The BONEZ 圧巻のツアー・ファイナル!2019年には4都市に及ぶZeppツアーが開催決定!

9月30日に予定されていたThe BONEZのTOUR「WOKE」-ENCORE-は台風の影響で延期を余儀なくされ、この日遂に振替公演を迎えた。開演時刻を数分回った頃に暗転、凄まじい歓声が沸き起こる中でJESSE(Vo/G)、NAKA(G)、T$UYO$HI(B)、ZAX(Dr)のメンバー4人が円陣を組んでスタンバイOK。それからJESSEだけに照明が当たり、ゆっくり歌い始めると、「Until you wake up」でショウの火蓋を切った。いきなりフロアを焚き付ける攻撃力を見せつけると、次は「Bird〜people with wings〜」に突入。ステージからスモーク4本が噴き上がる演出もあり、オイ!オイ!の地鳴りのような歓声も耳に飛び込み、スケール感のある雄大な曲調はこのZEPP TOKYOでも抜群に映えていた。

写真:Yoshifumi Shimizu

ヘヴィなグルーヴ感で攻める「Revolution」を挟むと、ここからまた最新作『WOKE』収録ナンバーを畳み掛ける。エッジ際立つリフが冴え渡る「Rude Boy」、パンキッシュな疾走感に満ちた「Nice to meet you」、ラップを用いたヘヴィロック調の「Code name」、メランコリーなエモーションを運ぶ「Kings work」など、どの楽曲も即効性に長けたライヴ感を叩き付けてくる。
また、煌々とミラーボールが回る中、The BONEZにとっては新境地とも言える「LIFE」が始まると、多幸感に満ち溢れた空気が会場の四隅に広がっていく。

写真:Yoshifumi Shimizu

再び「Louder」、「Adam&Eve」とアッパーな楽曲を放った後、メンバーが一人ずつ長めのMCで胸の内を述べていく。
「この日を目標に突っ走って来た。K(Vo/Pay money To my Pain)の穴は1ミリも埋まってませんけど、ずっとあいつが生きてる気がして」(ZAX)

写真:TAKAHIRO TAKINAMI

「ZAX、ツヨぽん(T$UYO$HI)から話は聞いてて、The BONEZに入ってから、ZEPP TOKYOは特別な場所なんだと思うようになった。振替で来れなかった人もいるだろうけど、今日だから来れた人もいると思うから。今年親父が死んで・・・今日は親父と最初に買ったギターを使ってる。今日は何かを思って演奏しようと思う」(NAKA)

写真:TAKAHIRO TAKINAMI

「遂にZEPP TOKYOに立つ日が来たんだなと。PTPは俺にとって大人の青春だった。3日前にKに似てるそっくりな奴が夢に出てきて、俺に渡したいものがあるって牛丼にフォークを刺して持って来たんだ。実は牛丼はアメリカにいるときによく二人で食ってた食べ物だったのね。あいつはそっくりさんじゃなく、Kだったんだなって目覚めてから思ったよ。だから今日は牛丼食ってからこの会場に来たんだ。」(T$UYO$HI)

写真:TAKAHIRO TAKINAMI

「いろいろあるけど、船は進んでいく。一緒に生きていきましょう!」(JESSE)
後半は「Friends」、「Leaf」と続き、「次の曲はずっとやりたかった、ライヴハウスの曲」とJESSEが前置きし「Place of Fire」、そして本編最後は「SUNTOWN」をプレイ。全ベクトルにエネルギーを解き放つ曲調は、新たなアンセム・ソングと言っても過言ではない求心力を誇示していた。

写真:TAKAHIRO TAKINAMI

アンコールに応えると、JESSEはKに対する積年の思いを吐露する。「Kとは月と太陽ぐらい違う。PTPは解散してないけど、やれない。俺はKの寿命は伸びたんじゃねえかって。GUNDOG、PTPをやって寿命が伸びたんじゃねえかと考えるようになった」と。さらに話は続き、The BONEZのメンバー4人とKのお墓や自宅に訪れたこと、JESSEが以前にKにあげた腕時計のことにも触れつつ、「今日はあいつ(K)をここに連れて来た。K、聴いてくれ」と付け加えた後、T$UYO$HIがKに対する思いを綴った「Sun forever」を披露。ステージ背面のスクリーンにはKとの思い出を刻んだLAの空、海、街並などが映像で流れ、曲の後半に入ると、JESSE、T$UYO$HIがそのスクリーンを見つめながら演奏に没頭する様が印象的であった。

1

2