RADWIMPS 全国ツアー「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」初のスタジアム単独公演に、7万超のオーディエンスが熱狂

RADWIMPSが6月22日、23日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて初のスタジアム単独公演を開催した。2日間合わせて約7万人超のオーディエンスが記念碑的なライブを目撃した。RADWIMPSは6月8日の長野・ビッグハット公演から全国ツアー「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」をスタートさせており、その序盤に大きな山場を迎えた格好である。ツアー中なので詳細なセットリストの記載は伏せるが、ここでは初日の模様をレポートする。


 梅雨前線の影響により関東地方は朝から雨模様だったが、16時30分の開場時間を迎えたころにはすっかり晴れ間がのぞいていた。
 18時の定刻を10分ほどすぎたときに会場のBGMが止まり、1曲目を飾るSEがスタジアムに鳴り響く。メンバーがステージに登場すると3万7千人のオーディエンスが歓声を上げながら、ダイナミックなビートにハンドクラップを合わせる。ステージの壁面には巨大なLEDビジョンが設置され、カラフルなモーショングラフィックが映し出されている。

野田洋次郎(Vocal/Guitar/Piano)が「準備はできているかい!?」と声を挙げ、サポートの森瑞希と刄田綴色のツインドラムを擁する5人編成のアンサンブルは一気にドライブしていく。野田のみならず、桑原彰(Guitar)と武田祐介(Bass)も大きなステージを自由に動き回りアグレッシブなプレイでオーディエンスを惹きつけていく。

「初めてのワンマンのスタジアムライブです。完売御礼! 今日は何かが起こりそうじゃないですか!?」
 最初のMCで野田はそう咆哮した。実際にRADWIMPSにとって初のスタジアムライブは冒頭からずっと特別なムードが会場全体を覆っていた。特に近年のRADWIMPSがスタジアムにふさわしいスケール感に満ちた音楽性と演奏力を誇っていることを証明するパフォーマンスが、終始繰り広げられていったのである。

 メンバーとオーディエンスが力強く呼応し、合唱が巻き起こった「万歳千唱」。ダークな様相を呈しながらもスタジアム特有の開放感とともにセンセーショナルな楽曲の内容がより生々しく迫ってきた「PAPARAZZI」。あるいは野田が指揮を執りメンバーの超絶的なソロバトルが交わされることでおなじみの「おしゃかしゃま」も、その響き方はいつも以上に圧倒的だった。

1

2