あいみょん 全公演ソールドアウトの全国ツアーを完遂!

3月31日、あいみょんがワンマンツアー『AIMYON TOUR 2018 -TELEPHONE LOBSTER-』のファイナルとなる東京公演を渋谷CLUB QUATTROで開催した。

同世代の幅広い表現者からの支持を受け、楽曲の評判が口コミでジワジワと広がると、年明けからは地上波の音楽番組へも次々に出演し、今回のツアーは全5公演がソールドアウト。
運良くチケットを入手できた満員のオーディエンスを前に、アンコール含め全19曲を熱唱した。

オープニングSEのフィンガー5“学園天国”が流れる中、サポートメンバーに続いて、白を基調とした衣装のあいみょんが登場し、一曲目は軽快なカントリー調の“ふたりの世界”。
笑顔で歌うあいみょんの姿に、会場中がハッピーなオーラに包まれる。
「ワン、ツー、スリー、フォー!」という威勢のいいカウントから始まった“幸せになりたい”、力強い歌声を響かせた“ジェニファー”と、やはりツアー最終日ということもあって、バンドとの連携も上々だ。

「今日は昨日よりも盛り上がって行きたいと思います。準備できてますか?楽しみましょう、よろしく!」と最初の挨拶をすませると、“好きって言ってよ”“マトリョーシカ”と続け、場内には手拍子が広がっていく。
さらに「東京のみなさん、踊れますか〜?」と呼びかけて始まったのは、人気曲の“愛を伝えたいだとか”。
井嶋啓介のベースを軸としたファンキーなグルーヴに乗って、あいみょん自身もノリノリで踊り、この日最初のクライマックスを作り上げた。

ここで一度サポートメンバーがステージを降りると、弾き語りコーナーへ。メッセージ性の強い“生きていたんだよな”では、歌声がさらに熱を帯びて行く。
MCでは「初めて見る人?」「遠くから来た人?」とオーディエンスにラフに話しかけて会話をし、シリアスな空気から一転、場内はアットホームな雰囲気に。
「いつもこのギターで曲を作ってるんだけど、次も家のソファで寝転がりながら作った曲」と言って、“わかってない”を力強く歌い上げると、再びサポートメンバーが登場し、森谷優里のドラマチックなピアノが印象的な“分かってくれよ”を披露した。

大ファンだというサルバトーレ・ダリの作品「ロブスターテレフォン」から今回のツアータイトルがつけられたこと、名古屋・福岡・大阪・東京が全公演ソールドアウトしたことに続いて、
「あいみょん」というニックネームを付けた地元の友達が大阪公演に来てくれたことを嬉しそうに話し、「大好きな大好きな大好きな友達の曲」と言って、“○○ちゃん”へ。ギターのミウラヒデアキをはじめとしたバンドの熱量高い演奏も加わって、爽やかな感動が広がった。

あいみょんと大塚雄士のドラムのみのプリミティブな編成で演奏される“憧れてきたんだ”に続いて、「後半戦盛り上がって行きましょう!」と呼びかけると、パンキッシュに疾走する“貴方解剖純愛歌〜死ね〜”から、「盛り上がれますかー?」と挑発的に盛り上げて、ロックンロールな新曲“夢追いベンガル”を披露。さらに“RING DING”を畳み掛けると、場内はこの日一番と言っていい盛り上がりを迎えた。

1

2