デーモン・アルバーン、プリンスとのコラボレーションを断った理由を明かす

デーモン・アルバーンはかつてプリンスとコラボレーションする可能性があったものの、プリンスがスタジオでの喫煙を許さない人であったために断ったことを明かしている。

現地時間5月31日、ゴリラズはニュー・アルバム『ザ・ナウ・ナウ』が6月29日にリリースされることが発表されており、更なるワールド・ツアーの日程も発表されている。数々のコラボレーションを行ってきたことで知られるデーモン・アルバーンだが、実現しなかった最大のコラボレーションの一つとして、プリンスからの誘いを断ったことを明かしている。

「ああ、行かなかったんだよ。ミネアポリスでライヴを終えて、その後でプリンスから一緒に演奏しないかってことで誘われたんだけどね」とデーモン・アルバーンは「ラジオX」に語っている。「けど、ほら、俺は酒も飲んでたしタバコも吸っていたからね。実はこの一件がダメになって、もう吸ってないんだけど、その時は自分のやり方でできないんならって感じになっちゃってね」

彼は次のように続けている。「もし俺が誰かを招待する時には、その人は俺のお客さんなわけだから、そういう状況は生まれないんだけどね。とにかく、タバコを吸いたければ外で吸うよみたいな感じでさ。それで、(実現したら)めちゃくちゃ興奮しただろうと思うけど、プリンスと一緒にいて、おかしなことなんてできないわけでね」

「そういうわけで、そんなことになってしまう前に、そこへ行かないことにしたんだ。可能性のあった話の一つだよ。そういう話がいくつかあるんだ」

デーモン・アルバーンは別のインタヴューで、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作が「ほぼ完成した」と語っている。

「ちょうど下の階で聴き直していたところなんだよ」とデーモン・アルバーンは「Beats 1」のゼイン・ロウに語っている。「だからそうだね、俺は完成したと思ってるよ」

デーモン・アルバーンは続けて、リリースを予定している自身の他の音楽についても言及している。「すごくエキサイティングな時期を過ごしているんだ」とデーモン・アルバーンは語っている。「今のところ、今年は素晴らしい1年になりそうだよ。南アフリカに行って素晴らしいアーティストたちと一緒にアルバムを作ったし、(ゴリラズの)『ザ・ナウ・ナウ』も作ったし、それからザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンもあるからね。そういうわけで、たくさんの音楽がリリースされるよ。うまく自分を編集できていることを願うよ。さもないと、みんな僕がやっていることに嫌気が差してしまうだろうからね」

関連NEWS

  1. ゴリラズ、6月に単独来日公演が決定

  2. プリンス、命日の前日となる4/20より“Nothing Compares 2 U”のプリンス・オリジナル版の配信が開始

  3. ゴリラズ、新作『ザ・ナウ・ナウ』を全曲演奏するワールド・プレミアとなる追加公演が決定

  4. プリンスの遺族、彼の治療にあたった医師に対しても訴訟を起こしたことが明らかに

  5. ゴリラズ、新作に収録される新曲”Hollywood”をライヴで初披露

  6. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  7. ゴリラズ、ニュー・アルバムからの新曲“Sorcererz”が公開

  8. ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、新曲“Gun To The Head”が公開

  9. ブラーのデーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーとの親密な友人関係について語る

  10. ノエル・ギャラガー、ゴリラズのロラパルーザ・パリ公演にゲストとして参加

  11. Damon Albarn

    Damon Albarn、フルームとのコラボレーションが今年リリースされるという噂が浮上

  12. ジャスティン・ティンバーレイクによるハーフタイム・ショウ、プリンスのホログラムが登場か

  13. blurの『シンク・タンク』のジャケットを含むbanksyの作品に類似疑惑が持ち上がる

  14. ブラーのグレアム・コクソン、ブラーとしてニュー・アルバムを制作する可能性について語る

  15. ブラーのアレックス・ジェームス、他にやることのない高齢のロック・ミュージシャンを批判