Prince、遺産相続人による分配案が合意に達したことが明らかに

Prince

プリンスは遺産相続を巡る裁判が亡くなってから6年が経った中で終結している。

プリンスは2016年4月にフェンタニルのオーヴァードーズで亡くなっており、遺産に関する遺言は残していなかった。プリンスは6人の兄妹の相続人がおり、そのうちの2人であるアルフレッド・ジャクソンとジョン・R・ネルソンはプリンスの死後に亡くなっている。現在、他の2人は80代を迎えている。プリンスの遺産についてはその分配案が争点となっていた。

プリンスの6人の兄妹で下の3人はニューヨークの音楽出版社でタレント事務所であるブライマリー・ウェーヴに自身の相続分を売却することで合意している。

残る3人の相続人は長年プライマリー・ウェイブと法廷で争っており、1億5600万ドル(約200億円)の遺産の分け方について法廷で話し合いが行われていた。

現地時間7月29日にミネソタ州で聴聞が行われ、所有権を2つの陣営で平等に分配する案で合意に至ったことが明らかになっている。2つの陣営はそれぞれプリンス・レガシーLLCとプリンス・オート・ホールディングスLLCという企業体集約され、プリンス・オート・ホールディングスLLCがブライマリー・ウェーヴ陣営となる。判事も8月1日に署名したことが米『ビルボード』誌によって報じられている。

ブライマリー・ウェーヴの担当者は「プリンス・エステートを閉鎖するプロセスが完了したことをものすごく喜んでいます」と述べている。

「プリンスは伝説的なスーパースターで、法廷の管轄外に譲渡されることで、プロフェッショナルで熟練したマネージメントに委ねられることになります。遺産が分配されたことで、生産的で強力な協力関係が実現できることを楽しみにしています」

プリンスは『パープル・レイン』のアルバム・ジャケットを3Dで再現した体感型の展覧会がイリノイ州シカゴのノース・ブリッジ商業区で6月9日から10月9日まで開催されている。

プリンス・エステートの協力の下、スーパーフライによって制作された展覧会はプリンスの様々な時期とクリエイティヴ面での進化を振り返る「プリンスの人生と音楽を巡るインタラクティヴな旅」と評されている。

関連NEWS

  1. プリンス、命日の前日となる4/20より“Nothing Compares 2 U”のプリンス・オリジナル版の配信が開始

  2. Prince

    ニコラス・ケイジ、Princeの“Purple Rain”をカラオケで熱唱する映像が話題に

  3. Prince

    Prince、幻のアルバム『ウェルカム・2・アメリカ』より「Born 2 Die」の音源が公開

  4. Prince

    Princeの従兄弟、亡くなる1週間前に起きたオーヴァードーズについて振り返る

  5. Prince

    Princeらが参加したトリビュート公演がWOWOWで放送

  6. Prince

    Princeの元ボディーガード、生前に彼の治療にあたった医師らに対する過失致死の裁判で証言

  7. Prince

    Prince、Beyonceが序文を寄せた写真集の日本語訳版が12/6に発売

  8. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』再発盤より未発表曲“Cosmic Day”の音源が公開

  9. Prince

    Prince、教師の給与改善を訴える11歳の時の映像が発見される

  10. Prince

    Prince、別人格であるCAMILLEのアルバムがサード・マン・レコーズよりリリースされることに

  11. Prince

    Prince、『1999』の再発盤が日本盤でもリリースされることに

  12. プリンスの遺族、亡くなる1周間前に治療にあたった病院を訴えることに

  13. プリンス、未発表音源によるアルバムより“Why the Butterflies”の音源が公開

  14. Prince

    Prince、亡くなる直前まで取り組んでいた回想録の刊行日が明らかに

  15. Prince

    Prince、“Musicology”の2004年のライヴ映像が公開