THE MAN 「THE SOLAR BUDOKAN-RESPECT STAGE-」

中津川で2回目となる、佐藤タイジ(シアターブルック)主催による、100%ソーラーエネルギーを活用して行われる国内初の野外ロック・フェスティバルイベント「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」。
中津川の空が夕暮れに染まる中、1日目のRESPECT STAGEに登場したのは、昨年に続いての出演となる「THE MAN」だ。
開演前のSEに呼応するようにオーディエンスの熱気が蔓延し、THE MAN登場への期待が高まる中、「爆発」のライブがスタートした。

「Erase Your Traces」からライブはスタート。
青木ケイタ・飯川賢・寺谷光・中村和輝・加藤洋平・二本木潤・伊藤隆郎の楽器隊が縦横無尽にステージを駆けまわる。
真っ黒な衣装で登場した楽器隊と、夕暮れ時の中津川が見事に調和し、早くも会場は最高潮のテンションで踊り狂う。

攻撃的なギターリフと共に、いよいよ冷牟田竜之がステージに登場すると、会場から大歓声が上がる。
「Step On Gas」「Rudies On The Law」「James Bond Theme」とノンストップでアップテンポなナンバーが演奏された序盤は、冷牟田の激しいアジテートと、攻撃的な楽器隊のサウンドで、一気にオーディエンスがTHE MANのグルーヴに引き込まれる。

「中津川 THE SOLAR BUDOKANへようこそ。THE MANです!1年ぶりにみんなと会えて本当に嬉しいよ!」と冷牟田が呼びかけると、会場から大歓声が上がる。
「今日は爆発しよう!爆発しよう!爆発しよう!」と煽り、いよいよ「爆発のステージ」本幕があがる。

「The Man Still Standing」「Good Gravity」 と続く。
メロウな曲調が、陽が落ちてくる中津川の風景に見事に調和し、オーディエンスもその世界観に浸りきっている。

「GODZILLA」では、誰もが一度は耳にしたことのある旋律で、全てのオーディエンスをTHE MANの世界に引き込む。
空間系エフェクトで妖しい世界観を演出したアレンジは、見事に曲にマッチしている。

1

2