Jah Shakaの訃報を受けて悼の声が寄せられることに

Jah Shaka

ズールー・ウォーリアーの異名でも知られるジャー・シャカに追悼の声が寄せられている。享年75歳だった。

ジャマイカ生まれのシンガー/プロデューサー/ミュージシャン/レーベル・オーナーであるジャー・シャカはUKのサウンドシステム・カルチャーの先駆者で、70年代前半からルーツ・サウンドシステムを展開して、シーンでも最も重要なアルバムをリリースし、ジャー・シャカ・サウンドシステムを率いてきた。

サウンドシステム・カルチャーはハウスやダブステップといったダンス・ミュージックに影響を与え、ノッティングヒル・カーニヴァルやグライムといった歴史的なカルチャーの礎となった。

訃報は近い友人によって発表されており、DJのジャンピング・ジャック・フロストは次のように追悼の意を表している。「王の中の王が私たちの下を去った。最高のサウンドマンだった」

ダブステップ・プロデューサーのザ・バグは次のように述べている。「あまり多くの人が気にかけてない頃からダブに命を吹き込んできた英雄的人物だった。彼の情熱とセレクションに釘付けになって何度もオールナイトを過ごした」

ジャー・シャカは1956年にウィンドラッシュ世代としてロンドンの南東部に移民としてやってきたという。彼は渡航中に黒人に向けられた敵意と人種差別を目撃したと語っている。

「アフリカを離れてカリブ海に向かった時、持っていくことができたのは故郷の音楽と曲、思い出だけでした」とジャー・シャカは2014年にレッド・ブル・ミュージック・アカデミーの講義で語っている。

「だから、長年にわたって、それだけが人々を団結させるものでした。1950年代、1960年代のロンドンにおいては家でパーティーが開かれていました。50人や60人の人々とレコード・プレイヤーがあるだけで、それがある一家が別の一家と知り合う手助けになったのです。それは当時重要なことでした。というのも、人々は隔離されていたからです」

サッチャー時代のロンドンでサウンドシステムの前線での奮闘を描いた1980年公開のカルト映画『バビロン』にジャー・シャカは本人役で出演しており、こうしたカルチャーを紹介している。

彼のスピリチュアルなメッセージと独自のサウンドはアイレーション・ステッパーズ、ジャー・ウォーリアー、スリッツ、パブリック・イメージ・リミテッドらに影響を与えることになった。

トレヴァー・ジャクソンは彼の与えた影響について次のように述べている。「私の時代にはたくさんのワイルドなクラブでの体験があったが、ベースのパワーに圧倒されながら、ぼやけた頭と視界でロンドンのロケットに行くのに勝るものはなかった。黎明期、神聖なサウンド、マスター」

ネイディーン・ホワイトはジャー・シャカの次の言葉を引いている。「サウンドシステムは平和のメッセージを届け、人々を結束させるための手段として形成されたんだ」

関連NEWS

  1. Melissa Elliott

    Melissa Elliott、“Why I Still Love You”のMVが公開

  2. Roddy Ricch

    Spotify、今夏最もストリーミング再生された曲のランキングを発表

  3. ユニバーサル・ミュージック・グループ

    UNIVERSAL MUSIC GROUP、ウクライナ侵攻を受けてロシアでの営業を停止

  4. The Cheserasera

    The Cheserasera 新曲「ワンモアタイム」MV公開

  5. Spotify

    Spotify、来年プレイリストを開封できる機能「プレイリスト・イン・ア・ボトル」を発表

  6. locofrank

    locofrank、今ツアー2020年3/22を最後に21年連れ添ったドラムTatsuyaの脱退を発表

  7. Why Don't We

    Why Don’t We、最新シングル“Chills”のMVが公開

  8. 世界でストリーミングされている10曲のうち1曲がUKのアーティストという調査結果が明らかに

  9. tonesandi

    Shazam、これまでで最も検索された楽曲のランキングを発表

  10. Terry Tolkin

    オルタナティヴ・ミュージックという言葉の生みの親と言われるTerry Tolkinが逝去

  11. BONOBO

    BONOBO& JON HOPKINS、4月に来日公演が決定

  12. OAU

    OAU Tour 2023 Tradition at 人見記念講堂 より「夢の続きを」のライブ映像を先行解禁

  13. Twitter

    Twitter、音楽の著作権侵害の疑いで全米音楽出版社協会から訴訟を起こされたことが明らかに

  14. Paul Barrere

    Little FeatのPaul Barrereが逝去。享年71歳

  15. HMV

    HMV、ロンドンのオックスフォード・ストリートに旗艦店が4年ぶりに復活することが決定

  1. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、STUTSと共同制作した「Celebrate」が新作の日本盤に…

    2024.04.23

  2. Nathaniel Rateliff

    Nathaniel Rateliff、新作のリリースを発表&新曲「Heartless」の音…

    2024.04.23

  3. a flood of circle

    a flood of circle『Honey Moon Song』代々木野音ライブ映像公開

    2024.04.22

  4. 胸騒ぎ

    クリスチャン・タフドルップ監督最新作『胸騒ぎ』、違和感を抱く会…

    2024.04.22

  5. KYGO

    KYGO、Nile Rodgers&Zak Abelとのコラボとなる「For Life」がMVと…

    2024.04.22

  6. Lava La Rue

    Lava La Rue、来たるデビュー作より新曲「Humanity」がMVと共に公開

    2024.04.22

  7. Josh Freese

    Foo FightersのドラマーのJosh Freese、バンドに加入した時の心境を…

    2024.04.22

  8. Alfie Templeman

    Alfie Templeman、ニュー・シングル「Hello Lonely」がリリック・ビ…

    2024.04.22

  9. Arooj Aftab

    Arooj Aftab、来たる新作より「Raat Ki Rani」がMVと共に公開

    2024.04.22

  10. Bar Italia

    Bar Italia、5月に行われる初来日公演のサポート・アクトが決定

    2024.04.22

  1. DEAD POP FESTiVAL 2024、最終出演アーティスト&各日出演ステージ…

    2024.04.19

  2. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’24、タイムテーブルを発表

    2024.04.16

  4. JOIN ALIVE 2024、第一弾出演アーティスト発表

    2024.04.11

  5. SUMMER SONIC 2024、第3弾追加アーティストを発表

    2024.04.10

  6. METROCK

    METROCK2024 全出演アーティスト発表、第7弾出演アーティストにNEWS…

    2024.04.05

  7. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、BIG BEAT CARNIVALセッションゲストにThe Bi…

    2024.04.03

  8. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  9. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2024.04.01

  10. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22