The BONEZ TOUR 2016「TO A PERSON THAT MAY SAVE SOMEONE」渋谷TSUTAYA O-EAST

-The BONEZというロックバンドが見せた”目に見えない何か”

The BONEZの最新アルバムにして最高傑作「To a person that may save someone」を引っ提げ、5月6日の梅田 CLUB QUATTRO公演より始まった、The BONEZ TOUR 2016「TO A PERSON THAT MAY SAVE SOMEONE」。この約2ヶ月に渡る全11公演のツアー・ファイナルが、7月15日 渋谷TSUTAYA O-EASTで開催された。

先の台湾Legacyでは、止むことのないBONER(The BONEZファン)の声援に応え、本ツアー初となるアンコール楽曲の解禁。既に伝説とも言える京都大作戦では、不慮のトラブル見舞われながらも、最高のライブに変えたパフォーマンス。
僅かな期間ながらも、The BONEZ自身のバンド力は、1つ1つのライブを通して着実に上がっていることが伺える。
こうして迎えたツアー・ファイナルはソールドアウトとなり、会場いっぱいのBONERで埋め尽くされる。S.E.のボリュームが上がると同時に、幕で覆われたステージ前面に映し出されたのは、宇宙、地上から見る星、幾つもの街に降り注ぐ星たち、そしてThe BONEZのロゴと共に、悠然としたJESSE、T$UYO$HI、ZAX、NAKAのシルエット。
次に幕が降りると、会場中を埋め尽くすBONERのシンガロングが、4人のメンバーを迎えいれた。

「Revolution」「Breath」を続け様にドロップし、ヒートアップしていく会場と共に、順調にステージが進んで行くかと思った矢先、ZAXのドラム・ペダルが破損し、演奏中断に見舞われる。
しかし、ここからがThe BONEZの真骨頂とも呼べる”人間力”が繰り広げられることとなる。フリースタイルでラップを始めるJESSE、それに続き自然と反応するT$UYO$HI、ZAX、NAKA。
慌てる素振りなど一切見せず、その時間さえもエンターテインしてみせるのがThe BONEZなのだ。
「GIMCRACK」で演奏を再開してフロアを乱舞させると、JESSEが「目に見えない大切な”何か”を見させる時間をエンターテインする、We Are The BONEZ!」と高らかに宣誓し、NAKAのソリッドなギターで始まりを告げる「Hello Monster」へ突入する。
サイケデリックな映像と共に送られた「1905」、コールアンドレスポンスが起こる「Remember」と、ステージとフロアが一体となった白熱のライブを繰り広げてゆく。
その間にも、またいくつものトラブルが発生していたのだが、全ての事象に難なく対応し、2度とない今日という日のライブを最高のものに変えていく姿勢は、頼もしさと美しさを兼ね備えた、4人のバンドマンそのものだった。

掛け替えのない時間を愛でるように奏でられた、壮大なバラード「Waking Up」では、フロアに立ち込めた熱を包み込むような暖かさに変えていき、普遍的な日常への愛を力強く放った。
アッパー・チューンの「Adam & Eve」に突入すると、JESSEがサークルモッシュが起こるフロアへなだれ込み、会場をまた沸点のピークへ向かわせる。
そして、The BONEZのメンバー同士、The BONEZとBONERの関係そのものを見事に表現した「Friends」、間髪入れず演奏された「Ray」と、会場全体が絶頂を迎え、今日最大のシンガロングに包まれた「Thread & Needle」まで見事に完走しきり、本編が終了した。
鳴り止まない会場からの歓声に、再度メンバーがステージに呼び込まれ、本ツアーを締めくくるに相応しい、巨大なサークルを作り上げた「Zenith」で、その全てを出し尽くし、大盛況の中で「TO A PERSON THAT MAY SAVE SOMEONE」の幕が降りた。

1

2