The BONEZライブレポート| Tour 2015 Beginning@恵比寿リキッドルーム

The BONEZが全公演ワンマンでのツアーとなった、最終公演を恵比寿リキッドルームにて行った。
各地でソールド・アウト続出となった本ツアーは、最終公演でもソールド・アウトとなり、会場いっぱいのBONERが詰めかけた。

ステージは白い幕に覆われ、客電が落ちると同時にThe BONEZのロゴが映し出される。
オーディエンスから沸き起こる歓声に共鳴するように、産声にも似たハウリングが会場に響き、「Are You Ready?」の文字から「Ray」が放たれた。
イントロでは、Music Videoでのビジュアライズが映し出され、幕が降りたステージには、”Beginning”の意味を雄弁に物語るような、メンバーの姿があった。
「今日、目の前立ってる人 (The BONEZ)、オマエらの力で見つけたバンドだからよ!出港します、後戻りできねーぞ!」とJesse(Vo./Gt.)が煽り、T$UYO$HI(Ba.)のソリッドなベースラインで始まる「Breath」では、一気に会場がヒートアップし、ダイバーが次々と会場を埋め尽くす。

仙台公演から始まったプレゼント・タイム(この夜は、来場者に抽選で、サイン入りスネアヘッドが2名にプレゼントされた)を挟み、次々とキラー・チューンを叩き込む。
NAKA(Gt.)の鋭いギター・リフが圧巻の存在感を放つ「Adam & Eve」では、リキッドルーム公演で初めてフロアの柵を取っ払い、フロアいっぱいのサークルモッシュが沸き起こる。
そこには、それぞれの楽曲たちが成長していく様が、メンバーの凄まじいテンションとBONERの熱気がそれを証明していた。

「こうやってリキッドルームでワンマン出来るなんて、マジで思ってなかったから、仲間と出会ってゼロから始められたことに感謝します」と、ZAX(Dr.)から充実感に満ちた言葉が述べられると、「赤ちゃんみたいなバンドで、生まれたって意思表示をして。産んでくれた親はみなさん(BONER)だから、俺らのこと一生面倒見てくれよ、新しい記憶を埋めて行こうぜ」と、ファンレターからのエピソードを交えたMCを話したJesseから、「Memory」が高らかに演奏される。
ZAXの強い意志と共に、今を楽しむ笑顔が垣間見られるドラミングが象徴的な「GIMCRACK」では、会場の熱気も最高潮に達していた。

1

2