THE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEY、幾多の思い出を積み重ねてきたバンドの聖地・横浜アリーナに新たな歴史を刻んだ一夜

THE YELLOW MONKEYが30周年ライブの2本目となる「30th Anniversary LIVE -YOKOHAMA SPECIAL-」を横浜アリーナで開催した。

先日の東京ドームに続き、会場では新型コロナウィルスの感染対策はしっかりと取られていた。入場時にはお客さんの間隔を空け、規制入退場、接触確認アプリ「COCOA」のチェック、検温、消毒を徹底。座席は1席ずつ空け、政府のガイドラインに準じた会場の半分のキャパシティである6000人のお客さんが集まった。

THE YELLOW MONKEYにとって横浜アリーナは、1997年に開催した初のアリーナツアー「FIX THE SICKS」の幕開けの地であり、全国113本をまわった伝説のロングツアー「PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99」のファイナル4Daysを飾るなど、バンドのライブ史を語るうえで欠かせない会場だ。MCで吉井和哉(Vo/Gt)が「今日は“懐かしの横浜アリーナ”みたいなナンバーを用意してまいりました」と語ったこの日は、幾多の思い出を積み重ねてきたバンドの聖地に新たな歴史を刻む一夜になった。

THE YELLOW MONKEY

「ロッキーのテーマ」をSEに登場すると、菊地英二(Dr/以下アニー)のパワフルなドラムを皮切りに、廣瀬洋一(Ba/以下ヒーセ)のベース、菊地英昭(Gt/以下エマ)と吉井のギターがひとつずつ重なり、「パンチドランカー」からライブが幕を開けた。燃えるような真っ赤な照明が会場を染めた「BURN」、「楽園に行きましょう!」という吉井の高らかな宣言から、開放的なムードを作り上げた「楽園」へと、序盤から熱いステージが展開する。「今夜は俺たちのホームグランド、大好きな横浜アリーナでございます」と最初のあいさつ。
新型コロナ感染拡大防止に配慮して歓声を出せないお客さんに、「声はいらないから、体でください!」とレスポンスを求めると、99年の横浜アリーナのセットリストを踏襲するように、「TVのシンガー」と「ゴージャス」を続けて披露。アニーのカウントで突入した「O.K.」では、4人の姿をリアルタイムで合成したスクリーン映像でも魅了した。

THE YELLOW MONKEY

演奏が一息つくと、会場は長い拍手で包まれ、横浜アリーナという会場は、90年代後半にバンドがロンドンでレコーディングを行なっていた思い出とも密接なつながりがある会場だとMCで語った吉井。当時の「淡い切ない空気感を感じていただけたらいいなと思っています」と伝えると、「NAI」のエバーグリーンなサウンドが会場を優しく包み込んだ。
エマとヒーセがステージから伸びた左右の花道へと広がり、吉井が宇宙空間を遊泳するようなパフォーマンスを見せた「HOTEL宇宙船」、両手を大きく振って盛り上がった「SHOCK HEARTS」で会場が一体になった中盤。吉井が激しくギターをかき鳴らしたイントが口火を切り、圧倒的な混沌を作り上げた「天国旅行」は、この日のハイライトのひとつだった。

THE YELLOW MONKEY

1

2