The Rolling StonesやGreen Dayら、政治における音楽使用について公開書簡に署名

The Rolling StonesやGreen Day

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、グリーン・デイ、ロード、ブロンディ、R.E.M.らは政治集会での許可なき音楽使用を禁じる公開書簡に署名している。

ドナルド・トランプ大統領が集会でザ・ローリング・ストーンズの楽曲を使用したことについて以前も非難していたミック・ジャガーだが、大統領選挙を前にアーティスト・ライツ・アライアンス(ARA)の長大なリストに名前を連ねている。

アーティスト・ライツ・アライアンスによる公開書簡はアメリカの主要政党委員会に「政治活動や選挙運動の公の場で音楽を使う前にレコーディング・アーティストやソングライター、著作権所有者の同意を求める必要のある明らかな方針を確立する」よう求めている。

他にもキース・リチャーズ、パール・ジャム、コートニー・ラヴ、エルヴィス・コステロ、パニック!アット・ザ・ディスコといった有名アーティストがこの公開書簡に署名している。

公開書簡は民主党と共和党の全国委員会、下院委員会、上院委員会に宛てられたもので、アーティスト・ライツ・アライアンスは誰が音楽を使えるかの最終的な決定権は音楽制作者にあり、政治活動は集会で音楽を使う場合は許可を求めなければならないとしている。

公開書簡では次のように述べられている。「多くのアーティストや遺産管理団体が自身の意志に反した政治に巻き込まれ、音楽の使用を止めるために大胆な行動を取らなければならないというのを観てきました。多くは政治集会で楽曲が流されるというものです。それによってファンは混乱したり失望したりして、アーティストの長期的な収入を減らすこともあり得るのです。概ねそれは正しくはないものです」

「そうしたアーティストの多くは私たちの相逢している音楽を作るのに人生を費やしてきました。最低でもそれは彼らの判断にすべきです。この党派性の強い時代ではなおさらです。多くの音楽制作者がこの問題を懸念しており、行動を起こし、ちゃんと声を聞いてもらうべき時なのです」

先日、ニール・ヤングはドナルド・トランプ大統領が集会で自身の楽曲を使用していることについて訴訟を起こそうと考えを改めたと述べている。

ドナルド・トランプ大統領への批判を行ってきたニール・ヤングだが、“Rockin’ In The Free World”が今年の集会でも複数回使われている。

リンキン・パークも“In The End”が集会で使用されたことを受けて使用禁止命令を出しており、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズやパニック!アット・ザ・ディスコ、ザ・ローリング・ストーンズもドナルド・トランプ大統領に楽曲を使用しないように求めていた。

関連NEWS

  1. Green Day、Fall Out Boy、Weezer

    Green Day、Fall Out Boy、Weezer、北米ツアーの振替日程が決定

  2. パール・ジャム、新作について2019年のリリースになることを示唆

  3. brian jones

    The Rolling StonesのBrian Jones、新たなドキュメンタリーで死を巡る新証拠が明らかに

  4. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、新たな映像作品より“(I Can’t Get No) Satisfaction”の映像が公開

  5. Mick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、グラストンベリーの出演は不安だったことを明かす

  6. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、Jimmy Page参加の未発表曲“Scarlet”のMVが公開

  7. Mick Jagger

    The Rolling StonesのMick Jagger、ドナルド・トランプ大統領とボリス・ジョンソン首相を批判

  8. Guns N' RosesのSlash

    Guns N’ RosesのSlash、少年時代のStonesのメンバーとの関わりについて語る

  9. Billie Joe

    Green DayのBillie Joe、米大統領選でジョー・バイデンを支持することを表明

  10. Green Day

    Green Day、初となる書籍を10月に刊行することが明らかに

  11. Festivals

    ワーナー・ミュージック・グループ、所属アーティストのライヴ映像を配信するオンライン・フェスを開催

  12. Mick Jagger

    Mick Jagger、新型コロナ禍のレコーディングについて語る

  13. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、新曲“Living In A Ghost Town”のMV公開

  14. Green Day

    Green Day、アメリカン・ミュージック・アウォーズ授賞式のパフォーマンス映像が公開

  15. ブルース・スプリングスティーン、マイケル・スタイプ、パティ・スミスがニューヨークで共演

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』にまつわ…

    2020.09.20

  2. Nick Mason

    Pink FloydのNick Mason、“One Of These Days”のライヴ映像が公開

    2020.09.20

  3. The Who

    The Who、2006年にスイスで行われたライヴの続編映像が公開

    2020.09.20

  4. Champlin Williams Friestedt

    Champlin Williams Friestedt、最新作より“Love In The World”のMV…

    2020.09.20

  5. Mastodon、未発表曲“Fallen Torches”のMV公開

    2020.09.20

  6. Suede

    Suede、2010年の再結成ライヴ映像をYouTubeで公開

    2020.09.20

  7. Sid Mccray

    Bad Brainsのオリジナル・シンガーであるSid Mccrayが逝去

    2020.09.20

  8. Nirvana

    Nirvana、かつて男性ストリッパーと5人制サッカーをした逸話が明ら…

    2020.09.20

  9. 加山雄三

    加山雄三、豪華アーティストの作詞・作曲によるデビュー60周年記念…

    2020.09.20

  10. Frederick "Toots" Hibbert

    Toots & the MaytalsのFrederick “Toots” Hibbert…

    2020.09.20

  1. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  2. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス、第4弾アーティストにNot…

    2020.09.02

  3. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020、第3弾出演アーティストにOAU、怒髪天、四…

    2020.08.28

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  5. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  6. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  7. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14