カメラマン / 鳥居洋介

ゲスの極み乙女。とindigo la Endの2マンライブ開催

indigo la Endとゲスの極み乙女。のメジャーデビュー5周年を記念して新木場スタジオコーストにて開催されたイベント「馳せ合い」。

2組のバンドのパフォーマンス、更にはサプライズもあり、とてもスペシャルな夜となった。

最初にステージに登場したのはindigo la End。

カメラマン / 鳥居洋介

「夜明けの街でサヨナラを」「名もなきハッピーエンド」と二曲連続披露をし、会場は早くも熱気に包まれた。短めのMCを挟み、佐藤栄太郎のドラム・後鳥亮介のベース・川谷絵音・長田カーティスのツインギターによる演奏から「billion billion」を披露。

会場内をすっかりindigo la End ワールドに包み込む。

その後、「結構久しぶりな曲をやります」

と川谷が告げ、「染まるまで」を歌唱。柔らかなバラードを丁寧に歌い上げた。

その後のMCでは「メジャーに五年いたという実感もなく、ある意味地味にコツコツ続けてきたのがindigoだ」と振り返る川谷だが、「メジャーで5年経った今昔の曲やインディーズ時代の曲をやるのも楽しく感じる」と語った。そんな中で「一番新しい曲をやります」と告げ、始まったのは10月9日に発売を控えているニューアルバム「濡れゆく私小説」から先行配信中の「小粋なバイバイ」。続けて、同アルバムよりギターのしっとりとしたリフが特徴的な「結び様」・今年SNSを中心に四年前のリリースにも関わらず再ヒットしている。

カメラマン / 鳥居洋介

「夏夜のマジック」を披露。そして最後に「渚にて幻」を披露し、全編を通して夏を感じる内容でindigo la Endの本編が終了した。

転換中に突如スクリーン上に川谷によるVTRが流れ、特別ゲストとして上手側の特設ステージにダンサーと共に登場したのはハンバーグ師匠こと井戸田潤(スピードワゴン)。お決まりの熱々の鉄板ジョークを披露したかと思いきや、そのまま川谷絵音が作詞作曲したという’’ハンバーグ師匠のテーマソング’’をダンスを交えながら歌唱し、会場は笑いと熱狂に包まれた。

カメラマン / 鳥居洋介

転換が終わり、ゲスの極み乙女。のオープニングのSEが流れ、休日課長のソロ、ちゃんMARIの高速キーボード、ほないこかの順で挨拶がわりにソロ演奏を披露していくと

一曲目「パラレルスペック」で会場はすっかりゲスの極み乙女。一色に染まる。

そこから川谷による「踊ろうぜ」の掛け声で「サカナの心」、サビの合唱が起こる「市民野郎」・「ノーマルアタマ」・「Song3」・「ユレルカレル」と途切れることなくダンスチューンへ連続して繋がっていく。

MCでは踊れない曲だけど、と前置きしてからこの日ライブでは初披露となる最新配信曲「透明な嵐」を演奏。その勢いのまま「オトナチック」・「無垢な季節」・「星降る夜に花束を」を披露。そして、本編ラストは「キラーボール」。頭上から照らされた巨大なミラーボールが降りてくる演出により、客席はこの日一番のダンスフロアと化した。

カメラマン / 鳥居洋介

会場のアンコールの声に応え再びステージへと姿を現すと、「秘めない私」・「ハツミ」の2曲を披露した。そして、いよいよこの日のイベントを締めくくる最後の曲「ドレスを脱げ」の演奏がスタート。なんとこの楽曲では、indigo la Endのメンバーもステージ上に登場し、大団円の様相を呈した。

会場とのコール&レスポンスにて最高潮のボルテージの中、演奏がスタート。

カメラマン / 鳥居洋介

楽曲の途中では、indigo la Endのメンバーもそれぞれギターソロを披露し、会場からは大きな歓声があがった。現在ではジェニーハイ・DADARAY・アーティストへの楽曲提供など多岐に渡る活動を行っている川谷絵音だが、その軸となるindigo la Endとゲスの極み乙女。が同じステージを共有した一夜は、それぞれのバンドがまだまだこの先に様々な物語を紡いでいくことを確信させる、そんな熱く温かい一夜であった。