H ZETTRIO

H ZETTRIO「SPEED MUSIC ソクドノオンガク」番組発EVENTパシフィコ横浜公演ライブレポート

ピアノトリオバンドH ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)が、tvk(テレビ神奈川)でホストを務める「SPEED MUSIC ソクドノオンガク」の番組LIVE/EVENT『Special Speed Music Night with H ZETTRIO』を先週末11/6(金)パシフィコ横浜国立大ホールにて決行した。人数規制を設けての開催となったが、温かい拍手に包まれつつ、無事にその幕を閉じた。

コンサートの模様を同時にオンラインで配信した本公演だったが、機材トラブルが発生し、当初の予定よりも少ないカメラ台数での配信となった。そのため、オンラインでの視聴者にむけて、編集を行ったアーカイブ映像完全版を2020/11/13(金)11:00〜11/15(日)23:59 までの3日間、配信する事が決まった。更にオンラインチケットの販売も11/15(日)21:00まで販売期間を延長され、生配信時には時間を取れなかったファンもこのLIVE/EVENTを追体験できることとなった。



以下にこのイベントのライブレポートをお届けする。

現在オンエア中の「SPEED MUSIC ソクドノオンガク」は、視聴者から新旧ジャンルを問わない日本の名曲のリクエストを募り、H ZETTRIOが独自のアレンジでカバーする番組で、それらの名曲と共に人生を歩んで来た世代と、この番組で初めて聴く若い世代との懸け橋になるというコンセプトが支持され2018年の番組開始以来一貫して高い評価を受けている。それだけに「初」のイベントとなる今回の公演はファンからの期待度が当初から高まっていた。

 開演前、距離を保ちつつの入場とはなったが、様々な時代の名曲をカバーするイベントとあって家族づれや多世代の客層が見受けられ、広いロビーにはファンの期待感があふれていた。機材トラブルもあり最初はロビー内開場となったが、時間差で客席への入場が開始された。まず目についたのは舞台中央に設置された大きなバルーン、そして左右のレトロ調なオブジェの装飾だった。それらの装置がいつものH ZETTRIOのライブとは少しちがった空気感を醸し出し、特別な雰囲気に包まれていた。

H ZETTRIO

いよいよライブがスタートする。客席の照明がゆっくりと落とされ、迫力のオープニング映像が中央のバルーンに映し出された。ほどなく後方中央の横断幕が左右に開き、強い逆光の中にメンバー3人が現れた。観客からは大きな拍手がわき起こり、ボルテージは一気に高まった。

まだ映像が続く中メンバーはそれぞれの持ち場へと移動。そこでもまた大きな拍手がわき起こり、実際に動くメンバーを肉眼で見られる喜びが感じられた。配信サイトでも、今回はStreaming +、LINE LIVE-VIEWING、PIA LIVE STREAMINGの3サイトにて行われたが、この登場時のつぶやきがかなり多く、会場も配信もオープニングですでに大きな盛り上がりを見せた。

H ZETTRIO

オープニング映像が終わると同時にH ZETT KOU(Dr)のカウントが始まり1曲目、1973年にリリースされた井上陽水の名曲「氷の世界」がスタート。中央バルーンには「氷の世界」のTVオンエア時の映像と実際のライブ映像がスイッチングされ大きく映し出される。そして間髪入れずに2曲目、シャ乱Qが1995年にリリースした名曲「ズルい女」がスタート。これもまたバルーンには放送時の映像が流され、毎曲ごとにバルーン映像と連動して進んでいく。


その後も名曲「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、「天体観測」、「ワインレッドの心」、「今夜はブギー・バック」、「ガッツだぜ!!」「踊るポンポコリン」など世代を超えた名曲がMCなどを挟むことなく次々に繰り出されていく。

そして石原裕次郎の名曲「夜露よ今夜も有難う」をラストナンバーとして最後までノンストップで駆け抜けた本編が終了した。


1

2