SUGIZOのエシカルファッション・ブランド THE ONENESSによる「ウクライナ難民支援チャリティーTシャツ」、HMV&BOOKS onlineでの販売スタート

SUGIZO

構想15年を経て、2022年遂にSUGIZOが始動させたエシカルファッション・ブランドTHE ONENESS。奇しくもブランド立ち上げからほどなくしてロシア軍がウクライナへ侵攻、幼い子どもを含むたくさんの市井の人々が命を奪われ苦難を強いられる状況となった。この嘆かわしい事態に対しTHE ONENESSは早速アクションを起こした。戦火に晒されているウクライナから近隣国への避難を余儀なくされた人々をサポートするため、3月17日に「ウクライナ難民支援チャリティーTシャツ」をリリースしたのだ。THE ONENESS正規取扱店での受注開始に続いて、本日4月1日 18:00よりHMV&BOOKS onlineでの販売がスタート(※現在は国内のみとなります)。チャリティーTシャツの制作費及び諸経費を除く全ての売上は、UNHCRが実施する「ウクライナ緊急支援」へ寄付される。

以下、チャリティーTシャツリリース時に発表された、SUGIZO本人からのメッセージを再掲する。

■MESSAGE FROM SUGIZO
この度、ウクライナ難民の方々を支援したく、THE ONENESSよりチャリティーTシャツを制作、販売する運びとなりました。

ロシアのウクライナ侵攻、とても21世紀の出来事だとは思えぬあまりに不条理で愚かな行為にただただ憤りしかありません。
両国の長い軋轢の歴史を考慮すると双方共に非があることは致し方ない事実ですし、多くの戦争の善悪を二元論で語ることは不可能ですが、それにしても結局先に侵略を始めたプーチン政権は国際法違反と言わざるを得ません。
どんな根深い理由があろうとも殺戮、戦争行為は許されるべきではありません。
罪のない命を、子どもたちの未来を奪う行為を、絶対に許してはいけません。

なにより難民となることを強いられた、寒空に凍える200万人を超える罪無きウクライナ民間人の方々を思うと、あまりに心が痛みます。
我々のできる事は本当に微力ですが、それでも彼らにサポートの手を差し伸べたい。今はそれが最も必要な行動だと信じます。

皆様、是非チャリティーTシャツを手にしていただき、ウクライナ難民の方々に力を送っていただけないでしょうか。
どうか宜しくお願い致します。
制作費及び諸経費を除く売上をUNHCRが実施する「ウクライナ緊急支援」へ全額寄付させていただきます。

一刻も早い停戦、終戦を願って行動を共にしましょう。
世界の大多数の人々は戦争、破滅を望んではいません。
今こそ揺るぎない正義の声を一緒に上げ続けましょう。

一刻も早くウクライナの方々に安堵の日常が戻ってくることを心から願っています。
同時に独裁政権に抑圧されたロシア国民の方々に再び自由がもたらされることを心から願っています。

そして、世界の平和を心から祈っています。

SGZ


■チャリティーTシャツのデザインコンセプト
ウクライナ国花である向日葵畑の上に広がる、平和を象徴する青空。美しい地球の静かな風景。揺るぎない正義の証であるピースマークと共に、ウクライナの国旗をオマージュした愛に溢れるデザインとなっている。

■エシカルファッション・ブランドTHE ONENESSとは?
環境に配慮し、カーボン・ニュートラルを目指す揺るぎない行動と、高い美意識とを両立させたアパレル・ブランド。命を尊び、自然環境の再生を求め、地球との理想的共生を目指してく――そんなSUGIZOの精神性をファッションに投影、具現化するチャレンジングな試みであり、ブランド名は究極の理想「愛と調和」「融合」をイメージし「THE ONENESS」とした。(株)ヨウジヤマモトで企画・パタンナーとして経験を積み、今やkiryuyrikのデザイナーとして著名な高栁成克氏との親交が始まって20年となる節目の2022年。SUGIZOのアイディアに賛同した高栁氏とスタイリストBun氏とのタッグで、このブランドは起動。SUGIZOのステージ衣装も担当するこの二人によって、SUGIZOの精神性と美意識がサステナブルなファッションという形で昇華を果たしている。

華やかなイメージとは裏腹に、実は世界第二の環境汚染産業という汚名に甘んじているアパレル業界。「ファッションを楽しむことで、僕はこれ以上地球を穢したくない」とSUGIZOは語り、そうしないための方策を15年来探り続けてきた。

「大量生産され安く売られるファストファッションの裏側で、何が起こっているのか? それを生産している貧国の労働者の方々がどれだけ苦しい想いをしているか? 人権を蔑ろにし、道徳の範囲を逸脱した状態でどれほど労働させられ、命を脅かされているか? そこではどういった環境汚染があり、どのような病気が蔓延しているのか? 様々な問題がファッションには付きまとっていて、それを一つ一つ解消していくべきだと僕は思う。そのきっかけとなる一手を打つべきだと思って、このブランドを始めました」

「自動車産業はカーボン・ニュートラルへと意識を大きくシフトし始めましたが、アパレルの世界は、いくつかの先見性のあるブランドは既にそのような動きをしているものの、業界全体としてはまだまだ意識が希薄。僕はそのことを以前からずっと強く懸念してきました。まずは人々の意識がそこに向くことが重要。そして持続可能な社会を実現するために今、大きくシフトするべきです。僕らがファッションを楽しむことで地球を穢すことから、一刻も早く卒業しなければいけない」

