『梟ーフクロウー』監督オフィシャルインタビュー&著名人コメントを解禁

梟ーフクロウー

韓国年間最長No.1記録を樹立、2023年韓国国内映画賞で【25冠】と最多受賞を記録した、史実に残された最大の謎に迫る<全感覚麻痺>サスペンス・スリラー『梟ーフクロウー』が、2月9日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー、本作のメガホンをとったアン・テジン監督のオフィシャルインタビューが解禁となります。併せて、本作を一足先にご覧いただいたインフルエンサーやライター、芸人など著名人の方よりいただいた絶賛コメントも到着した。

梟ーフクロウー

1,000万人以上もの観客を動員した映画『王の男』で助監督を務めたアン・テジンは、それ以来、キャリアを通して様々な作品で確かな経験を積み、本作で長編監督デビューを果たした。アン監督は本作で「初めから現代的なスリラーを作ろうと意図していました」といい、「本作は、実際(ファクト)の歴史と架空(フィクション)のキャラクターを結び付けた物語である一方、スリラーの要素もあります。私は、それら2つの側面を持つ物語を作り上げようとしました」と明かした。「この映画は目撃者と秘密を巡るスリラーなので、その秘密が解き明かされるシーンがあります。私はその秘密を目撃するシーンを書くことを心から楽しみましたし、それを撮影するのも楽しかった」と語り、“予測できない物語”が必見ポイントだという。撮影セットについては「宮廷を巨大な牢獄のように閉ざされた印象に見せたかったんです。そのような場所から逃げるという主人公の奮闘が、よりスリル感をもたらすと思ったからです」とこだわりを明かした。朝鮮王朝時代の記録物<仁祖実録>に残された‟怪奇の死“にまつわる歴史的な謎に、斬新なイマジネーションを加え誕生した本作。「映画の鑑賞後に調べると、『これも歴史的な事実なの?』と思ってしまうような非常に多くのディテールが映画を通して見られます」とこれから映画を観る観客へとアピールした。また、本作で『王の男』以来17年ぶりに再びタッグを組んだ俳優のユ・へジン演じる仁祖王の役については「ユ・へジンにしか演じられない王があると彼を説得したのですが、完成した映画を観ることで、私の選択は間違っていなかったと証明されるでしょう」と自信を覗かせた。

一足先に本作をご覧いただいた芸人のダイノジ・大谷さんや、映画ジャーナリストの宇野維正さん、
映画評論家の松崎健夫さん、韓国系インフルエンサーなど総勢18名から絶賛コメントが到着いたしました。
「これほど奇想天外で息詰まる物語など予想だにしなかった!」「韓国映画の“最先端”を味わえる快作」
「没入感をもたらすこの映画に、完全に唸った!!」など、韓国だけでなく日本でも“極上のスリル”に納得の声が続出!
見た人にしか味わえない<全感覚麻痺>を体感してほしい!

