BAROQUE 「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」

BAROQUEがツアー「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」の最終公演を3月25日に東京・下北沢GARDENにて開催した。
既に”不動のメンバー”とも言うべきTOKIE(BASS)、かどしゅんたろう(DRUMS)を携えたこのツアーファイナルは、BAROQUE自身も初となる会場であり、多くのファンで埋め尽くされていた。

SEが鳴り響く中、次々とステージへ姿を見せるメンバーから放たれたのは「PLANETARY LIGHT」。昨年、約2年ぶりに発表された『PLANETARY SECRET』で新たに確立されたBAROQUEサウンドは、もはや普遍に描ける世界観まで昇華しており、1曲目から音響・音韻が満ちていく空間へと形成していく。怜から「会いたかったぜ、東京!最後まで一緒に行こうな!」と続く「DREAMSCAPE」では、会場いっぱいの手拍子が広がり、シンガロングが沸き起こる。サウンドとシンクロするようにライティングが作り出すステージは、オーディエンスの心の解放を存分に促し、そこで開かれた空間は音の粒子と共に五感を委ねていける。静寂と喧騒がいくつも繰り広げられ、そのあとに残る”至福”が導くように奏でられた「ORIGINAL LOVE」は、BAROQUEからの愛で溢れ、優しく爪弾かれる圭のギターイントロから始まる「MEMENTO」で、交差した会場中の感情を昇華させた。

男性バロッカーも多く、「black bane」が始まるとステージとバトルをするようにフロアが大きくうねり、激しさに拍車をかけるように「ガリロン」を放つと、一気に会場の沸点がピークを迎える。TOKIEのエネルギーに満ちたベースラインが熱を帯びた演奏を放ったかと思えば、「伝説を作れるくらい声を出せ!」と煽る怜からコールされたのは、名盤『sug life』に収録された「Nutty a hermit.」。更に沸き起こる歓声とコールアンドレスポンスを盛り立てるように、かどしゅんたろうのドラムソロの1音1音が鼓舞していく。ラストは、圭の切り裂くようなギターリフから始まる「我伐道」。フロア中でジャンプが起こり、激しく本編が終了した。

アンコールで迎えられ、怜と圭の時間が始まるのだが、改めて2人の関係性の良さが滲み出ていて、オーディエンスとのやり取りも、多くの笑顔で包まれていた。「魔女と林檎」「凜然アイデンティティ」と、ライブでは久しぶりに披露されるナンバーでオーディエンスの驚きをさらい、その絶頂のまま怜から「GIRL //SO// SWEET GIRL //SO// BRAVE」と題された9公演のツアーが発表されると、大歓声が沸き起こる。続けて圭からも「春に出来ると言っていたアルバムは、なんと…出来ていません(笑)。」と笑いを誘いながらも、アルバムタイトルが『BOYS AND GIRLS』であることをいち早く発表され、その中から、本ツアー初お披露目となる新曲がプレゼントされた。「PLANETARY SECRET」で開いた扉の先にある世界とでも言うべきか、1つ1つの音が織りなす感情や温度みたいなものが、1つの空間で溶け合う魔法が感じられた楽曲だ。そして「beautiful day for you celebrate / sing a song for you celebrate」と、このライブを祝福し合う大合唱で始まった「CELEBRATE」、新曲「G I R L」が贈られ、この日の公演は幕を閉じた。「未来へ一緒に進みたい」と怜が話すように、次に約束された場所で、その未来が進み開かれるであろう。

1

2