエストを募り、10位までの10曲をセルフカバーしたアルバム『トランタン』。9月4日(水)に特別生産限定盤、初回限定盤と通常盤の3タイプが発売される。

1

2