タイトルの意味を理解した瞬間、歪に捩れながら一気に加速する物語。
ポスタービジュアルにも使われているシーンでは、思わず声を上げてびくりと震えてしまった。
暗く閉ざされた世界が生み出す極上のサスペンスを堪能してほしい。
―葦見川和哉(映画・映画音楽ライター)
――――――――――――――――――――――――
目に見えない真実を目撃した時、おもしろさは一気に加速する!!
盲目の鍼師というキャラ!史実に残された謎!四転五転する物語!寿命が縮む程の緊張感!
全てがツボに刺さった!!
この映画間違いなく、今年No.1候補!
―あんこ(映画超好き芸人)
――――――――――――――――――――――――
盲目の鍼師は針で大山を穿てるか。
歴史の行間を想像するにしても、これほど奇想天外で息詰まる物語など予想だにしなかった!
そこに真実味を宿す精緻な衣装と美術、鋭く闇夜を捉える撮影の見事さに思わず唸る。
―ISO(ライター)
――――――――――――――――――――――――
暗闇でこそ見えてくる物がある。隠しても明かされる事がある。
しかし、それを知ることは覚悟がいるのだ。『梟』は我々に歴史の、そして世の闇を暴く術を教えてくれる。
まるで夜を支配するフクロウのように。
―氏家譲寿(ナマニク)(文筆業/映画評論家)
――――――――――――――――――――――――
練りに練られた脚本、細部まで作り込まれたセット美術、研ぎ澄まされた音響効果。
韓国で大ヒットしたのも納得の「テレビではなく映画館で観るべき作品」だった。
―宇野維正(映画ジャーナリスト)
――――――――――――――――――――――――
物凄い映画と出会ってしまったと思わずにはいられない118分。
1秒足りとも無駄な時間がなく、巧みな演出によって気付いた時には自分自身が登場人物の1人に。
「目を閉じて下を向きたくなる瞬間こそ、目を見開いて生きよ」という強いメッセージが心にぶっ刺さる。
―韓国ドラマ好きのだらだら子(韓国作品ライター)
――――――――――――――――――――――――
映画を観て〝鳥肌が立つ〟とは、まさにこの作品のことだ。
息つく間もないスリル満点の展開。
気づけば最後まで没頭し、観る人の感情を刺激する映画だった。
本国で大ヒットを記録したのも納得。
果たして、盲目の主人公が見えてしまった〝真実〟とは…。
―KEI (韓国系インフルエンサー)
――――――――――――――――――――――――
サスペンス映画と盲目の主人公という設定は相性抜群だが、ここにきてこんな変わり種に出会えるとは!
しかも、単純に見えないというよりは…(ここは映画見た人にじゃないと言えません!)という設定が斬新!
かつ、映画の大事なテーマにも繋がっているという上手さ。
巨悪に対峙する彼が追い込まれた時、状況としては最悪ですが、映画としては最高です。
―ジャガモンド斉藤(映画紹介人/お笑いコンビ)
――――――――――――――――――――――――
観るだけで血流が改善していく快感。
設定と設計、人物造形に映像表現……
視界に映る、どこもかしこも上手い。
快作のツボを熟知した、鍼灸サスペンス。
暗闇の物語=映画を感じる才が開眼する。
―SYO(物書き)
――――――――――――――――――――――――
朝鮮王朝時代の”怪死事件”にエンタメ的最適解を与えた娯楽作、
悠久の歴史に触れつつも映画的カタルシスも忘れない離れ業、韓国映画の”最先端”を味わえる快作。
暗闇しか見つめられない者が見出す”光の形”とは…
―末廣末蔵(ジャンル映画大好きツイッタラー)
――――――――――――――――――――――――
また面白い韓国映画に出会ってしまった。
歴史映画のダイナミズムを体感し、リュ・ジュンヨル×ユ・ヘジンの演技合戦に目を見張り、
最後の最後までどうか映画館で”ハラハラドキドキ”してください。
夜こそ見えても黙るが利口な時代に君ならどうする?
次の時代を見るべきだと言う王子が殺害され君ならどうする?
これは一線級のサスペンスでありながら生き様の映画だ。
史実を基に大胆な解釈にして、人間の見ることのできない闇を炙り出す、映画やからできた奇跡。あっぱれなり!
-ダイノジ・大谷(芸人)
――――――――――――――――――――――――
この映画を見て、昨今の韓国のポリティカノワールを見たような感覚を持った。
よく考えたら、『梟ーフクロウー』も、時代は違えど、史実を元に、
政治の腐敗とそれに立ち向かう人物を描いているのだから、その感覚は当然なのだ。
―西森路代(ライター)
――――――――――――――――――――――――
息詰まるほどスリリングで、盲目の設定を活かした物語の牽引力が凄まじい。
重厚だけどユーモアもあり、肩の力を程よく抜いてくれる。
完璧なバランスの本作を手掛けた監督は、何とこれが長編デビュー作!
改めて韓国映画界の層の厚さを思い知らされた。
―人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)
――――――――――――――――――――――――
瞬き惜しくなる。宮中でのスリリングなサスペンス、ドロドロした人間関係は昼ドラ的な求心力が!ああ、ヒリヒリする。
リュ・ジョンヨルの変幻自在の芝居は近年稀にみる吸引力で、物語の世界に思いっきり引きずられる。
朝鮮王朝時代の危険な闇夜にタイムスリップしたみたいな没入感をもたらすこの映画に、完全に唸った!!
―東紗友美(映画ソムリエ)
――――――――――――――――――――――――
敵も味方も信用できないスリルと、推理が二転三転するサスペンス!
見て見ぬ振りこそが生きる術の世界で、見えない者が「見た」真実を梟のごとく鋭く突く!
―ビニールタッキー(映画宣伝ウォッチャー)
――――――――――――――――――――――――
恐ろしくも片時も目が離せない、ダーク・エンタテインメントの傑作だ。
歴史ミステリーと聞くだけで二の足を踏んでしまうジャンル映画ファンもいるかもしれない。
しかし、雰囲気は完全にホラーであり、こだわり抜いた極上の密室スリラーは病みつきになること間違いなし。
―福谷修(WEB映画マガジン「cowai」編集長)
――――――――――――――――――――――――
盲目の天才鍼師と共に事件を目撃した観客は
極上のスリルに放り込まれる。
予測不能な展開に固唾を飲んでいると、
渦巻く人間の業に正しく鍼を打つ爽快感。
韓国映画賞25冠も納得の面白さ!!
圧倒的クオリティでした!!
―ホラー映画取締役
――――――――――――――――――――――――
この映画は夜間が中心。それゆえ、わたしたちは仄暗い向こう側にある“何か”を注視するようになる。
さらに、登場人物が総じて何らかの事情を抱えていることで、“瞬きも許さない”重層的なサスペンスへと導かれてゆくのである。
―松崎健夫(映画評論家)

