The BONEZライブレポート| Tour 2015 Beginning@千葉look

4月5日、千葉lookにてThe BONEZのワンマン・ライブが開催された。これは、<The BONEZ Tour 2015 “Beginning”>と銘打たれ、3月に発売したミニ・アルバム「Beginning」に伴ったものである。
ソールド・アウトとなった本公演には、会場いっぱいの”BONER”(The BONEZのファン)で埋め尽くされ、その熱量のままにステージが繰り広げられた。

先に明言をしておきたいのだが、JESSE(Vo/G)、NAKA(G)、T$UYO$HI(B)、ZAX(Dr)という顔ぶれから、RIZEやPay money To my Painを連想してしまっていただろうし、事実、メンバー構成を見れば明らかではある。
しかし、「Beginning」で解き放たれた世界と、その”始まり”を披露する場の初日となったこの夜では、RIZEやPay money To my Painでもない、まさに”The BONEZ”という唯一無二のバンドが転がり始める瞬間を目撃することとなった。
始まったばかりのツアーであるが故に、これから体感するであろうBONERへの配慮として、詳細なセットリストへの言及は避けるが、凄まじい破壊力で構成されていることは伝えておきたい。

「行くぞ千葉look!」とJESSEの煽りから始まったライブは、先月発売された「Beginning」からの楽曲を軸にスタートし、一気に過熱状態となった会場に畳み掛けるかのように「Place of Fire」を放ち、ダイバーたちが押し寄せる。このバンド持つ緊迫感や躍動感、そして激しさの中に表現されるメロディアスな楽曲は、「Beginning」で覚醒したバンドのオリジナリティに溢れているのがわかる。

「調子どうだBONER?準備できてっか?」と、次々に”今”のThe BONEZを解き放っていく。ツアー初日とは思えない程のテンションで繰り広げられるステージは、「The BONEZという、新しいモノを探して出会ったオマエらが、その手で掴んだんだぜ!」とJESSEが話す通り、”始まり”と表現するにはあまりにも濃密で刺激度が高い彼らの音と熱量に、共鳴し求めるオーディエンスとで場内が一体となっていく。

前作、「Astronaut」に収録された「Sun forever」に続く名曲と言える「Memory」では、JESSEが力強く歌い上げ、NAKA、T$UYO$HI、ZAXもそれに応えるかのように、その世界観を表現している。既にライブではマスト・チューンとなった「When ever Where Ever」や「Astronaut」からの楽曲では、サークル・モッシュにダイブと、バンドの熱量とオーディエンスの熱量が激しく戦っているかのような、鬩ぎ合うことで生まれる”共鳴”が会場全体を包む。

「止まんねぇぞ!」とオーディエンスを煽るJESSEに、NAKAの激しいギターがからスタートする「Zenith」、ZAXの激しいドラミングで始まり、鉄壁の低音を鳴らすT$UYO$HIのベースが絡み合う「Thread & Needle」では、オーディエンスからの大合唱が起こり、この夜を祝福するかのような歌声が会場中に響いた。

アンコールで迎えられ、「オマエらの為にこのバンドはあるんだよ!」と、渾身のステージを放ち、The BONEZ Tour 2015 “Beginning”の初日は、大円団のまま幕を閉じた。

始まったばかりのこのツアーは、ファイナルの恵比寿 LIQUID ROOMまで、その熱量を加速させたまま、各地で繰り広げていくこととなるだろう。
既にソールド・アウトが続出しているが、どの会場でも放たれるであろう、唯一無二の”始まりの瞬間”を体感して欲しい。そこには、”Beginning”と銘打ったThe BONEZの今の全てに触れることが出来るはずであるから。

1

2