堂本光一 登壇!映画『フェラーリ』先行上映会イベントオフィシャルレポート

元レーサーにして、カーデザイナー、そして自ら立ち上げたフェラーリ社をイタリア屈指の自動車メーカーへと成長させた稀代の経営者エンツォ・フェラーリ。だが、その私生活は謎に包まれ、1988年に亡くなってから現在まで、多くの毀誉褒貶に晒され続けている。本作は1957年、59歳だったエンツォの波乱と激動の1年を描く。『ヒート』、『インサイダー』など数々の傑作を生みだし、『フォードvsフェラーリ』では製作総指揮を務めた巨匠マイケル・マンと、錚々たる巨匠たちから引く手あまたの演技派アダム・ドライバーが挑んだ驚異の超大作。その先行上映会イベントが6月24日に都内映画館で実施され、本作の宣伝コメンダトーレ・堂本光一が登壇した。

「コメンダトーレ」とは、主人公エンツォ・フェラーリ(アダム・ドライバー)が従業員やドライバー、仲間たちから呼ばれていた愛称。「社長」「騎士団長」という意味がある。そんな「宣伝コメンダトーレ」に就任したフェラーリ好きの堂本は、エンツォ・フェラーリに次ぐ“コメンダトーレ”という称号に「滅相も無い!荷が重いという気持ちと嬉しい気持ちと」と恐縮しつつも「でも自分が魅力を話すことで『フェラーリ』の素晴らしさが伝わればいいなと思います」と意気込んでいた。

この日の会場は満員御礼。劇場を見回すと堂本ファンも多く「(本作の凄さについて)たぶん、お前らにはわからん!」と堂本が毒舌を吐くと、何故かファンは大喜びの拍手喝采。これには堂本も「拍手じゃないよ!だってフェラーリに興味ないだろう?」と大笑いだった。

先んじて本作を鑑賞した堂本は「ワクワクして見たけれど、想像とは違った内容で驚いた。フェラーリというと、煌びやかでレースにも強くて…という世界観をイメージしがちだけれど、決してそれだけではないことを実話として描いている。見たらビックリするはず」と重厚なストーリーに度肝を抜かれていた。

コメンダトーレとして出演した、映画『フェラーリ』の15秒テレビCMも上映。堂本は「ホンマに感想を言っているだけ…」と苦笑いしつつも、「アダム・ドライバーがエンツォ・フェラーリに似ているし、役者の皆さんが素晴らしくてマイケル・マン監督が描きたかったことも色々な角度から見られる。車の美しさもさることながら、人間模様を大事にした映画」と宣伝コメンダトーレとしての映画をPR。

堂本自身はフェラーリ430スクーデリアを所有しているが「鉄板剥き出しでエンジンの振動も響くし、乗るには気合のいる車です。乗るたびに“お前、乗れんのか?”と試されているようで、でもそれが心地よい。どちらかと言うと僕はM気質なので」と熱弁。フェラーリの特色として「レースに勝つために乗用車を売っている会社」だとし、「そんなことをしているのはフェラーリのみ。だから僕も頑張って乗っている。わけのわからないところがしょっちゅう壊れたりするけれど、それでもいい。F1でフェラーリが勝つと“俺の資金がそこにいってるやん!”と、そんな気持ちになれるから」とMならではのマインドでフェラーリへの愛を語っていた。

劇中でエンツォ・フェラーリは、全てを投げうってレースに挑むなど、仕事・勝負にその「情熱」を捧げている。これにちなんで「情熱を捧げている事」を聞かれた堂本は、作・構成・演出・主演を担当する舞台「Endless SHOCK」を挙げて「そこに命を捧げてきたのは間違いない」と自負。今年終幕が決まっているが「いつも通りやるのが大事。いつも通り稽古に情熱を注いで、本番もいつも通りやる。でもいつもどおりは難しい。ミスは毎日起こるのでどこをどう修正していくのか、そこが大事」と実感を込めていた。

本作には、エンツォ・フェラーリの波乱と激動の1年、フェラーリにとってのまさに「転換期」が描かれている。これにちなんで、自身のキャリアにおいてのターニングポイントを聞かれると「この仕事を始めたこともそうだし、デビューした事も、帝劇に初めて立ったこともそう。ある意味、帝劇ラストイヤーでやっている今もターニングポイントなのかもしれない」とエンターテイナーとしての心境を吐露していた。

