『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』アートワークを手掛けたLA在住の日本人アーティスト〈Tokyo Hiro〉モータ―ヘッドとの出会いの秘話が明らかに

モーターヘッド

40年間にわたり世界的な極悪大暴走を展開したイギリスのバンド、モーターヘッドのフロントマンでありVo./B.のレミー・キルミスターが
2015年12月28日に伝説となってから今年で6年。
レミー他界後、毎年12月下旬にモーターヘッド関連の映画上映が恒例となってきたが、今年もレミーの誕生日(12/24)・レミーの命日(12/28)を含む日程で『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』の上映が決定。
今年の公開作『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』のキービジュアルに使用されているモーターヘッドの象徴的アイコン“Warpig”は独自の個性を放ち、唯一無二のデザインとなっているが、なんとこのWarpigはLA在住の日本人アーティスト〈Tokyo Hiro〉によって描かれたものである。

Tokyo Hiro氏は古くからの友人がモーターヘッドのクルーであり、何度もレミーに会える機会があった。
2013年頃、その友人から「レミーとマネージャーが話があるから会場に来てくれ」と言われライヴ前に控室に行くと、レミーに「モーターヘッドのデザインをしないか?」と誘われ、即答で承諾。
次の日からすぐに制作に取りかかり、そのデザインはマネージメント、レミーからもOKが出されTシャツとして販売されることになる。
「次も頼むってHiroに言ってくれ」とレミーがすごく気に入っていたと友人から聞いた。
Tokyo Hiro氏曰く「多くのバンドやブランドのデザインをさせてもらってきましたが、Queenのロジャー・テイラーにタトゥーを彫って以来の緊張でした」。
以降、Tokyo Hiro氏はレミーやモーターヘッドのクルーとプライヴェートで家族のように交流し、グッズのデザインを時々頼まれるようになる。
「僕が最初に描かせてもらったモーターヘッドのデザインは、レミーにプレゼントしました。まさか飾ってくれるとは思っていませんでしたが、レミーの家の玄関のドアに貼ってくれていたのを見て嬉しかったのと同時に、この時、強くレミーとモーターヘッドへの忠誠心も生まれました。お陰様で、モーターヘッドファンのバンドやブランドからWarpigやそれっぽいのを描いて欲しいと依頼があるのですが、
当たり前ですがWarpigはモーターヘッド以外には描かないと断り続けています」。

レミー亡き後もマネージメントとは友好関係にあり、レミーのメモリアルのデザインや、レコードストアデー用のシングルのジャケットなどをデザイン。
そんな中、昨年の12月に最後の依頼をもらったのが「ラウダー・ザン・ノイズ」のジャケットデザインだった。
何枚か描いたうちの一枚をアルバムカヴァーに、他のものを中面になどに使うということでミッキー・ディー、フィル・キャンベルと共にアイデアを練った。
ジャケットは時間の関係で、Tokyo Hiro氏の描いたWarpigに他のデザイナーがバックグラウンドをつけたものが最終版となった。
「手に取った時の悦びは今でも忘れません。モーターヘッド初のTattooerとして、日本人として、モーターヘッドの歴史の一部になれたのは、僕にとってすごく名誉なことです。モーターヘッドは解散してしまいましたが、モーターヘッドの音楽がある以上今後も携わっていけたらと思っています」。

なお、Tokyo Hiro氏からはデザインの過程が分かる貴重な写真も届いた。
現在、Tokyo Hiro氏が描いたウォーピッグを使用した映画『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』の完全非売品B2ポスター付前売券が映画上映劇場窓口にて販売中。
なくなり次第終了なのでお買い逃しなく。

モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ

2021 年作品/74 分/DCP/原題:Motörhead/Louder Than Noise… Live in Berlin
出演:レミー・キルミスター、フィル・キャンベル、ミッキー・ディー
提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル
© 2021 Silver Lining Music Ltd.

【公式サイト】motorhead-movie.com

シネマート新宿・シネマート心斎橋にて12月24日(金)~12月30日(木)〈1週間限定〉
名古屋シネマテークにて12月25日(金)~12月30日(木)〈6日間限定〉上映

関連NEWS

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』より11枚の場面写真が公開

  2. The Sex Pistols

    The Sex Pistols、ダニー・ボイルが監督を務める伝記映像作品が公開されることが決定

  3. The National

    The National、音楽を手掛けた映画『シラノ』をMGMが獲得したことが明らかに

  4. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『ファイト・クラブ』の音楽を依頼されていたことを明かす

  5. Dave Grohl

    Dave Grohl、キアヌ・リーブス主演シリーズの映画に出演していることが明らかに

  6. Talking Heads

    Talking Heads、映画『ストップ・メイキング・センス』がアメリカ国立フィルム登録簿に追加

  7. Brian May

    Brian May、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編実現の可能性は低いと語る

  8. Nicki Minaj

    Nicki Minaj、映画『アングリーバード』の続編に声優として出演することが決定

  9. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』、Zepp上映でトークショーの開催が決定

  10. Brian Wilson

    Brian Wilson、ドキュメンタリーがトライベッカ映画祭で初上映が決定

  11. カオス・ウォーキング

    新感覚SFエンターテイメント『カオス・ウォーキング』予告編を解禁

  12. Motley Crue

    Motley Crue、Netflixで配信の伝記映像作品の第1弾トレイラー映像が公開

  13. アンテベラム

    『アンテベラム』不気味な少女との遭遇シーンを解禁

  14. ダーク・ウォーターズ

    トッド・ヘインズ×マーク・ラファロ、アン・ハサウェイら世界的な鬼才と実力派キャストの豪華タッグで贈る『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』、予告編を解禁

  15. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』のブルーレイ&DVDが12/25に発売決定

  1. 大橋トリオ

    大橋トリオ、主題歌「虹とカイト」初解禁

    2022.01.18

  2. Britney Spears

    Britney Spears、自身の生涯を振り返った回想録に取り組むことを示唆

    2022.01.18

  3. KORN

    KORN、来たるニュー・アルバムより新曲「Forgotten」の音源が公開

    2022.01.18

  4. Paramore

    Paramore、5年ぶりとなる新作に向けてスタジオに入ったことが明らか…

    2022.01.18

  5. Finneas

    Finneas、デビュー作より「The Kids Are All Dying」のMVが公開

    2022.01.18

  6. Mariah Carey

    Mariah Carey、初の児童書を今年刊行することを発表

    2022.01.18

  7. ギャング・オブ・アメリカ

    全米最大の犯罪組織《シンジケート》を率いアメリカの暗黒街を支配…

    2022.01.18

  8. 氷川きよし

    氷川きよし 2022年 待望の新曲は演歌の真髄!!! 「群青の弦(いと)」20…

    2022.01.18

  9. ブラックボックス

    『ブラックボックス:音声分析捜査』ブラックボックス開封シーン本…

    2022.01.18

  10. Cordae

    Cordae、NPRの「タイニー・デスク・コンサート」に出演した映像が公…

    2022.01.18

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  2. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  3. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  4. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  5. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22