J LIVE TOUR 2015 – Live On Instinct –

3連休の初日にあたる10月10日、Jが東京・赤坂BLITZでの公演を大盛況のうちに終了させた。これは10枚目のオリジナル・アルバム『eternal flames』に合わせ、約2年振りの全国ツアーとなった【J LIVE TOUR 2015 – Live On Instinct –】のツアー・ファイナルであり、ソールドアウトとなった会場は、開演前から凄まじい熱気で溢れていた。

場内が暗転すると同時に鳴り響くSEに合わせ、Oiコールと歓声が向けられるステージ。masasucks(G)、ごっちん(Kazunori Mizoguchi / G)、スコット・ギャレット(Dr)が次々と姿を現し、ステージ中央に踊り出てきたJから「赤坂、飛ばしていくぞ!」とオープニング・チューン「Go Chrage」が着火される。早くもフロアのあちこちからダイブが起こったかと思えば、間髪入れず披露されたのは、10枚目の新アルバム『eternal flames』の1曲目を飾る「Verity」。フロア全体でのシンガロングが、如何に新曲が支持されているかを物語っているようだ。筆者は2階席から観ていたのだが、フロア中に灯されたライターの火で魅せた「PYROMANIA」では、凄まじい程の一体感を築き、その灼熱状態を見事に表していた。

J自身、”最高のアルバム”と断言する『eternal flames』からの楽曲では、このツアーが如何に最高で充実したものとなっていたかが伺える。それは、12本目であるこのツアー・ファイナルで演奏された「I know」では、普遍的な楽曲でありながらも、熱量や表現力がこの短期間で一気に進化したことをみせ、10数年も歌い続けられている「Sixteen」や「go crazy」と、すでに対等の存在になれているからだろう。また、メロディアスでありながらもスケール感のある「Jayne」では、少ない音数にも関わらず、細部に渡ってこの楽曲の持つ表情が垣間見れ、制作時のJ自身は”挑戦”だったかもしれないが、今や”武器”に昇華している楽曲となったのも頷ける。

スコット・ギャレットによる圧倒的なドラム・ソロで、更にアクセルを踏み込んだステージは、「BUT YOU SAID I’M USELESS」へ突入する。前半の勢いのままに、ラウドでソリッドなサウンドをステージから届け、masasucksとごっちん(Kazunori Mizoguchi )によるギター・バトルで、フロアは絶頂を迎える。Jから「次の曲で何かを壊すぞ!」と告げられた本編のラスト・ナンバーは「break」。始まりから途切れないテンションで、Oiコールと歓声、ダイバーが応酬するフロアは、まさに”不滅の炎”という言葉に相応しい、灼熱のパワーを放つ。それに応えるかのように、ステージのJからは、幾度となく「止まらない、止めるな!」という叫びを浴びせた。

アンコールでひとりステージに現れたJから、こんな想いが語られた。「通算10枚目になるオリジナル・アルバムだということを意識しないでおこうと思っておきながら、やっぱり意識していた自分がいます。正直に言おう(笑)。『eternal flames』というタイトルを付けた理由の1つには、俺自身が”永遠”って言葉を追い続けて来たんだよね。実際、”永遠”なんて誰も見たことがないでしょ?だけど、何度も何度も俺は、そんな”永遠”を見てきた。まさに今回のツアー、今夜、この場所も”永遠”の1つだと思ってます。素晴らしい瞬間をこれからも追い続けたいと思います。最高の”永遠”をどうもありがとう!」

その『eternal flames』に収録されている「Believer」では、その真っ赤に燃えるサウンドでオーディエンスを力強く牽引していく。ラストの「Feel Your Blaze」まで、一瞬たりとも消えることのなかった、オーディエンスの灼熱の炎こそが、J自身が語る『eternal flames』なのだろう。
「次に逢うときまで、何があってもくたばんなよ!」という約束を交わし、2時間弱に及ぶツアー・・ファイナルは大団円を迎えた。そして、その約束の日は12月から始まる「J LIVE TOUR 2015~2016 -light up the eternal flames-」にて果たされることとなるだろう。文字通り、その”永遠の炎”が消えることはないのだ。

 


取材:2015.10.10
テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330
撮影:Hiroe Yamauchi