フレディ・マーキュリーの伝記作家、彼との思い出を振り返る

フレディ・マーキュリーの伝記作家は新たなインタヴューの中で、フレディ・マーキュリーが名声によって「捕らわれの身」になっているように感じていたことを明かしている。

ラミ・マレックがフレディ・マーキュリーを演じた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の公開によって、レスリー・アン・ジョーンズが2011年に刊行したフレディ・マーキュリーの伝記『フレディ・マーキュリー~孤独な道化~』は書籍売上ランキングに再エントリーしている。

レスリー・アン・ジョーンズは書籍の再人気を受けて米『ビルボード』誌のインタヴューに応じ、伝記について「対価抜きの仕事」だったとし、次のように続けている。「あの人に憧れていたのよ。今回こんなにも多くの人がありのままの物語を読んでくれることになって興奮しているわ」

フレディ・マーキュリーとの思い出についてレスリー・アン・ジョーンズは「非常にやさしくて、敬意の持てる人」だったとしている。

「あれだけ華やかなパフォーマーでありながら、彼はものすごく恥ずかしがり屋でもあったの」と彼女は語っている。「元々やさしくて、親切な人だけど、彼は残酷で意地悪くなることもできた。(映画『ボヘミアン・ラプソディ』は)そうした彼の複数の矛盾点について表面をなぞるようなことはしてないわ」

「クイーンとツアーを回った月日の中で、私は非常に多くのステージ以外での時間を彼と過ごした」と彼女は続けている。「私に対して名声や富が自身を傷つけ、破滅させたことに対して率直に語ってくれたわ。彼はずっと匿名性と日常を切望していたのよ」

フレディ・マーキュリーとの最も痛烈な思い出について訊かれると、レスリー・アン・ジョーンズは1986年にあった出来事について語っている。「モントルーでレマン湖のほとりに彼と深夜に座っていたんだけど、アルプスに囲まれながら、静かな暗い水面を見つめていたのね」

「フレディはその日の夜は名声によって捕らわれの身になっていることについて語ってくれた。彼はその時が来たら、ファンファーレなどなしにそこに埋めてほしいと言っていたわ。彼はもう自分の人生が限られていることを知っていたのよ。『僕が逝った時はこの湖に投げ入れてくれ」と言っていたわ」

関連NEWS

  1. Queen+Adam Lambert

    Queen+Adam Lambert、今年のグローバル・シチズン・フェスティバルのヘッドライナーに

  2. Queen

    Queenのブライアン・メイ、Thank God It’s Christmasの楽曲制作を振り返る

  3. Boy George

    Boy George、伝記映画では女優のSophie Turnerに自身の役を演じてもらいたいと語る

  4. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン』、監督の来日が決定&プレミア先行上映会が開催

  5. Queen

    Queenのミュージカル「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、今秋北米ツアーを行うことが発表

  6. ブラッドリー・クーパー、Lady Gagaらと共に『アリー/スター誕生』の一夜限りの公演を行う可能性を示唆

  7. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』ほか、なんばパークスシネマで2度目となる爆音映画祭の開催が決定

  8. Beyonce

    Beyonce演じるナラの声による映画『ライオン・キング』のトレイラー映像が公開

  9. Rami Malek

    Rami Malek、映画『ロケットマン』に出演する可能性があったことが明らかに

  10. SUM 41、クイーンの“We Will Rock You”をカヴァーしたライヴ映像が公開

  11. Queen

    Queen、東郷かおる子の『クイーンと過ごした輝ける日々』が増補版で復刊

  12. Motorhead

    Motorheadの映画『クリーン・ユア・クロック』、レミーの誕生日と命日などの特典を発表

  13. ROCKETMAN

    映画『ROCKETMAN』主演、タロン・エガ―トン初来日決定&本編映像到着

  14. Bob Dylan

    Bob Dylan、マーティン・スコセッシが手掛けた映像作品のトレイラー映像が公開

  15. INXS

    INXS、マイケル・ハッチェンスの未発表音源2トラックがドキュメンタリーのサントラに収録