原田知世『L’Heure Bleue』の発売記念イベントを開催。満員の観客が原田のバースデイを祝う

女優と歌手の両輪で活躍を続ける原田知世。女優としてNHK連続テレビ小説『半分、青い。』や映画『あいあい傘』など話題作に次々と出演するなか、歌手としても4年半ぶりのオリジナル・アルバムとなる『L’Heure Bleue (読み方:ルール・ブルー)』を11月28日(水)にリリースした。その発売日の夜、記念イベントが大手町プレイス内のカフェ/レストラン/バー「Lady Blue」にて開催された。

「Tomoyo Harada『L’Heure Bleue』Release Party」と題されたイベントは、トーク&ミニ・ライヴと軽食がセットになったもの。会場には多数の応募から当選した幸運なファン80名が詰めかけた。

新作のプロデュース/作曲/編曲を務めたギタリストの伊藤ゴロー、さらにレコーディングに参加したチェロ奏者のロビン・デュプイと共にステージに上がった原田知世は、観客への挨拶と共に「まだアルバムが発売になったばかりなので、人前で歌うのは初めてですが、楽しんで聴いていただけたら嬉しいです」と話し、まずアルバムの冒頭を飾る自身作詞の「Hello」を披露。

MCでは新作について、「タイトルの「L’Heure Bleue」は英語で「Blue Hour」と言って、明け方や日が暮れる瞬間に空が神秘的な青色に包まれる時間帯のことです。年々、時間が経つのを早く感じるようになり、だからこそこれから先一瞬一瞬を大切にして過ごしていきたいと思うようになりました。時の流れは目に見えないけれど、そういった空の色の変化をしっかりと目に焼きつけるように、これからは生きていきていこうと思っていたときに、この言葉と出合ってタイトルにしました」とアルバム・タイトルに込めた想いを語り、その世界観が反映された大人のラヴ・ソングである「名もなき青」を披露した。

続けて、「宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』をモチーフにした元チャットモンチーの高橋久美子さんによる素敵な歌詞と、その歌詞を最大限に引き出した伊藤ゴローさんによるメロディが、見事な化学反応を起こして、50代最初のアルバムにして、自分にとって新たな代表曲ができました」と語り、アルバムのリード・トラック「銀河絵日記」を伸びやかに歌った。

歌い終わると、観客の拍手の中、バースデイケーキがステージに登場。伊藤ゴローとロビン・デュプイが「ハッピー・バースデー・トゥ・ユー」を演奏し、場内一同で原田の51回目の誕生日を祝った。それを受けて原田は、「50代のピカピカの一年生になりました(笑)。昨年のデビュー35周年のときにも感じましたが、ファンの皆さんをはじめ、多くの出逢いがあったおかげでここまで来られたと思います。昨年に続いて今年もこの日に皆さんとお会いできて、一緒に時間を過ごすことができて、心から感謝しています」と語った。そしてアンコールとして新作から「2月の雲」を披露し、イベントを締めくくった。

1

2