オーストラリアのライヴ業界団体、政府に経済支援を要請することに

NEWS

オーストラリアの音楽業界は政府に対して新型コロナウイルスの蔓延防止のためコンサートやフェスティバルが中止になった場合、資金援助をするよう要請している。

オーストラリア政府はすでに世界に広がる新型コロナウイルスに対する対策の一環として100億ドルの経済刺激策を講じることを発表している。

しかし、業界団体のライヴ・パフォーマンス・オーストラリアは、今後数カ月で行われる大規模な音楽イベントの数々に先立ってライヴ業者の要求に「対処する必要がある」と警告している。

今後数カ月の間にオーストラリアではバイロン・ベイ・ブルーフェストやスプレンダー・イン・ザ・グラスといったフェスティバルの他に、グリーン・デイとフォール・アウト・ボーイとウィーザーによるヘラ・メガ・ツアーも行われる予定となっている。

米『ビルボード』誌によれば、ライヴ・パフォーマンス・オーストラリアのCEOであるイヴリン・リチャードソンはオーストラリアの芸術大臣を務めるポール・フレッチャーに手紙を出して、今回の事態が原因で仕事を失って損害をこうむっている業界や多くの従業員のために資金を必要としている旨を手紙で伝えたという。

「ライヴ・パフォーマンスは都市部と郊外のどちらにおいても重要な観光収入源となっており、したがって政府は新型コロナウイルスの蔓延に対する経済対策を講じる最前線とするべきです」とイヴリン・リチャードソンは述べている。

イヴリン・リチャードソンは現時点での健康面での対策はオーストラリアのライヴ業界にとって「通常通り」のものだが、「急速に変化する状況について、注意深く見続けている」と述べている。

アメリカでは新型コロナウイルスの世界的拡大を受けて延期となったSXSWが多数の従業員が解雇される事態となっている。

SXSWの延期はフェスティバル開催の1週間前に発表されており、参加者が世界各地から向かい始めていた。

マイアミで行われる予定だったUltra Music Festivalも延期となることが発表されている。

先日、グラストンベリー・フェスティバルの主催者は中止を危惧しているファンたちに向けて声明を発表している。「グラストンベリー・フェスティバルでは毎年のイベントが徹底的に計画されており、観客を守り、安全性を最大化するために必要なすべての対策を講じます」とイベント運営の最高責任者であるエイドリアン・クームスは次のように述べている。

「そうした考えをもって2020年のグラストンベリー・フェスティバル開催まではまだ16週間もあることを念頭に置きながら、新型コロナウイルスの状況と動向を注意深く見ながら、私たちはイベント実現に向けて計画し、準備を続けていきます」

関連NEWS

  1. Troye Sivan&Tate McRae&Regard

    Troye Sivan&Tate McRae&Regard、コラボ曲「You」の音源が公開

  2. スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ

  3. Paul Stanley

    KISSのPaul Stanley、2度目の新型コロナウイルスのワクチンを摂取したことが明らかに

  4. チリー・ゴンザレス、世界中のミュージシャンを招くワークショップを開催へ

  5. Tash Sultana

    Tash Sultana、新曲“Pretty Lady”をMVと共に公開

  6. Pinegrove

    Pinegrove、最新作より“Endless”のアコースティック弾き語り映像が公開

  7. Billboard

    Billboard、マーチャンダイズやライヴのチケットと合わせた音楽セールスの算入方法を変更

  8. SORRY

    Sorry、今週リリースの新作より新曲“As The Sun Sets”のMV公開

  9. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、来年ニュー・アルバムをリリースか

  10. ONE OK ROCK 静岡・渚園での野外ライブ映像化決定

  11. Soccer Mommy

    Soccer Mommy、2月リリースの新作より新曲“circle the drain”のMVが公開

  12. ビートグランプリCHILL/AMBIENT2020の大会結果が「SUPER DOMMUNE」にて発表

  13. Kid Cudi

    Kid Cudi、『サタデー・ナイト・ライヴ』のパフォーマンス映像が公開

  14. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立

  15. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに