The Beatles、公式書籍『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』が刊行されることが決定

The Beatles

ザ・ビートルズは最後のスタジオ・アルバム『レット・イット・ビー』について追った2000年以来となる公式書籍が刊行されることが発表されている。

『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』は240ページのハードカヴァーで、2021年8月31日に刊行される。

本は『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』がチャートのトップに立った直後の1969年から始まり、最後のアルバムのセッションや最後のライヴとなったルーフトップ・パフォーマンスまでを追ったものとなっている。

本書にはレコーディング・セッションの120時間に及ぶ音源から起こした会話も掲載され、リンダ・マッカートニーとイーサン・A・ラッセルのアーカイヴから未公開の多数の写真も掲載される。イーサン・A・ラッセルはアルバム『レット・イット・ビー』のアートワークにも写真が使われている。

前文は2021年8月27日に公開されるドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』の監督を務めるピーター・ジャクソンは執筆している。また、作家のハニフ・クレイシがイントロダクションを執筆している。

波乱に満ちていたとも言われる『レット・イット・ビー』のセッションだが、ハニフ・クレイシは次のように述べている。「実際のところ、彼らは制作時期にあり、その一部は最高の作品とも言えるものを生み出していました。今回、私たちは初期の草稿や間違い、余談、停滞、興奮、楽しいジャム、私たちが今もよく知り、憧れる作品へと導くことになった突然の発明を目撃する特権を得ることになったのです」

ザ・ビートルズの公式書籍は2000年に刊行された『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来となっている。

一方、ジョン・レノンは生誕80周年を記念して新たなベスト・アルバム『ギミ・サム・トゥルース.』がリリースされることが決定している。

関連NEWS

  1. George HarrisonとRingo Starr

    George HarrisonとRingo Starrが参加した未発表音源がリリース

  2. George Harrison

    George Harrison、40周年を記念して「All Those Years Ago」がYouTubeで公開

  3. Ringo Starr

    Ringo Starr、最新EPより「Let’s Change The World」のMV公開

  4. The Beatles

    The Beatles、正式にTikTokで36曲の楽曲が使用可能になったことが明らかに

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、Gerry and the PacemakersのGerry Marsdenに追悼の意を表明

  6. Damon Albarn

    Damon Albarn、GorillazでPaul McCartneyとコラボする可能性を示唆

  7. The Beatles

    The Beatles、来日55周年を記念してロバート・ウィテカーによる100点のプリントの販売が開始

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、来年のGlastonbury Festivalへの出演について語る

  9. ポール・マッカートニー、羽田空港到着時の動画も公開に

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、イギリス各地の地方紙に尋ね人広告を掲載したことが明らかに

  11. Ringo Starr

    Ringo Starr、新作EPからのリード・トラック「Here’s To The Nights」のMV公開

  12. Paul McCartney

    Paul McCartney、来年公開のThe Beatlesの映画『ゲット・バック』について語る

  13. George Harrison

    George Harrison、「All Things Must Pass」の2020年ミックスの音源が公開

  14. Julian Lennon

    Julian Lennon、国際平和の日にUNESCOから平和に関する賞を受賞

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、WINGSとのツアーで使用したバスが売りに出されることに