Official髭男dism

Official髭男dism、東京・Zepp DiverCityにてワンマンツアーのファイナル公演を開催

4人組バンド”Official髭男dism”通称ヒゲダンが、7月22日(月)に東京・Zepp DiverCityにてOfficial髭男dism one-man tour 2019のファイナル公演を開催した。本ツアーは6月22日(土)宮城・SENDAI GIGSを皮切りに、自身初の日本武道館追加公演を含む6都市・全8公演に及ぶ自身最大規模のライブハウスツアーだ。

SEが流れファンの歓声に迎えられながらステージにメンバーが登場すると「異端なスター」を披露。続く「Amaizing」ではVo.藤原がステージを縦横無尽に動き回り、パワフルな演奏と歌声で会場の温度を一気に上げた。「さぁZepp DiverCity!ツアーファイナルだよ!一緒に最高の瞬間を創ろうと思います!どうか最後まで全力でかかってきてください!」とVo.藤原が呼びかけ、「What’s Going On」では、会場を隅々まで見渡しながら力強く歌い上げその歌声でオーディエンスを魅了した。

Official髭男dism

藤原聡(Vo_Pf)

MCでは「ツアーファイナルで名残惜しいのでMCも長くなると思うけど、それも込みでグッドミュージックショーをみんなと一緒に創っていければと思います。改めて最後までよろしくお願いします。」と語ると会場からは拍手が起こり「今日はツアーファイナルだし、みんな踊り散らかしにお台場来たと思って良いよね?」と問いかけ、披露した「Tell Me Baby」では、Ba.&Sax.楢崎とGt.小笹がお立ち台でオーディエンスを煽り、グッドミュージックで会場を包み込むと、間髪入れずにDr.松浦のドラムから始まった「始まりの朝」では、サビのタオル回しで会場が一体となった。続く「FIRE GROUND」では赤い照明に身を包んだGt.小笹がエモーショナルなギターソロを堂々と披露しオーディエンスを沸かせた。
イントロでトランペットと藤原のピアノがソロを奏で合うライブアレンジに観客が酔いしれた「55」や、音源化されていないライブ限定曲「明け方のゲッタウェイ」も披露されワンマンツアーならではの楽曲・アレンジにヒゲダンらしさが光っている。

Official髭男dism

楢崎誠(Ba_Sax)

終盤に差し掛かると、オリコン週間ストリーミングランキングで現在8週連続1位、billboard
Japan Streaming Songsでも1位を獲得している楽曲「Pretender」を披露。美しいメロディとVo.藤原の伸びやかな美声に涙するファンもいた。続けて自身のメジャーデビュー曲「ノーダウト」ではイントロと共に銀テープが放たれ、会場の温度を一気に上昇させると、7月31日(水)にリリースする最新曲「宿命」ではトランペットなどの管楽器も加わってスケールの大きな演奏でライブ本編を締めくくった。

Official髭男dism

小笹大輔(Gt)

1

2