Metallica、自身のチャリティ団体を通して新型コロナウイルスの支援団体に再び寄付を行うことに

Metallica

メタリカは自身の非営利団体「オール・ウィズイン・マイ・ハンズ・ファウンデーション」を通して新型コロナウイルスの支援団体に29万5000ドル(約3200万円)を寄付している。

メタリカは4月にもオール・ウィズイン・マイ・ハンズ・ファウンデーションを通して35万ドル(約3800万円)を寄付している。

メタリカの曲名にその名前が由来するオール・ウィズイン・マイ・ハンズ・ファウンデーションによる今回の寄付はフィーディング・アメリカ、ダイレクト・リリーフ、クルー・ネイション、ミュージケアーズ、USBGナショナル・チャリティ・ファウンデーションの5団体に分配される。

5月にメタリカはファンに寄付を呼びかける「マンス・オブ・ギヴィング」と題したチャリティ企画も発表している。これは「自分たちが助成金を通して援助している新型コロナウイルス対策のための別々の団体を紹介し、そうした団体が行っていることを説明し、寄付の方法を呈示して、一部マーチャンダイズからの売上をメタリカも寄付する」ものとなっている。

メタリカはオール・ウィズイン・マイ・ハンズ・ファウンデーションへの寄付が今回の支援金に役立てられていると述べている。

「メタリカ・ファミリーの寛大なる貢献に感謝するよ」とバンドはソーシャル・メディアで述べている。

「みんなのおかげでオール・ウィズイン・マイ・ハンズ・ファウンデーションによる2回目の新型コロナウイルスに対する救済助成金が可能になったんだ」

ここ数年にわたってメタリカは様々なチャリティ団体に寄付を行っており、今年1月にはオーストラリアで起きた大規模な森林火災に75万ドルを寄付している。また、2019年のヨーロッパ・ツアーでは全体で150万ユーロを地元のチャリティ団体に寄付している。

メタリカは新型コロナウイルスのパンデミックの中で新曲に取り組んでいることを明かしており、ベーシストであるロバート・トゥルージロは最新情報を明らかにしている。

「毎週、コミュニケーションをとっているんだけど、素晴らしいよ。だから、完全に繋がってるんだ。やり始めたことは基本的に自宅スタジオで集中して、家でクリエイティヴになってアイディアを探して、新たなアイディアを作っていくということなんだ」

関連NEWS

  1. Metallica

    MetallicaのKirk Hammett、ワウ・ペダルを使ったギター・バトルで敗北する映像がオンラインに

  2. Metallica

    Metallica、来年アメリカの5つのフェスティバルでヘッドライナーを務めることを発表

  3. Queen

    Queen、Freddie Mercuryのトリビュート・コンサートをYouTubeで配信

  4. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、リル・ピープについて初期のメタリカのようと語る

  5. METALLICA

    Metallica、新作からのファースト・シングル「Lux Æterna」の日本語のリリック・ビデオが公開

  6. Metallica

    Metallica、特設サイトで謎のカウントダウンを開始

  7. Metallica

    Metallica、バンドのブランドのウイスキーを同梱したボックスセットが発売されることに

  8. Metallica

    Metallica、MLBのジャイアンツ戦前にアメリカ国家を演奏した映像が公開

  9. Lars Ulrich

    MetallicaのLars Ulrich、難病を抱える2歳児とZoomで面会を果たしたことが明らかに

  10. Black Sabbath

    Black SabbathのTony Iommi、リハビリを受けるMetallicaのJames Hetfieldにメッセージを送る

  11. Metallica

    Metallica、今月行ったチャリティ・ライヴで1億3000万円を集めたことを発表

  12. taipei-houston

    Taipei Houstonによる初めてのライヴの映像が公開

  13. Metallica

    Metallica、ヴァージニア州にあるアナログ盤プレス工場の筆頭株主となったことが明らかに

  14. Metallica

    Metallica、貴重なシカゴ公演から「Cyanide」のライヴ映像が公開

  15. Metallica

    Metallica、『メタリカ&サンフランシスコ交響楽団:S&M²』の日本版長編予告映像が公開