梟ーフクロウー

監督:アン・テジン 出演:リュ・ジュンヨル、ユ・ヘジン
2022年/韓国/118分/原題:올빼미/英題:THE NIGHT OWL/日本語字幕:根本理恵/G/配給:ショウゲート
© 2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & C-JES ENTERTAINMENT & CINEMA DAM DAM. All Rights Reserved.

関連NEWS

  1. オフィサー・アンド・スパイ

    『オフィサー・アンド・スパイ』熱き法廷バトル開幕!本編解禁&著名人絶賛コメントも到着

  2. 石原良純「ワルい気象予報士がいると思う!?」自らの紳士さと映画の面白さに太鼓判!COSTA COFFEE×映画『ジェントルメン』 プレミアムイベント レポート

  3. A24×ザック・エフロン主演『アイアンクロー』特別映像【True Story編】解禁

  4. Rifkin's Festival

    ウディ・アレン監督の最新作『Rifkin’s Festival』(原題)が2024年1月19日(金)より公開決定

  5. Motorhead

    Motorhead、劇場上映される『ラウダー・ザン・ノイズ』の予告編映像が公開

  6. アルピニスト

    映画『フリーソロ』以来の壮大なスケールと迫力に満ちた驚くべき新たなドキュメンタリー映画『アルピニスト』が公開決定

  7. Reneé Rapp&Megan Thee Stallion

    Reneé Rapp&Megan Thee Stallion、『サタデー・ナイト・ライヴ』で「Not My Fault」を披露

  8. Boy George

    Boy George、伝記映画では女優のSophie Turnerに自身の役を演じてもらいたいと語る

  9. 『サン・セバスチャンへ、ようこそ』爆笑問題・太田光×ウディ・アレン監督、念願の初対談

  10. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の同時再生実況企画が実施されることに

  11. イラン社会の現実と夢 「君は行く先を知らない」日本版ポスター、場面写真、予告編解禁

  12. 沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~

    『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』、貴重な撮影風景を捉えたメイキングスチール123点を大解禁

  13. パリ13区

    『パリ13区』映画で実践された驚きの演出方法とは…? 新場面写真も解禁

  14. カラーパープル

    『カラーパープル』音楽界の巨星クインシー・ジョーンズが、作品への思いを語るコメントを解禁

  15. パリ13区

    『パリ13区』本予告&新場面写真解禁

  1. Journey

    Journey、10月に7年ぶりとなる来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  2. Kiefer

    Kiefer、6月に来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  3. 野田洋次郎

    野田洋次郎、Netflix映画『パレード』サウンドトラック、 2月29日(…

    2024.02.26

  4. GAYLE

    GAYLE、新曲「Kinda Smacks」がMVと共に公開

    2024.02.26

  5. Kim Gordon

    Kim Gordon、来たる新作より新曲「I’m A Man」がMVと共に公開

    2024.02.26

  6. Neil Young & Crazy Horse

    Neil Young & Crazy Horse、「Broken Circle (Over and Over)…

    2024.02.26

  7. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、新作より「Capricorn」と「Gen-X Cops」という2曲…

    2024.02.26

  8. Dua Lipa

    Dua Lipa、グラミー賞授賞式で初披露された新曲「Training Season」…

    2024.02.26

  9. LINKIN PARK、 未発表曲「フレンドリー・ファイヤー」を含むアルバ…

    2024.02.26

  10. BABYMETAL、1st Al.リリース10周年を記念し「BABYMETAL DEATH」のラ…

    2024.02.26

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12