『カオス・ウォーキング』幻の本編未収録シーン解禁

カオス・ウォーキング

先週12日(金)についに公開となった『カオス・ウォーキング』。
その壮大な世界観、斬新な設定はもちろん、<毛皮のコート×十字傷×ウエスタンハット>の色気ダダ漏れなマッツ・ミケルセンに心酔した人も少なくないだろう。
SNSでは、「もふもふマッツさん最高」、「マッツはお顔に傷があってたいへんエロい悪マッツでした」、「マッツの【長】としての存在感は最強」などと、盛り上がりをみせている。そんなマッツファン垂涎の本編未収録映像がこのたび解禁となった。

映像には、頭の中の思考や想像が露わとなる‟ノイズ“のコントロール方法を、プレンティス(マッツ・ミケルセン)が子供たちに指南する場面が収められている。「ナイフは肌身離さず持つ。
それが男だ」と意気込む少年は、幼いトッド。愛嬌のある顔立ちがトム・ホランドに少し似ている。一方、《息子はこの僕だ。なぜ こいつが》というトッドへの嫉妬心が‟ノイズ”として露わになりながらも、すまし顔をしている少年は、幼いディヴィ。
ニック・ジョナスが演じる役の少年時代だ。そんな二人に、プレンティスは「ノイズは力になる」と教え、それを使うには「訓練が要る」とも。
「まずは“タカ”を思い浮かべるんだ」と、トッドが出した小さなタカに対して、巨大なタカを具現化してみせるプレンティス。
『キング・アーサー』(04)のトリスタン役でもタカを操っていたが、こんなにもタカが似合う男はマッツをおいて他にいないだろう。
もはや反則級の色気を醸し出す、マッツファン垂涎の超貴重映像となっている。
『カオス・ウォーキング』は絶賛公開中。

カオス・ウォーキング

出演:トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、デミアン・ビチル、シンシア・エリヴォ、ニック・ジョナス、デヴィッド・オイェロウォ
原作:『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著(東京創元社) 脚本:パトリック・ネス&クリストファー・フォード 監督:ダグ・リーマン
【原題】CHAOS WALKING/2021年/アメリカ・カナダ・香港/英語/109分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/G/字幕翻訳:大西公子
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ cw-movie.jp
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

関連NEWS

  1. クイーン、11/17のNHK「SONGS」で特集が放送されることに

  2. アンテベラム

    ショーン・マッキトリックが新たに放つパラドックス・スリラー『アンテベラム』今年秋、全国公開決定

  3. The Sex Pistols

    The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品が公開されることが決定

  4. 孤高のMC“般若”自身初の長編ドキュメンタリー映画 『その男、東京につき』 DVD&Blu-ray リリース決定

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』よりライヴ本編映像が公開

  6. 朝が来る

    河瀨直美監督最新作『朝が来る』予告篇&場面写真解禁

  7. ボブ・マーリー、新たな伝記映画が制作中であることが明らかに

  8. 映画『アリー/スター誕生』、当初ジャック・ホワイトが主人公に想定されていたことが明らかに

  9. 第34回東京国際映画祭、オープニング作品に『クライ・マッチョ』、クロージング作品に『ディア・エヴァン・ハンセン』が決定

  10. Bono&Halsey&Pharrell Williams

    Bono&Halsey&Pharrell Williamsら、映画『SING/シング2』への出演が決定

  11. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、全世界での興行収入が1000億円を突破したことが明らかに

  12. エミネム、自身がプロデュースしたラップ・バトル映画『ボディード』の新たな予告編が公開

  13. ワン・プラス・ワン

    ジャン=リュック・ゴダール × ザ・ローリング・ストーンズ 『ワン・プラス・ワン』 高橋幸宏さんら寄稿、豪華レコードデザインのパンフレット発売決定

  14. クーリエ:最高機密の運び屋

    『クーリエ:最高機密の運び屋』、B・カンバーバッチの激やせシーン映像&役作りエピソードを解禁

  15. The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品の最初の写真が公開