The Rolling StonesやGreen Dayら、政治における音楽使用について公開書簡に署名

The Rolling StonesやGreen Day

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、グリーン・デイ、ロード、ブロンディ、R.E.M.らは政治集会での許可なき音楽使用を禁じる公開書簡に署名している。

ドナルド・トランプ大統領が集会でザ・ローリング・ストーンズの楽曲を使用したことについて以前も非難していたミック・ジャガーだが、大統領選挙を前にアーティスト・ライツ・アライアンス(ARA)の長大なリストに名前を連ねている。

アーティスト・ライツ・アライアンスによる公開書簡はアメリカの主要政党委員会に「政治活動や選挙運動の公の場で音楽を使う前にレコーディング・アーティストやソングライター、著作権所有者の同意を求める必要のある明らかな方針を確立する」よう求めている。

他にもキース・リチャーズ、パール・ジャム、コートニー・ラヴ、エルヴィス・コステロ、パニック!アット・ザ・ディスコといった有名アーティストがこの公開書簡に署名している。

公開書簡は民主党と共和党の全国委員会、下院委員会、上院委員会に宛てられたもので、アーティスト・ライツ・アライアンスは誰が音楽を使えるかの最終的な決定権は音楽制作者にあり、政治活動は集会で音楽を使う場合は許可を求めなければならないとしている。

公開書簡では次のように述べられている。「多くのアーティストや遺産管理団体が自身の意志に反した政治に巻き込まれ、音楽の使用を止めるために大胆な行動を取らなければならないというのを観てきました。多くは政治集会で楽曲が流されるというものです。それによってファンは混乱したり失望したりして、アーティストの長期的な収入を減らすこともあり得るのです。概ねそれは正しくはないものです」

「そうしたアーティストの多くは私たちの相逢している音楽を作るのに人生を費やしてきました。最低でもそれは彼らの判断にすべきです。この党派性の強い時代ではなおさらです。多くの音楽制作者がこの問題を懸念しており、行動を起こし、ちゃんと声を聞いてもらうべき時なのです」

先日、ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領が集会で自身の楽曲を使用していることについて訴訟を起こそうと考えを改めたと述べている。

ドナルド・トランプ大統領への批判を行ってきたニール・ヤングだが、“Rockin’ In The Free World”が今年の集会でも複数回使われている。

リンキン・パークも“In The End”が集会で使用されたことを受けて使用禁止命令を出しており、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズやパニック!アット・ザ・ディスコ、ザ・ローリング・ストーンズもドナルド・トランプ大統領に楽曲を使用しないように求めていた。

関連NEWS

  1. ローリング・ストーンズ、マンチェスター公演にリアム・ギャラガーが出演しなかった理由を語る

  2. Green Day

    Green Day、新曲「Here Comes The Shock」が公開

  3. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、新作の発売を記念して650人の前でLady Gagaとシークレット・ライヴを敢行

  4. Mick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、ドナルド・トランプ大統領とボリス・ジョンソン首相を批判

  5. Let-It-Bleed

    The Rolling Stones、『Let It Bleed』50周年記念盤のリリースが決定

  6. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、ミニ・ドキュメンタリー・シリーズ「クロニクルズ」の公開を開始

  7. Ronnie Wood

    The Rolling StonesのRonnie Wood、Chuck Berryのトリビュート作をリリース

  8. Lars Ulrich、Charlie Watts

    Lars Ulrich、Charlie Wattsに追悼の意を表明

  9. brian jones

    The Rolling StonesのBrian Jones、新たなドキュメンタリーで死を巡る新証拠が明らかに

  10. Green Day

    Green Day、新曲の一部をスタジオでかける映像をインスタグラムで公開

  11. Mick Jagger

    Mick Jagger、亡くなって1年となるCharlie Wattsに追悼の意を表明

  12. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、『ハックニー・ダイアモンズ ’24ツアー』キックオフ記念Tシャツ予約受付開始

  13. Green Day、『Nimrod』の25周年盤より「Nice Guys Finish Last」のライヴ音源が公開

  14. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、「ノー・フィルター」ワールド・ツアーの興行成績が歴代8位に

  15. Billie Joe

    Green DayのBillie Joe、“A New England”のカヴァー音源が公開

  1. 森高千里、デビュー37周年記念日にライヴ音源【from『「この街」TOU…

    2024.05.25

  2. Paul Weller

    Paul Weller、新作の発売を記念して非売品コースターがもらえる感想…

    2024.05.24

  3. Gayle

    Gayle、来日公演を記念して東京ビジュアルアーツ・アカデミーにてト…

    2024.05.24

  4. 「UKFC on the Road」第二弾でHelsinki Lambda Club、POLYSICS、 th…

    2024.05.24

  5. ゲスの極み乙女

    ゲスの極み乙女『ディスコの卵』のCD化が発売決定

    2024.05.24

  6. Noel Gallagher

    Noel Gallagherらが出演するドキュメンタリー『CAMDEN』のトレイラ…

    2024.05.24

  7. Bon Jovi

    Bon Jovi、ポップアップ・ストアが6月7日から23日までオープンする…

    2024.05.24

  8. エターナルメモリー

    年度アカデミー賞ノミネート『エターナルメモリー』公開決定!本ポ…

    2024.05.24

  9. Billie Eilish

    Billie Eilish、『HIT ME HARD AND SOFT』について語る公式インタヴ…

    2024.05.24

  10. Tame Impala

    Tame ImpalaのKevin Parker、カタログの権利をソニー・ミュージック…

    2024.05.24

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13