RED ORCA インタビュー ( 金子ノブアキ / 来門 )

来門:こういう情熱が1人だけだとダメで、このメンバーがいてこそ滾らせてくれるものだったりするんですよね。

金子:音楽がとにかく1番好きだから、常に音楽への枯渇からくる乾きがあるし、潤すために音楽を作っているし。こういう時代になって、限りなく自由に制作もできるからアイディアが途切れることはないですよね。楽曲にもとことんこだわることもできるし。

ー先行配信でリリースした「beast test」も含め、マスタリングをギリギリまでやっていらっしゃったと伺いました。

金子:細かく納得いくまでやるっていうのは、音楽が好きだからなんですけどね(笑)。やっぱり、納得していないものを出すなんて我々の総意ではないので、100%の状態を届けたいですよね。当たり前ですけど、世に放たれるまでは我々が1番聴いているので、どうしたら1番良い届き方ができるかをこだわり抜きたいのは当然な欲求ですね。

ーその100%状態で放たれた楽曲たちを「WILD TOKYO」と命名されました。

来門:実はリリックは得意なんですけど、タイトルとかバンド名を決めるのが苦手で(笑)。

金子:でも「Night hawk」はボツったバンド名なんですよ。

来門:別のバンドで名前を決めてくれって「Night hawk」って出したら「ダセえ」って言われ(笑)、19歳くらいのときに友達が飲み屋を始めるから名前をってときも「Night hawk」って出したら素っ気なくて(笑)。

金子:来門にトラック渡すときに、仮タイトルで「Night hawk」はどうってニヤニヤしながら送ったもん(笑)。

来門:「Night hawkだー」って。俺の人生で初めてあっくんが「Night hawk」を入れてくれたんですよ。

金子:僕が相当せっかちなので、バンド名もアルバム・タイトルもツアー・タイトルもすぐ「良いじゃん!」ってどんぶり勘定(笑)。

来門:アルバムタイトルもノート5ページくらい書いて、わかんなくなってPABLOくんに「○○○○」はどう?って訊いたら「それマズイでしょ」って(笑)。で、そのときはなんで「WILD TOKYO」って名前が出てきたかは俺にもわかんないんですけど、みんなが良いって言ってくれて後で辻褄が合ったとも言えるけど、このタイミングでこの名前がもたらす意味が出てきたと思うし、「○○○○」じゃなかったなと(笑)。

ー(笑)。「RED ORCA 2020 響-KYO-」はこの「WILD TOKYO」を提げてのツアーとなるので、これまでのライヴとは共鳴度合が変わってくると思います。

金子:何より、今までと違って楽曲を知ってくれている可能性が高いっていうね(笑)。やっぱりリリースした後に、楽曲の成長が始まるので。例えると、我々という親元から離れて、楽曲が帰ってくることがあるとすれば、それはフロアのみんなが鳴らしてくれている瞬間なんですよね。ライヴで語り継がれていく楽曲も、そうやって選ばれていくんだと思いますし。個人的には「Night hawk」がそうで、演った瞬間「この曲、エモい」って。

来門:メンバーでライヴが終わった後に「あの曲カッコいいね」って言ってるんです(笑)。こればっかりはライヴを演ってみないとわからないことだから。

金子:今回はワンマンだから、今まさに作っている新曲も加えて演りたいなと思ってます。新しいのもすごいカッコいいから早く演りたい(笑)。


取材:2020.3.18
インタビュー:Atsushi Tsuji(辻 敦志 classic0330 )

RED ORCA

RED ORCA
HP:https://redorca.tokyo/
WILD TOKYO特設サイト:https://redorca.tokyo/wildtokyo/

WILD TOKYO

RED ORCA
全10曲収録
品番:ORCA-0320
配信URL:https://linkco.re/x4B7vvBP

RED ORCA 2020 響-KYO-

4/16(木)埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
4/22(水)大阪・MUSE
4/23(木)名古屋・APOLLO BASE
4/30(木)東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
チケット
前売り¥4,500 ドリンク代別

1 2

3