ちゃんみなが日本武道館での初単独公演『THE PRINCESS PROJECT – FINAL – 』を開催!総勢15名のダンサーと共に合計30曲を披露し、エネルギッシュかつ盛りだくさんなパフォーマンスで会場を魅了!

10月15日(金)、ちゃんみなの日本武道館初単独公演「THE PRINCESS PROJECT – FINAL – 」が開催された。以下、その様子をレポートする。

ステージには中世ヨーロッパの城を思わせる巨大なセットが組まれている。中央に赤いピンクの大階段、その脇にバンドがセットされ(左からDr. Ba. Gt. Key.)、LEDスクリーンが2枚。さらにはステージの横にも275インチの大スクリーンが設置されている。城の塔の先端は天井の日本国旗に届きそうなほどの高さだ。とにかくセットに迫力がある。1964年以来続く日本武道館の歴史の中で、これほど巨大なセットが組まれたことがこれまであっただろうか?

客電が落ちると、ステージの城がピンクに浮かび上がり、フロアもピンクのペンライトに染まる。「Princess」のイントロが流れ、エレキギターの音色が静寂を切り裂く。大階段の頂上にはゆっくりと玉座が登場。座っているのはもちろんちゃんみなだ。威風堂々たる登場に、フロアのペンライトが一斉に揺れ、大胆にバンドアレンジされた「Princess」でライブがスタートした。

明滅する光と大量のスモークに包まれ、ダンサーたちがステージに登場し、ちゃんみなの背中のマントを広げる。それは数メートル先の大階段下にまで届くほどの長さで絨毯のように階段を覆い、巨大な文字で「THE PRINCESS PROJECT – FINAL – 」と記されている。こうして本公演の開幕がド派手に宣言された。

ちゃんみなの髪はピンクに染められている。重低音鳴り響く「FXXKER」「未成年」「You can’t win me」と初期の楽曲をメドレーでつなぎ、先日発表された3rdアルバム『ハレンチ』収録の「ディスタンス」を披露。ダンサーたちはステージ上でペアになり優雅なワルツを踊る。まるで「THE PRINCESS PROJECT – FINAL – 」というパーティーに招待されたオーディエンスをもてなしているかのようだ。その様を玉座から見下ろしていたちゃんみなも、やがてダンサーにエスコートされて階段を降りてくる。

「I’m a Pop」「美人」とヒット曲を続け、「日本武道館のステージに立つことができました。みなさまのおかげです。心からの感謝を伝えさせてください。みなさまのために、幼い頃の私のために、心を込めて歌わせていただきます」と最初のMCをしているあいだに、センターステージにはLEDの板でつくられた電話ボックスが登場。「Call」のイントロとともに電話ボックスに幻想的な映像が映し出される。ちゃんみなが中に入ると、ステージ横の大スクリーンには電話ボックス内に設置されたカメラを通したちゃんみなの姿が映される。電話ボックスの中と外の両方でパフォーマンスを楽しめるわけだ。この演出は、かつて彼女が閉じられた空間で孤独な時間を過ごしながら書きつづられた曲が、電話線を通して自分だけの耳元に届くように、今まさに多くの人々の心に届けられているさまを表現しているようだった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

1

2