GLAY

GLAY、令和初となる野外フリーライブを地元北海道にて実施

現在デビュー25周年となるGLAYが、令和初となる野外フリーライブ「GLAY DAY JAPAN PREMIER LIVE in Chitose Powered by HOTEL GLAY」を地元北海道の千歳アウトレットモール・レラ P2駐車場にて開催した。

今回のフリーライブ開催は、デビュー25周年のテーマを「GLAY DEMOCRACY(民主主義)」としており、その活動の中でファンに向けて「あなた自身の公約を投稿してGLAY DEMOCRACY25thに参加しよう」とファン自身の公約も募集しており、そのファンから募集している公約の中にフリーライブ実施を希望する声が多くあり、そこから実現となった。

開催場所に関しても、公約を投稿した(賛同した)率が、エリアの人口比率に対して多いエリアでの開催となっており、“民主的フリーライブ”としてGLAYが自分達の故郷でもある北海道で行う事になったのである。

場所が解禁されると早くも会場には多くのファンが集まってきており、令和初となるGLAYの野外フリーライブを待ちきれない様子であった。

それもそのはず、この日は今から20年前の7月31日、幕張にて20万人を集めた伝説のライブ「GLAY EXPO ’99 SURVIVAL LIVE IN MAKUHARI」からちょうど20年という記念すべき日。

多くの人が一目GLAYを見ようと大勢のファンが会場に集まり、ついに新たな伝説が幕を開けた。

メンバーがステージ登場し、TERUが「GLAY人生初の千歳ライブ。そして今日は20万人ライブから20年、最高の1日にしようぜ!」と語りかければ、ライブ1曲目は先日発売したニューシングル「G4・Ⅴ-Democracy 2019-」より『JUST FINE』。

GLAY

“THIS IS GLAY”と言えるTAKUROとHISASHIによるハードなギターリフから始まり、そこからTERUの突き抜ける声とキャッチーなサビが心地よいロックナンバー。
サウンドが響けばすぐに会場の熱気は上がり、興奮の坩堝と化していった。

続いて「あの20年前を思い出して下さい」と話せば、次の曲はもちろん『サバイバル』。
一気に会場のボルテージは急上昇していき、GLAYのライブ代名詞とも言える“GLAYチョップ”が炸裂した。

MCではTERUが「あの20万人ライブから20年という時が経ちました。この20年は変化していくのではなく、進化していくGLAYであったと思います。そして25周年が始まって皆さんにお届けした『JUST FINE』、これから歌う『COLORS』をこれからもみなさんに大事にしてもらえるよう、心を込めて歌います。」と素直な気持ちを語ってくれた。

『COLORS』は、『JUST FINE』と同じくニューシングルに収録されており、TERU作詞作曲の珠玉のバラード。父と子の絆を歌った歌詞をTERUの超ハイトーンボイスに乗せて歌い上げ、北の大地に心地良い風が吹いた。

1

2