Kendrick Lamar、アルバムの間が空いてしまう理由について語る

Kendrick Lamar

ケンドリック・ラマーはアルバムの間が空くことについて語り、それだけ長い時間がかかる理由を説明している。

ケンドリック・ラマーが最後にリリースしたアルバムは2017年4月の『ダム』となっており、2015年発表のアルバム『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』から2年以上の期間を経てリリースされている。両作の間にはコンピレーション『アンタイトルド・アンマスタード』がリリースされているが、2012年発表の『グッド・キッド、マッド・シティー』から2年半以上を経て『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』はリリースされている。

ラッパーのベイビー・キームと共に『i-D』誌のインタヴューを受けたケンドリック・ラマーはアルバムの間が空くことについて理由を語っている。

ベイビー・キームがミックステープ『ダイ・フォー・マイ・ビッチ』が「自身のサウンドをやって、信頼を作る道を切り拓く機会」をくれたと語ると、ケンドリック・ラマーはそれに理解を示して、「だからアルバムを作るには長い時間がかかるんだ」と語っている。

「新しいサウンドをどうやってやろうと考えるのに丸1年を費やしたんだ。同じことを何度も何度もするなんてできないからね」と彼は語っている。「自分を興奮させてくれるものが必要なんだ。たまにみんなが苛ついているのは分かるけどさ。新しい曲がほしいだろうからね」

ケンドリック・ラマーは『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』の時の2枚目のジンクスについても振り返り、「当時は人生でも違うスペースにいた」と語っている。

「既に最初から『グッド・キッド、マッド・シティー』のパート2を作れないんだと分かっていたんだ。セカンドを作っている時、あんまりいい時期じゃなくてね。自身の世界で暮らすことが必要だったんだよ。だから、『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』は死ぬほど好きな人もいるし、嫌いな人もいる」

ベイビー・キームにそれぞれのプロジェクトで自分自身を驚かせることは重要かと訊かれると、ケンドリック・ラマーは次のように答えている。「そうだね。『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』は自分にとってそういう作品だった。頭の中にどういうサウンドにしたいか、アイディアがあったんだ。ジャズとブルースとヒップホップでできたサウンドがね。だから、それよりも『どうやって実現しよう』という感じだったんだ」

今年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務める予定だったケンドリック・ラマーだが、年内に新曲をリリースすると見られており、先月ミュージック・ビデオの撮影を行う姿が目撃されている。

関連NEWS

  1. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、新曲についてレーベルの代表が「まもなく戻ってくる」と語る

  2. ケンドリック・ラマー、ラジオ番組でマック・ミラーに追悼の意を表明

  3. 第60回グラミー賞授賞式、U2、サム・スミス、ケンドリック・ラマーなどの出演が決定

  4. Thom Yorke

    Thom Yorkeら、第91回アカデミー賞の歌曲賞のロングリストに

  5. ケンドリック・ラマー、『クリード 炎の宿敵』のサントラよりファレル参加の新曲が公開

  6. Logic

    Logic、音楽界からの引退にあたってKendrick LamarやDrakeなどへの感謝を語る

  7. ケンドリック・ラマー、映画サントラよりジェイムス・ブレイクとのコラボ曲が公開

  8. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、週末にコンプトンで開催されたピース・ウォークに参加

  9. シザ、デビュー・アルバムより“Doves In The Wind”のミュージック・ビデオが公開

  10. ケンドリック・ラマーとアンダーソーン・パークによる新曲“Tints”が公開

  11. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、ロンドンのハイド・パークで公演を行うことが決定

  12. ケンドリック・ラマーの所属レーベルら、スポティファイの規約変更を受けて懸念を表明

  13. ケンドリック・ラマー、50セントがプロデューサーを務めるドラマ「パワー」にゲスト出演

  14. Kendrick LamarやLady Gagaら、第76回ゴールデン・グローブ賞にノミネート

  15. ケンドリック・ラマー、音楽部門で2018年のピューリッツァー賞を受賞

  1. BATTLES

    BATTLES、最新作より「Sugar Foot」のMV公開

    2020.12.03

  2. Jon Bon Jovi

    Bon Jovi、約1時間に及ぶスタジオ・ライヴ映像が公開

    2020.12.03

  3. Liam GallagherやNile Rodgers

    Liam GallagherやNile Rodgersら、ライヴ産業の労働者を援助するた…

    2020.12.03

  4. Elton John

    Elton John、12万枚のCDと1万5000枚のアナログ盤を保有していること…

    2020.12.03

  5. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、子どもの頃に過ごしたベッドルームが宿泊可能なこと…

    2020.12.03

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ブリットポップ全盛期にDamon Albarnと仲良く飲ん…

    2020.12.03

  7. George Harrison

    George Harrison、「All Things Must Pass」の2020年ミックスの音源…

    2020.12.03

  8. System Of A Down

    System Of A Down、「Chop Suey!」のビデオの再生回数がYouTubeで10…

    2020.12.03

  9. Liam Gallagher、Noel Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherとの確執について両方に問題があっ…

    2020.12.03

  10. Angus Young

    AC/DCのAngus Young、バンドのサウンドを変えない理由を語る

    2020.12.03

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  3. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  4. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  5. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  7. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  8. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  9. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  10. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01