Arctic Monkeys、救済のためにギターを提供されたライヴハウスが感謝の意を表明

Arctic Monkeys

アークティック・モンキーズは地元シェフィールドのライヴハウス、リードミルなどを救うためにアレックス・ターナーの黒のフェンダー・ストラトキャスターを抽選に出したことで感謝されている。

アークティック・モンキーズは新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けたリードミルや独立系の地元ライヴハウスのための資金を集めようと、ザ・リードミルでの公演を含むバンドの初期の公演や2006年のレディング・フェスティバルで使用された黒のフェンダー・ストラトキャスターを提供している。

抽選型のクラウドファンディングはミュージック・ヴェニュー・トラストとその「セイヴ・アワー・ヴェニュー」キャンペーンと協力して行われており、現地時間8月25日18時まで申し込みが受け付けられているが、既に目標額の10万ポンド(1380万円)を突破している。

「10万ポンドを超えるなんて信じられません」とリードミルのジェネラル・マネージャーのレベッカ・ウォーカーは『NME』に語っている。「すごい量の金額で、会場のレンガやモルタルだけでなく、スタッフのキー・メンバーを守ってくれることになるはずです」

「恐縮ですし、感謝しています。私たちの話を聞いてくれて、連絡をとらせてくれたその寛大さには感謝しきれません。彼らにとっては1本のギターですが、私たちにとっては生命線です。営業を続けられるかがかかっているのです」

どうやってバンドの協力をとりつけたのかについてレベッカ・ウォーカーは次のように語っている。「シェフィールドにいる人であれば誰でもアークティック・モンキーズと知り合いの人物を知っています。彼らについての話を持っていない人のほうが少ないくらいです。たまたま私は彼らと繋がりのある人物を知っていたので、4月に連絡をとったところ、マネージメントは『彼らに話をしてみたら、君が問題なければ会いたいと言っているんだけど』と言ってくれました。どれだけビッグか、世界のどこに住んでいるかに関係なく、故郷のライヴハウスの危機になお関心を持ってくれていることを知って素晴らしかったです。彼らは喜んで手伝ってくれました」

「ヒルズボロやクルックスといた地元のほか、日本からブラジルまで世界中から寄付が寄せられています」

アークティック・モンキーズへのメッセージを訊かれてレベッカ・ウォーカーは『NME』に次のように語っている。「本当に感謝していますし、いつだって私たちのステージで演奏することを歓迎します。いつにせよ、みなさんがシェフィールドに来るのが待ちきれません。その時は必要だったらソーシャル・ディスタンスの上で大きなハグをさせてください。人々が職を維持し、会場を存続させていくのには長い道のりとなるでしょう」

抽選は一口5ポンドからとなっており、1人何口でも応募ができる。応募は18歳以上であれば、世界中から可能で、現地時間8月25日18時まで受け付けられている。当選者にはEメールが送られ、配送の手続きが行われる。応募者はさらに現地時間8月26日20時から24時間限定で公開される2006年のレディング・フェスティバルの映像を観ることができる。

クラウドファンディングのページはこちらから。

https://www.crowdfunder.co.uk/arctic-monkeys-leadmill

今週、135の地元のライヴハウスが15億7000万ポンド(約2100億円)の包括的支援策から助成金を受け取ることがイギリス政府によって発表されている。しかし、多くのライヴハウスが存続していくためにはファンのサポートを必要としていると述べている。

関連NEWS

  1. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、サフォークでニュー・アルバムをレコーディングしたと報道

  2. アークティック・モンキーズ、デトロイト公演でホワイト・ストライプスのカヴァーを披露

  3. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、ヨーロッパ・ツアー初日でライヴ初披露した曲が明らかに

  4. テーム・インパラのケヴィン・パーカー、アレックス・ターナーからの共作の呼びかけに返答

  5. アークティック・モンキーズ、スティーヴン・フレットウェルによる楽曲のカヴァーが配信

  6. アークティック・モンキーズ、テーム・インパラのケヴィン・パーカーとコラボしたいと語る

  7. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、英TV番組で披露した「Body Paint」のパフォーマンス映像が公開

  8. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、プロデューサーのJames Fordが最新作の制作を振り返る

  9. Arctic Monkeys

    Arctic MonkeysのAlex Turner、スポーツについて語る

  10. Matt Helders

    Arctic MonkeysのMatt Helders、グラミー賞を逃すもMelanie Chisholmに会えた喜びをコメント

  11. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、2022年にヨーロッパ・ツアーを行うことが決定

  12. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、ドイツのテレビ番組で「Body Paint」を披露した映像が公開

  13. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、来たるライヴ・アルバムより“505”の音源が公開

  14. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、最新作『THE CAR』より「Sculptures Of Anything Goes」のMV公開

  15. Arctic Monkeys

    Arctic MonkeysのAlex Turner、ロックンロールは死なない発言について再び振り返る

  1. Courteeners

    Courteeners、新作のリリースを発表&新曲「Solitude Of The Night …

    2024.07.24

  2. Cocteau Twins

    Cocteau Twins、公式YouTubeチャンネルを開設&『ムーン・アンド・…

    2024.07.24

  3. Common&Pete Rock

    Common&Pete Rock、来たるアルバムより新曲「Fortunate」の音源が…

    2024.07.24

  4. BUMP OF CHICKEN、TBS系 火曜ドラマ「西園寺さんは家事をしない」 …

    2024.07.23

  5. BABYMETAL

    『BABYMETAL LEGEND – 43 THE MOVIE』グッズ発売&メンバーサ…

    2024.07.23

  6. Kanye West

    Kanye West、友人へのメールで音楽からの引退を示唆か

    2024.07.23

  7. Lady Gaga

    Lady Gaga、パリでの目撃情報からパリ五輪の開会式に出演するのでは…

    2024.07.23

  8. Ian Watkins

    Ian Watkins、刑務所でトイレブラシで刺されたことが明らかに

    2024.07.23

  9. Bob Dylan

    Bob Dylan、The Bandとの1974年ツアーの全ライヴ音源を収めた27枚組…

    2024.07.23

  10. Robbie Williams

    Robbie Williams、ハイド・パーク公演でNoel Gallagherのパネルを使…

    2024.07.23

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  5. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  7. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  8. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31