最後に堂本は、宣伝コメンダトーレとして「人間的な部分も描かれていて、そんな部分も含めて情熱を捧げる事などに視点を置いて見るのもいい。車の素晴らしさ、美しさ、音の良さも伝わるだろうし、レースシーンでフェラーリが連なって走る場面はとにかくシビれます」とアピールし、「そこでシビれない人は僕とは共感できません!それこそ圧巻!衝撃シーンもあるので楽しんで」と最後の最後まで圧倒的熱量のフェラーリ愛を放っていた。

フェラーリ

監督:マイケル・マン(『ヒート』)  脚本:トロイ・ケネディ・マーティン  原作:ブロック・イェイツ著「エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像」
出演:アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シャイリーン・ウッドリー、パトリック・デンプシー
2023年|アメリカ|英語・イタリア語|カラー・モノクロ|スコープサイズ|132分|原題:FERRARI|字幕翻訳:松崎広幸|PG12
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ © 2023 MOTO PICTURES, LLC. STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://www.ferrari-movie.jp

関連NEWS

  1. The Beatles

    The Beatles、映画『GET BACK』が9月に全米で公開されることが決定

  2. ソフィア・コッポラ監督最新作『プリシラ』邦題&公開日決定

  3. 『ダイナソーJr./フリークシーン』 2022年3月25日(金)、日本公開決定!

  4. 古の王子と3つの花

    『古の王子と3つの花』予告編映像を解禁

  5. 355

    『355』女性スパイ達による壮絶な銃撃戦が繰り広げられる、本編映像を公開

  6. ナチスに仕掛けたチェスゲーム

    『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』エキストラ180人!ナチ派市民の大群衆シーン本編映像解禁

  7. ロバート・ロドリゲス最新作『ドミノ』製作のきっかけはアルフレッド・ヒッチコックの『めまい』だった?!R.ロドリゲス監督がヒッチコック愛を語りつくす

  8. デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング

    香港に自由を!願いが、一つの歌になる。 『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』 予告編解禁

  9. アラビアンナイト 三千年の願い

    『アラビアンナイト 三千年の願い』ヒグチユウコら描き下ろしイラスト&本編映像解禁

  10. George Michael

    George Michael、長編ドキュメンタリー作品が今夏に世界各国で劇場上映されることに

  11. FEAST-狂宴-

    2022年釜山国際映画祭を騒然とさせた フィリピン映画界の鬼才ブリランテ・メンドーサ最新作『FEAST-狂宴-』特報映像&ポスター解禁

  12. アラビアンナイト 三千年の願い

    『アラビアンナイト 三千年の願い』小島秀夫や押井守ら総勢70名!推薦コメント到着

  13. kino cinéma新宿

    映画館「kino cinéma新宿」 オープン決定

  14. ダークグラス

    ダリオ・アルジェント監督の最新作『ダークグラス』ロングverのトラウマ予告が解禁&オフィシャルグッズ発売決定

  15. The Beatles

    The Beatles、映画『Get Back』が2021年8月27日に世界同時劇場公開が決定

  1. REBECCA 7年ぶりとなる全国ツアー 「REBECCA NOSTALGIC NEW WORLD T…

    2024.07.13

  2. FESTIVAL de FRUE 2024、第一弾ラインナップを発表

    2024.07.13

  3. Justin Timberlake

    Justin Timberlake、ボストン公演で飲酒運転についての冗談を飛ばす

    2024.07.13

  4. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、「The Pop Out : Ken & Friends」より地元の…

    2024.07.13

  5. Dua Lipa

    Dua Lipa、Glastonbury Festivalがリップシンクと言われたことにつ…

    2024.07.13

  6. きみとバンドのギター清原梨央が リアル喜多ちゃん(ぼっち・ざ・ろ…

    2024.07.13

  7. The BONEZ × Dragon Ash、2マンツアー開催

    2024.07.13

  8. Killer Mike

    Killer Mike、ニュー・シングル「Humble Me」がMVと共に公開

    2024.07.13

  9. Damon Albarn

    Damon Albarn、Glastonbury Festivalでパレスチナの紛争に言及

    2024.07.13

  10. Omar Apollo

    Omar Apollo、ニュー・アルバムより「Done With You」のMV公開

    2024.07.13

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  2. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  3. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  5. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  7. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  8. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31