THE ONENESSのブランドストーリーに刻まれた、「ファッションを楽しみながら環境を汚さずに持続可能な社会を構築したい、貧国の労働者や子ども達に恩恵を届けたい。そして人だけではなく全ての命の尊さを敬いたい」というSUGIZOの切なる願い。サステナブルなアパレル・ブランドとして掲げる理念と、かねてよりSUGIZOが取り組んできた難民支援活動とが融合し、このたびのチャリティーTシャツリリースが実現した。

Text by Tae Omae
Photo by Susumu Miyawaki

■商品概要
Ukrainian Refugees Support Charity Dolman Long T-Shirt
16,000円 (本体価格)

Ukrainian Refugees Support Charity T-Shirt
12,000円 (本体価格)
https://www.hmv.co.jp/news/article/220330124/

関連NEWS

  1. SUGIZO 12月にベストアルバムをリリースを発表、最新アー写も公開

  2. SUGIZO

    SugizoTube『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』放送記念SP Part.1が5月15日(水)生放送決定

  3. SUGIZO 公式ライヴストリーミング「Sugizo Tube」の”LUNATIC FEST.2018 SPECIAL”にlynch.の葉月(Vo)、悠介(Gt)生出演

  4. YOSHIKI、紅白で予告通り「度肝抜く」圧倒的ステージ

  5. SUGIZO、ツアー初日の石巻にて、ツアー最終日となる12月6日の東京公演のスペシャルゲストに、Toshl、RYUICHI、清春の出演を発表

  6. SUGIZO

    SUGIZOと大黒摩季がアニメ『ジビエート』EDテーマでコラボ

  7. SUGIZO

    SUGIZO 終戦の日にプロテストソング「昨日見た夢~平和の誓い~2020」発表

  8. Toshl × SUGIZO コラボ楽曲をニコ生で初披露

  9. LUNA SEA「悲壮美」MVで“奇跡”起きる

  10. SUGIZO

    SUGIZO率いるサイケデリック・ジャムバンドSHAG、配信ライヴ『LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE Ⅲ ~THE SHAG STRIKES BACK~』開催

  11. SUGIZOが最新アー写に込めたメッセージ

  12. LUNA SEAのSUGIZOとINORAN

    LUNA SEAのSUGIZOとINORANによる対バン・ライヴイベント『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT 2021~L2/5~』、コロナ禍を鑑み無観客にて実施、初の配信ライヴへ

  13. SUGIZO 12/23リリースのソロ・アルバム『愛と調和』詳細発表

  14. SUGIZO☓清春

    SUGIZO☓清春 「ys Yuji SUGENO」とのコラボレーションプロジェクト「FIFTYFIFTY」始動

  15. SUGIZO 20年来の夢を実現し、国境を越えパレスチナに音楽を届ける「FATIMA Palestine編」MVとして完全公開

  1. E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2022

    矢沢永吉のフェス「ONE NIGHT SHOW 2022」奇跡の第2弾開催決定!2日…

    2022.05.17

  2. H ZETTRIO

    H ZETTRIO、fox capture planと台湾をつなぐ遠隔対バンイベント &#8…

    2022.05.16

  3. りりあ。

    りりあ。映画『バブル』のEDテーマ「じゃあね、またね。」MV公開

    2022.05.16

  4. Camila Cabello

    2022年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝、オープニングでパフォーマ…

    2022.05.16

  5. The Smile

    The Smile、新曲「Thin Thing」がMVと共に公開

    2022.05.16

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ネブワース公演に向けてアルコールを控えると語る

    2022.05.16

  7. Eminem

    Eminem、ロックの殿堂のCEOが殿堂入りの理由についてヘヴィ・メタル…

    2022.05.16

  8. Madonna

    Madonna、カトリック教会との長年の確執を踏まえた上でローマ教皇に…

    2022.05.16

  9. Britney Spears

    Britney Spears、執筆している回想録について今年の年末に刊行され…

    2022.05.16

  10. The Who

    The WhoのPete Townshend、Keith Moonの死について振り返る

    2022.05.16

  1. Local Green Festival

    Local Green Festival ’22、第2弾出演アーティストを発表

    2022.05.12

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2022、計18組の追加アーティストを発表

    2022.05.12

  3. ARABAKI ROCK

    『ARABAKI ROCK FEST.22』3年ぶりの開催となる今年もフジテレビNEXT…

    2022.04.29

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2022、二年越しの開催へ

    2022.04.28

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’22、タイムテーブルを発表

    2022.04.28

  6. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 第1弾出演アーティスト発表

    2022.04.28

  7. 10TH ANNIVERSARY METROCK2022、ジャニーズWEST出演決定

    2022.04.26

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’22、第2弾ラインナップを発表

    2022.04.22

  9. THE CAMP BOOK 2022

    野外フェス「THE CAMP BOOK 2022」第3弾出演アーティスト発表

    2022.03.24

  10. Moodymann

    RAINBOW DISCO CLUB 2022、Moodymannの出演が決定

    2022.03.17