NirvanaやAmy Winehouse、人工知能が詞を書いた新曲が制作されることに

NirvanaやAmy Winehouse

メンタル・ヘルスのサポートの重要性を認知させるために人工知能ソフトウェアがニルヴァーナやエイミー・ワインハウスの新曲を書いている。

トロントの団体であるオーヴァー・ザ・ブリッジは27歳で亡くなったミュージシャンの新曲を人工知能で書いた曲のコンピレーションを制作している。

『ロスト・テープス・オブ・ザ・27クラブ』はコンピューターが制作した曲を収録したもので、ミュージシャンの鬱の苦しみやメンタル・ヘルスの問題、それへの支援の認知向上を目的としたものとなっている。

「もしもこれらの私たちの愛するミュージシャンがメンタル・ヘルスの支援を受けていたら、どうでしょう?」とオーヴァー・ザ・ブリッジの主要メンバーであるショーン・オコナーは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「音楽業界では鬱が常態化・美化されているところがあります。彼らの音楽は苦しみから生まれたように見られているのです」

ジミ・ヘンドリックス、ザ・ドアーズの楽曲もグーグルによる人工知能プログラム「マジェンタ」によって制作されている。人工知能はこれまでの歌詞を学習して、新たに歌詞を作るものとなっている。

“Drowned In The Sun”はアトランタのニルヴァーナのトリビュート・バンドのヴォーカリストであるエリック・ホーガンがヴォーカルを担当している。「いわばニルヴァーナの最後にリリースされた曲を“You Know You’re Right”だとすると、同じヴァイブがあります」

「カート・コバーンは書きたいと思ったことは何でも書くところがありました。彼が気に入れば、それはニルヴァーナの曲になるのです。アレンジの中には『これは『イン・ユーテロ』の雰囲気だな』とか『これは『ネヴァーマインド』の雰囲気だな』とか聴こえるところがありました……AIのことがよく分かりました」

「この曲は『自分は変人だけど、それが気に入っている』と言っています」とエリック・ホーガンは語っている。「これは完全にカート・コバーンです。彼がよく言っていた感情でした。『君に陽の光が当たっている。でも、僕には分からない』という一節は素晴らしいです」

関連NEWS

  1. Kurt Cobain

    Kurt Cobainの娘がキュレーションを手掛けたアパレル・ラインの発売が決定

  2. Courtney Love

    Courtney Love、Dave GrohlとTrent Reznorを批判するコメントを投稿

  3. Dave Grohl

    Dave Grohl、自伝の邦訳版が8月5日に刊行されることが決定

  4. Nirvana

    Nirvana、“Smells Like Teen Spirit”が2010年代に米ロック・ラジオ局で最もかけられた楽曲に

  5. Kurt Cobain

    Kurt Cobain、『MTVアンプラグド』で使用したアコースティック・ギターがオークションに

  6. ニルヴァーナ、2014年にロックの殿堂入りを果たした際のライヴ映像がリリースか

  7. Nirvana

    Nirvana、人工知能が歌詞を書いた曲がYouTuberによって公開

  8. Foo Fighters

    Foo Fightersのデイヴ・グロール、1992年発表の貴重なソロ作がネット・オークションに出品

  9. Courtney Love

    Courtney Love、オピオイドの関係者から持ちかけられた1000万円の申し出を断る

  10. Kurt Cobain

    Kurt Cobain、10代に暮らした家が売りに出されることに

  11. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに

  12. Nirvana

    Nirvana、『ネヴァーマインド』の30周年を記念してBBCで複数の番組が放送されることが決定

  13. Dave Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、フロントマンとしてステージに立つのは怖かったと語る

  14. Nirvana

    Nirvana、スマイリー・フェイスについて別の作者が存在するという説が浮上

  15. Jimi Hendrix

    Jimi Hendrix、Mitch MitchellとNoel Reddingの相続者を訴えることに