ドナルド・トランプ大統領、UK訪問時にビートルズの“We Can Work It Out”で迎えられたことが明らかに

ドナルド・トランプ大統領はUKに到着した際にザ・ビートルズの“We Can Work It Out(※僕らはうまくやれる)”で出迎えられたことが明らかになっている。

ドナルド・トランプ大統領は現地時間7月12日の午後にロンドン・スタンステッド空港に到着し、その後ヘリコプターで現地のアメリカ大使館に赴いているが、アメリカ大使館に着陸した際にザ・ビートルズの楽曲で出迎えられていたと多くの人々がツイッターで証言している。

CNNの特派員を務めるカイトラン・コリンズは次のように綴っている。「トランプ大統領は現在ロンドンにいます。彼がアメリカ大使の駐在するウィンフィールド・ハウスに到着した際には、BGMとしてある楽曲が流れていました。どの楽曲かって? ザ・ビートルズの“We Can Work It Out”です」

BBCニュースでホワイトハウス特派員を務めるタラ・マッケルベイは次のように綴っている。「大統領、そして私も今、ウィンフィールド・ハウスに到着しました。美しい場所で、“We Can Work It Out”という曲が流れており、誰かがクッキーを焼いている匂いもしています。トランプは自身がイングランドで人気があると語っています。一方、何十万人もの人々がデモ行進をしようともしています」

ツイッターでの一連の投稿は下記の通り。

「CNNによると、トランプ大統領がアメリカ大使館を去る時に“We Can Work It Out”がかかっていたらしい。“Help”じゃないのか? “I’m Looking Through You”は? もしくは“Happiness Is A Warm Gun”は? 最後の曲なんか彼の国でも受け入れられるはずだよ」

「ガーデン・パーティーが開催されていたウィンフィールド・ハウスに海軍のヘリが着陸した。ドナルド・トランプ大統領が降りてくる前にはザ・ビートルズの“We Can Work It Out”がかかっていた」

今回の“We Can Work It Out”の使用に関して許可を取っていたかどうかは定かでないものの、ドナルド・トランプ大統領は過去の実績はそれとはほど遠いものだ。

ドナルド・トランプ大統領は、2016年に大統領選挙に当選した際に勝利宣言でバンドの許可なくザ・ローリング・ストーンズの“You Can’t Always Get What You Want”を流したことで知られている。

ドナルド・トランプ大統領はまた、アーティストから使用中止を求める声が上がっていながらもアデルやクイーン、R.E.M.らの楽曲を使用して彼らの怒りを買っている。

物議を醸しているドナルド・トランプ大統領は、今回の4日間の滞在の中でイギリス国内の各地を訪れることとなっているが、そのすべての地域でデモが行われると見込まれている。

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、オバマ大統領の前で演奏した際に緊張していた逸話が明らかに

  2. Paul Weller、Paul McCartney

    Paul Weller、Paul McCartneyとレコーディングした体験を振り返る

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、気候変動への抗議活動に対する自身の見解を語る

  4. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作の再構築盤のリリースが決定

  5. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  6. Paul McCartney、John Lennon

    Paul McCartney、John Lennonとの出会いについて振り返る

  7. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    John LennonとYoko Ono、1969年の「WAR IS OVER!」の屋外広告がARで復活することに

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、1984年公開の『ルパートとカエルの歌』がYouTubeで公開

  9. Paul McCartneyとJohn Lennon

    Paul McCartneyとJohn Lennon、定職に就くために音楽をやめることを迫られていた逸話が明らかに

  10. YESTERDAY

    The Beatlesを知らない世界を描いた映画『YESTERDAY』、Ed Sheeranのライヴで迎えるクライマックス直前シーン

  11. Brian Samuel Epstein

    The Beatles、Brian Epsteinとの最初の契約書が3700万円で落札されたことが明らかに

  12. Billy-Joe-Armstrong

    Green DayのBilly Joe、John Lennonの“Gimme Some Truth”をカヴァー

  13. ポール・マッカートニー、ビートルズが解散を迎えた当時の自身に送りたいアドバイスを明かす

  14. ビートルズ、『クリスマス・レコード・ボックス』発売を記念してプレゼント・キャンペーンを実施

  15. Paul McCartney、George Harrison

    Paul McCartney、George Harrisonはソングライターとして遅咲きだったと語る

  1. the telephones

    the telephones、名阪ツアー開催。ツアーファイナルとして毎年恒例…

    2021.08.01

  2. 大豆田とわ子と三人の元夫

    ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」音楽集、CD未収録曲を含むLPが…

    2021.08.01

  3. Ariana Grande、The Weeknd

    Ariana Grande、The Weekndと「Off The Table」を披露したライヴ映…

    2021.08.01

  4. Bob Dylan

    Bob Dylan、ブートレッグ・シリーズ第16集を9月にリリースすること…

    2021.08.01

  5. Lorde

    Lorde、来たる新作よりニュー・シングル「Stoned At The Nail Salon…

    2021.08.01

  6. John Lydon

    John Lydon、伝記映像作品での楽曲使用に関する98年の取り決めにつ…

    2021.08.01

  7. Chester Bennington

    Linkin ParkのChester Benningtonの妻、死から4年となることを受け…

    2021.08.01

  8. ジェニーハイ

    ジェニーハイ、9月リリースのアルバム発売を記念して8月22日にスペ…

    2021.08.01

  9. Foo Fighters

    Foo Fighters、延期になったロサンゼルス公演の振替日程が決定

    2021.08.01

  10. Billie Eilish

    Billie Eilish、新作より「Happier Than Ever」のMV公開

    2021.08.01

  1. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE in 恵比寿Garden、第三弾出演者にハン…

    2021.07.30

  2. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、 最終ラインナップ、タイムテーブル…

    2021.07.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  4. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  5. Local Green Festival

    Local Green Festival’21、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、佐藤…

    2021.06.30

  6. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  7. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18