Daft Punk、映画『トロン: レガシー』の続編に参加すると報道

Daft Punk

ダフト・パンクはディズニーで制作されるジョセフ・コシンスキー監督による映画『トロン: レガシー』の続編に参加するという。

ダフト・パンクが出演し、サウンドトラックを手掛けた2010年公開の映画『トロン: レガシー』の続編が制作されることをウォルト・ディズニー・スタジオの音楽&サウンドトラック部門の取締役であるミッチェル・リーブは認めている。

映画『ミッション:インポッシブル』シリーズのポッドキャスト「ライト・ザ・フューズ」でミッチェル・リーブはこのニュースを明かしており、ダフト・パンクのマネージャーであるポール・ハーンとのミーティングが行われたとも語っている。「今は『トロン』の続編を作るのが楽しみなんだ。『トロン3』を作っているんだよ」

ミッチェル・リーブは既に脚本も完成していると語っており、「非常に興奮したものすごい脚本なんだ」と述べている。

続編に青信号が出るまでここまでかかった理由についてミッチェル・リーブは次のように語っている。「数年前だとタイミングとして適切ではなかったんだけど、今がそのタイミングだと思うんだ。前作から多くの教訓を僕らは学んだからね」

彼は次のように続けている。「最優先はもう一度ダフト・パンクに参加してもらうことで、彼らがやりたいか見ていたんだ。誰が監督するかも分かっていない。ジョセフ・コシンスキーに戻ってきてもらって、もう1作作ってもらえたらと思っているけどね。多くのことをふさわしい形にしないといけないよね」

先日、ダフト・パンクはダリオ・アルジェント監督の最新作『オッキアーリ・ネーリ(黒眼鏡)』のスコアを担当するのではないかと噂されていた。

関連NEWS

  1. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』より俳優陣がクイーンになるまでを語った映像が公開

  2. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、日本オリジナル予告編映像が公開

  3. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『ジギー・スターダスト』の東阪Zepp上映に鋤田正義の出演が決定

  4. Travis Scott

    Travis Scott、Christopher Nolan監督作『TENET』に提供した“The Plan”を予告

  5. ボブ・ディラン、7/17に東阪Zeppで『ドント・ルック・バック』の上映が決定

  6. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』、11/9に日本公開が決定&日本盤予告編も公開

  7. Miley Cyrus

    Miley Cyrus、『チャーリーズ・エンジェル』の新作にAriana GrandeやLana Del Reyとのコラボ曲を提供

  8. ダリダ~あまい囁き~ コラボ企画でティーキャラバン

  9. Rami Malek

    Rami Malek、映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかに

  10. © 2020 A Gift From Bob Production Ltd. All Rights Reserved.

    世界中を感動に包んだ映画の続編『ボブという名の猫2』(仮)が2021年公開!

  11. 映画『ベイビー・ドライバー』のサウンドトラック第2弾、4/25に発売が決定

  12. Motley Crue

    Motley Crueのニッキー・シックス、伝記映像作品に寄せられている批判について語る

  13. 映画『スパイナル・タップ』、日本劇場初公開に寄せて著名人からの応援コメントが到着

  14. Michael Jackson

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデューサー、Michael Jacksonの生涯の映画化権を獲得

  15. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』の公式サイトが公開