デビュー50周年 松任谷由実 “待っていてくれた人たちが背中を押してくれたから、奇跡も起こせた” 全国ツアー「深海の街」全国63公演完走!

7月5日(火)にデビュー50周年を迎えた、松任谷由実。
最新アルバム「深海の街」を引っ提げた、全国ツアー「松任谷由実 コンサートツアー 深海の街 」が、7月8日(金)9日(土) 神戸国際会館こくさいホールにてファイナルを迎え、全63公演をみごと完走した。

約10カ月間に渡り、総動員数約15,7000人を動員

スライドショーには JavaScript が必要です。

2020年12月1日にリリースされた最新アルバム「深海の街」は、“世界史に残るコロナ禍だからこそ、シンガーソングライターとしてこの時代に作品として刻みたい” そんな想いから制作されたアルバム。今ツアーは当初の予定を延期し、アルバム発売の約10カ月後、2021年9月30日(木)、10月1日(金) 神奈川・よこすか芸術劇場よりスタートした。そこから約10カ月間に渡り、総動員数約15,7000人を動員した。

“待っていてくれた人たちが背中を押してくれたから、奇跡も起こせた”

スライドショーには JavaScript が必要です。

アルバムタイトル曲「深海の街」、ドラマ主題歌「知らないどうし」等、最新アルバム「深海の街」からのナンバーを中心に、代表曲「ひこうき雲」「カンナ8号線」「Hello, my friend」「ANNIVERSARY」等を披露。
中盤のMCで「昨年の9月からスタートしたこのツアーなんですけれど、最初は祈るような気持ちでステージに立っていました。でも、奇跡的に最後まで走りきれそうです。そして今日がゴール。誰に感謝したらいいのかわかりませんが、待っていてくれた人たちが背中を押してくれたから、奇跡も起こせたんだと思います。本当にありがとう。」と語った。

アンコールでは、神戸公演にちなんで神戸タワーを題材にした「タワー・サイド・メモリー」、「卒業写真」等を披露し、約2時間15分、全24曲を披露し、その幕を閉じた。

1

2