AC/DCのBrian Johnson、来月自伝がようやく発売されることに

Brian Johnson

AC/DCのブライアン・ジョンソンは自伝『ザ・ライヴス・オブ・ブライアン』が来月刊行されることが決定している。

2021年4月に発表された本書は「法外な物語の詰まった騒々しくも愛すべき回顧録」と評されていた。

「長い夜もあったし、素晴らしい夜もあったし、よくない日もあったし、たくさんの素晴らしい日々もあった」とブライアン・ジョンソンは声明で述べている。「コーラス団の少年からロックンロール・シンガーとなった僕は今回そのことについて本を書いたんだ」

『ザ・ライヴス・オブ・ブライアン』はペンギン・ブックスよりイギリスで10月13日に、アメリカで10月25日に刊行される。

「ロックンロールの歴史においても最も励まされる魅力的なストーリーの一つ」と称された『ザ・ライヴ・オブ・ブライアン』はダンストンで育ち、リトル・リチャードをテレビで観て「コーラス団の少年からボーイスカウト、そしてシンガー」になった幼少時代から追ったものとなっているという。

「10年以上にわたってブライアン・ジョンソンはバンドの成功で頭角を現そうとしていました。『トップ・オブ・ザ・ポップ』に出演して、オーストラリアをツアーしましたが、まだ大成功の時は手の届かぬところにありました」

「その後、彼は世界でも最大となるロック・バンドの一つのオーディションでロンドンに呼ばれました。AC/DCはリード・シンガーだったボン・スコットの悲劇的な死によって危機にありましたが、ブライアンが加わることで名作『バック・イン・ブラック』をレコーディングすることになるのです。同作は史上最も売れたアルバムとなりました。その後のツアーは満員のアリーナで行われ、ファンはバンドを支持し、その功績が認められることになったのです」

「しかし、物語は思わぬ展開を迎えます。2016年にブライアンは聴覚を失う可能性があると診断されて、バンドを脱退しなければならなくなったのです。そして、彼は2020年のヒット作『パワーアップ』で愛するバンドに復帰することになります」

「人生は波乱万丈ですが、常にブライアンはしっかりと地に足をつけて、自分のルーツを忘れることはなかったのです」

ブライアン・ジョンソンは先週末、ウェンブリー・スタジアムで行われたテイラー・ホーキンス追悼コンサートにスペシャル・ゲストとして出演している。

関連NEWS

  1. AC/DC

    AC/DC、『Back in Black』の40周年を記念して同作を振り返る動画の第4弾が公開

  2. AC/DC

    AC/DC、最新作より「Witch’s Spell」のMV公開

  3. Brian Johnson

    AC/DCのBrian Johnson、今後の音楽活動についての見通しについて語る

  4. Chris Slade

    AC/DCのChris Slade、自分はまだバンドのドラマーであると思っていると語る

  5. Angus Young

    AC/DCのAngus Young、バンドを決定づけることになったアルバムはどれかを語る

  6. AC/DC

    AC/DC、高速道路を10キロ閉鎖してトリビュート・コンサートが開催されることが明らかに

  7. AC/DC

    AC/DC、1981年の日本青年館公演より“You Shook Me All Night Long”の映像が公開

  8. AC/DC、マルコム・ヤングのレコーディング音源を使用した新作を制作していると報道

  9. Bon Scott

    AC/DCのBon Scott、75回目の誕生日を記念して公式サイトがオープンすることに

  10. AC/DC

    AC/DC、Brian JohnsonをBon Scottも称賛していた逸話が明らかに

  11. AC/DC

    AC/DC、Dee Sniderが噂される新作について「サプライズがある」と語る

  12. AC/DCのBon Scott、製作が報じられた映画についてプロデューサーがその真意を説明

  13. Brian Johnson

    AC/DCのBrian Johnson、Taylor Hawkinsの追悼コンサートへの参加を光栄だと語る

  14. AC/DC

    AC/DC、新作についてMalcolm Youngも「誇りに思う」はずだと語る

  15. AC/DC

    AC/DCのAngus Young、Malcolm Youngの残した音源を使わなかった理由を語る