Everything But the Girl、20年以上ぶりとなる新作を来年リリースすることを発表

Everything But the Girl

エヴリシング・バット・ザ・ガールは20年以上ぶりとなるニュー・アルバムを来年リリースすることを明らかにしている。

トレイシー・ソーンとベン・ワットの夫婦によるエヴリシング・バット・ザ・ガールは解散を発表したことはなかったが、1999年発表の『テンパラメンタル』以来、アルバムをリリースしていなかった。2008年には『スーパー・ベスト』というコンピレーションがリリースされている。

トレイシー・ソーンはツイッターでエヴリシング・バット・ザ・ガールとして音楽制作に復帰することを明かしている。「ベンと私はエヴリシング・バット・ザ・ガールとしてのアルバムを作ったことをみんなも知りたいんじゃないかと思って。これは来年の春に出ることになる」

アルバムのタイトルやリリース日といった詳細については現時点で明らかにされていない。

エヴリシング・バット・ザ・ガールは1994年発表の“Missing”で知られており、トッド・テリーが手掛けたリミックスは全英シングル・チャートで3位を記録している。

トレイシー・ソーンはソロでも5枚のアルバムをリリースしており、最新作は2018年発表の『レコード』となっている。また、ゴー・ビトウィーンズのドラマーであるリンジー・モリソンとの友人関係について書いた著書も昨年刊行されている。

ベン・ワットはジェイ・ハナンと共にコンピレーション・シリーズ『レイジー・ドッグ』を手がけ、自身のレーベルであるバジン・フライ・レコーズの社長も務めている。

ベン・ワットは難病であるチャーグ・ストラウス症候群と診断されて、10週間入院したためにエヴリシング・バット・ザ・ガールの活動を1992年に停止している。彼は死にかけたこの闘病生活を振り返った『ペイシェント』という著書を2012年に刊行している。

コンサート・アーカイヴスによれば、エヴリシング・バット・ザ・ガールが揃ってライヴを行ったのは2000年が最後となっている。

関連NEWS

  1. プレジャーズ・アンド・トレジャーズ

    4AD、タワーレコードとの合同企画コンピ盤のリリースを記念してポスターのレプリカ版の販売が決定

  2. BAROQUE、12月東名阪仙4都市ツアーイープラス2次先行受付開始!

  3. izzy-bizu-headshot

    Izzy Bizu、2020年第1弾シングル“Faded”の音源が公開

  4. Banksy

    Banksy、競売にかけられるかが話題となっていた彫像が土壇場で出品されないことに

  5. キラーズのブランドン・フラワーズ、モリッシーの前で「馬鹿をしでかした」経験を明かす

  6. Superfly 代表曲の中の代表曲のみを集めたベストアルバムリリース決定

  7. ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる

  8. 4ad

    4AD、タワーレコードとの合同企画コンピレーションが6月にリリースされることが決定

  9. ポール・マッカートニー、ニューヨーク公演でブルース・スプリングスティーンと共演

  10. Abbey Road Studios

    Abbey Road Studios、レコーディング・スタジオとしての営業を再開

  11. YouTube

    YouTube、音楽の権利所有者への支払いについて自身の姿勢を説明

  12. 桑田佳祐、WOWOW放送のスペシャル番組 全貌が明らかに

  13. 岡崎体育「ビジュアルが終わってる」キレキレの歌&ダンス動画公開

  14. Why Don't We

    Why Don’t We、最新シングル“Chills”のMVが公開

  15. Warp Records

    WARP RECORDS、30周年を記念してアーティストや著名人による第5弾プレイリストが公開