Vampire WeekendのEzra、最新作の日本盤でJude Lawとコラボした経緯を語る

Vampire Weekend

ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグは最新作『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』の日本盤ボーナストラックに参加しているジュード・ロウとの交友関係について語っている。

ジュード・ロウは“Lord Ullin’s Daughter”で古い詩を読み上げているが、アップル・ミュージックの「Beats 1」の番組でエズラ・クーニグは彼と長い友人関係にあることからジュード・ロウにアプローチしたと語っている。

「そう、僕はジュード・ロウのことはだいぶ前から知っているんだ。彼はヴァンパイア・ウィークエンドのライヴに来てくれて、それにいつも感謝していたんだよね。彼は僕の作ったアニメ『ネオ・ヨキオ』にも声で参加してくれてね。なんで、ずっと彼とは交友関係があるんだ」とエズラ・クーニグは説明している。

「彼がスコットランドの詩“Lord Ullin’s Daughter”を読み上げるというアイディアは持っていてね。この詩には『My bonny bride(私の美しい花嫁)』という一節があるんだ。本当に美しい詩でね。そして、このアルバムに取り組んでいる時、タイトルが『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』になることが分かったんだ」

「その詩とは素晴らしい繋がりがあるなとずっと思っていてさ。それでボーナストラックに取り組んでいる時に、そうだ! “Big Blue”のコードを使えないかと思ったんだ。ずっとあのコードがすきでね。これでもっとできると思っていたんだよ」

エズラ・クーニグは次のように続けている。「誰かにあの詩を読んでもらおうと思ったんだけど、ジュード・ロウにすることにしたんだ。彼は僕にとって頼りになる人だからね」

エズラ・クーニグはヴァンパイア・ウィークエンドの2020年の活動について「少し小さな都市」を回るツアーを行うことに決めたと説明している。

「今年はたくさんのライヴがあるんだけど、これまでに行ったことのない街に行くつもりなんだ。バーリントンやヴァーモントではこれまでやったことがないからね。アイダホ州ボイシ、モンタナ州ミズーラといった山にも登るつもりなんだ。これまでと同じか、それ以上に楽しみにしているよ。少し小さな都市でやるのは大好きなんだ」

ヴァンパイア・ウィークエンドは6月にニューヨークのガヴァナーズ・ボールのヘッドライナーを務めることが決定している。

関連NEWS

  1. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、新作より“This Life”のMVが公開

  2. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、新作が日本盤限定ジャケットで発売されることが決定

  3. Vampire Weekend

    Vampire Weekendのエズラ、2020年の大統領選でもバーニー・サンダースを支持すると語る

  4. Rostam

    元 Vampire WeekendのRostam、新曲「Changephobia」の音源が公開

  5. Vampire Weekend

    Vampire WeekendのEzra Koenig、バンドのプレッピーなイメージに対する後悔を明かす

  6. ヴァンパイア・ウィークエンド、4年ぶりとなったフル・ライヴで新曲のさわりを披露

  7. Vampire Weekend

    Vampire Weekendら、セントルイス・ブルースのNHL優勝を祝福するカヴァーを披露

  8. Vampire Weekend、3曲のスタジオ・ライヴ映像が公開

  9. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、“Harmony Hall”のMV公開を予告

  10. Rostam

    元Vampire WeekendのRostam、The Strokesの「Under Control」のカヴァーを公開

  11. ヴァンパイア・ウィークエンド、4年ぶりとなるUKでの公演が決定

  12. Chris Baio

    Vampire WeekendのChris Baio、ソロ作より2曲の新曲が公開

  13. Rostam

    元Vampire WeekendのRostam、新作のリリースを発表&新曲「4Runner」が公開

  14. VAMPIRE_RASHIDA

    Vampire Weekend、妻が出演していたアメリカの人気ドラマにオマージュを捧げる

  15. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、来週2曲の新曲をリリースすることを発表