Woodstock 50、資金提供社との法廷闘争が合意に達したことが明らかに

Woodstock 50

ウッドストック50と資金提供社による法廷闘争が示談で解決されたと報じられている。

ウッドストック50は1969年のウッドストックから半世紀となることを受けて開催が予定されていたが、数ヶ月に及ぶ計画の変更といざこざを経て2019年7月に中止されている。

ウッドストック50は新たな開催地を見つけなければならないなど、6ヶ月以上にわたって様々な問題に直面してきた。最終的にメリーランド州のメリウェザー・ポスト・パヴィリオンが開催地とされたが、主催者はイベントが中止となることを発表している。

ブラック・キーズやジェイ・Z、マイリー・サイラス、ザ・ラカンターズ、サンタナ、ザ・ルミニアーズといったアーティストを主催者のマイケル・ラングは契約から解放している。

『ヴァラエティ』誌の新たな報道によれば、昨年夏に資金提供社の電通に対してマイケル・ラングが起こした訴訟がニューヨーク最高裁で2020年12月15日に和解したという。

「この件について双方は機密事項の下、合意に達しました」と法定書類には記されている。「申し立ては請求を棄却されました。双方に一切の支払いやコストはありません」

米『ビルボード』誌によれば、電通は「含み益以外の損失を補填する非公開の金額を支払うことに合意した」という。

『ヴァラエティ』誌によれば、この訴訟は電通がウッドストックの50周年となるフェスティバルを「妨害」したとして数千万ドルを求めるものとなっていた。

2019年7月、主催者のマイケル・ラングは中止の際に次のように述べていた。「一連の予期せぬ障害によって私たちがブッキングした素晴らしいラインナップや私たちが目的としていた社会的関与と共に私たちの目指していたフェスティバルを開催できないことを悲しんでいます」

関連NEWS

  1. All Points East Festival

    2021年のAll Points East Festival、新たなヘッドライナーが明らかに

  2. rural

    rural 2023、最終ラインナップが明らかに

  3. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、12月27日よりライヴ映像のアーカイヴがYouTubeで公開されることに

  4. Talking Rock! FES.2024

    Talking Rock! FES.2024、全出演アーティスト発表

  5. グラストンベリー・フェスティバル、2017年に300万ポンドを超える金額を寄付したことが明らかに

  6. Glastonbury Festival

    Glastonbury Festival、2024年のBBC Music Introducing Stageの出演者を発表

  7. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、WOWOWで合計12時間に及ぶ番組での放送が決定

  8. Thom Yorke

    RadioheadのThom YorkeとJonny Greenwood、Sons of Kemetのメンバーと新バンドを結成

  9. Foo Fighters

    Foo Fightersら、2022年のロック・イン・リオ・リスボンに出演決定

  10. PIA MUSIC COMPLEX 2022

    PIA MUSIC COMPLEX 2022 最終出演アーティスト発表!! indigo la End、四星球、神はサイコロを振らない、KALMA

  11. warped-tour

    warped tour、25周年を記念して2019年に復活すると主催者が明かす

  12. Reading and Leeds Festivals

    Reading and Leeds Festivals、2021年の追加ラインナップを発表

  13. Bonnaroo Music and Arts Festival

    Bonnaroo Music and Arts Festival、新型コロナウイルスの影響で9月に延期されることに

  14. KNOTFEST JAPAN2020

    KNOTFEST JAPAN2020、第4弾第4弾でTrivium、サバプロ、Crossfaith、ラスベガスら追加

  15. EBISU JAM

    EBISU JAM 2022が10月に4日間で開催決定!REBECCA、TENDRE、Neighbors Complain Special guest 横山剣、 渡辺香津美 ジャズ回帰トリオ feat. 吉田美奈子が出演